FC2ブログ



JBS MASTERPIECE #2「ベーシックな名作 女性R&B編」:露崎春女/AI/嶋野百恵/Neo/MICHICO/Crystal Kay etc

2015年01月29日 22:58



テーマごとにアルバムをご紹介する「JBS MASTERPIECE」。先日の男性編に続き、今日は「ベーシックな名作 女性R&B編」をお届けします。時代を経ても色褪せない名盤ばかりなので、これを機にチェックしてみてください。
[ 続きを読む ]
関連記事
スポンサーサイト



シングルレコメンド:加藤ミリヤ「少年少女」/Da-iCE/May J./HOME MADE 家族

2015年01月19日 00:00

 
加藤ミリヤ「少年少女」
2015年第一弾シングルは、まさかのフォーク・ソング。かの中島みゆきを連想させる緩急著しい譜割りで鮮烈な印象を与えつつも、歌っている内容そのものは正真正銘のミリヤ節。若年層特有の”生きにくさ”をえぐる無骨なメッセージが、寂しいギターのストロークと共に谺します。「ミリヤがフォークに挑む」という図式は、その音楽が持つ前時代的な色合いも含めて物議を醸しそうですが、取り留めの無い憂いをシンプルに引き立てるのがフォークの最たる魅力であることを考えると、この歌詞にこの曲調を重ねる必要性は少なからずあったのだと確信せざるを得ません。ともすると張り裂けてしまいそうな彼女の熱唱も聴きどころ。カップリングには、デビュー10周年記念アルバム『MUSE』に収録された「STYLE」の発展型とも言えるアッパーな自己主張ソング「FASHION」などがスタンバイ。
[ 続きを読む ]
関連記事

『JBS 2014年間チャート 楽曲部門 TOP100』発表

2014年12月31日 20:24



大晦日のJBSは、毎年恒例「JBS年間チャート BEST 100」をお届け!この1年を彩った楽曲の中から、JBSが特に愛着を持って聴いていたナンバーを順にカウントダウンして参ります!

今年も一年、Japanese Black Styleをご愛顧頂きありがとうございました。より楽しい音楽ライフが送れるよう、そして皆さんに音楽の楽しさをもっと伝えられるよう精進して参りますので、来年もどうぞよろしくお願い致します!

◆JBS 2013年間チャート 楽曲部門 TOP100
(対象:2012年12月〜2013年11月の間に発表された楽曲)
[ 続きを読む ]
関連記事

【年末恒例】『JBS Music Awards 2014』全31部門 最優秀作品/人物発表

2014年12月30日 21:36



先日ノミネーションを公開した『JBS Music Awards 2014』。今日はいよいよ各部門の最優秀作品/人物を発表させて頂きたいと思います。例年どおり、JBSが培ってきた感性と切り口をフル稼働させて、慎重かつ厳正に選出させて頂きました。今年を総括するための材料として、ぜひご活用ください。それでは、早速参ります。レコ大をも上回る(?)アツいラインナップを、どうぞ!!

◆JBS Music Awards 2014◆
*対象:2012年12月から2013年11月までにリリースされた作品および同期間に功労を遂げた人物
*各部門につき5項目のノミネート
*複数の部門に同じ作品がノミネートしている場合有り 
(例:R&B・オブ・ザ・イヤーとポップ・オブ・ザ・イヤーに同じ作品がランクイン)

 
◆アーティスト・オブ・ザ・イヤー◆

<アルバム>
◆R&B・オブ・ザ・イヤー◆
◆ポップ・オブ・ザ・イヤー◆
◆クリエイティブ・オブ・ザ・イヤー◆
◆バラエティ・オブ・ザ・イヤー◆
◆ヴィンテージ・オブ・ザ・イヤー◆
◆プロジェクト・オブ・ザ・イヤー◆


<楽曲>
◆エモーショナル・オブ・ザ・イヤー◆
◆キャッチー・オブ・ザ・イヤー◆
◆グルーヴ・オブ・ザ・イヤー◆
◆センシュアル・オブ・ザ・イヤー◆
◆センチメンタル・オブ・ザ・イヤー◆
◆ダンス・オブ・ザ・イヤー◆
◆ドラマティック・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハード・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハートウォーミング・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハッピー・オブ・ザ・イヤー◆
◆プリミティブ・オブ・ザ・イヤー◆
◆メロウ・オブ・ザ・イヤー◆
◆シリアス・オブ・ザ・イヤー◆
◆ユニーク・オブ・ザ・イヤー◆
◆アイドル・オブ・ザ・イヤー◆
◆バラード・オブ・ザ・イヤー◆
◆ディスコティック・オブ・ザ・イヤー◆
◆リメイク/カバー・オブ・ザ・イヤー◆


<人物・映像>
◆プロデューサー・オブ・ザ・イヤー◆
◆リリシスト・オブ・ザ・イヤー◆
◆メロディメイカー・オブ・ザ・イヤー◆
◆アレンジャー・オブ・ザ・イヤー◆
◆コラボレーション・オブ・ザ・イヤー◆
◆ビデオ・オブ・ザ・イヤー◆
◆ニューカマー・オブ・ザ・イヤー◆
[ 続きを読む ]
関連記事

Various Artists 『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』

2014年12月12日 21:27



<アルバムレビュー>
Various Artists 『宇多田ヒカルのうた (2014/12/9)

1. SAKURAドロップス / 井上陽水
2. Letters / 椎名林檎
3. Automatic / 岡村靖幸
4. Movin' on without you / 浜崎あゆみ

5. Flavor Of Life / ハナレグミ
6. FINAL DISTANCE / AI
7. Be My Last / 吉井和哉
8. 光 / LOVE PSYCHEDELICO
9. For You / 加藤ミリヤ

10. Stay Gold / 大橋トリオ
11. time will tell / tofubeats with BONNIE PINK
12. Keep Tryin' / キリンジ

13. Sanctuary / Jimmy Jam & Terry Lewis feat. Peabo Bryson
[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事