スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBS Timeslip『2002年2月』:EXILE/嵐/安室奈美恵/w-inds./久保田利伸/ゴスペラーズ/中島美嘉/小柳ゆき/唐沢美帆 etc

2015年02月17日 22:55



今回の「JBS Timeslip」は、13年前の2002年2月をピックアップ。R&B界隈のアーティストのみならず、J-POP街道を直走るスーパースターまでもがクールな名曲を生み出していた、安定期にして黄金期。さっそく、その目覚ましい健闘ぶりを順に見ていくとしましょう。

【シングル】

 
EXILE「Fly Away」
前身にあたる初代J Soul Brothersのカヴァー曲を、3rdシングルとして発表。夢を高く志した内容は、現在のEXILEのコンセプトにも通じるものがありますよね。
[ 続きを読む ]
関連記事
スポンサーサイト

元BRIGHT菜々香、新曲「Honey boy」を発表。〜今も昔も人を虜にする”キャンディR&B”を特集!〜

2015年01月10日 20:03


2012年に解散したBRIGHTのメンバー、菜々香(グループ時はNANAKA)。彼女が先日発表したソロとしての新曲「Honey boy」がとびきりキュートなR&Bチューンだったのでご紹介しておきます。



曲は、「キライ...でも好き〜アイシテル〜」をはじめBRIGHT時代の楽曲を多く手がけた小田桐ゆうきと菜々香の共作。小悪魔的フレーズの数々と甘酸っぱいサウンドからなる音楽性は、たとえるなら全世界で人気を誇るアリアナ・グランデのみずみずしさと、女帝:マライア・キャリーの堂に入ったスター像を掛け合わせたような印象。つまりは女子としての可憐な表情と佇まいを目一杯押し出した一曲、というわけです。

ここ日本でも、菜々香のように可愛さ余るナンバーを歌うアーティストがこれまで数多く台頭してきました。JBSでは、女子の特権とも言えるこの音楽形態を”キャンディR&B”と命名。以下の定義に沿って、他の該当するナンバーもいくつかピックアップしてみようと思います。「Honey boy」にピンと来た方は、これから紹介する楽曲の方もぜひチェックしてみてください!

<キャンディR&B 独自定義>
1. 女性アーティストの内、とりわけ可愛らしさや少女性などを強く打ち出したシンガーの楽曲
2. R&Bのフォーマットに則りつつ、ポップ・ミュージックとしても十分に機能させた楽曲
3. 順風満帆な恋愛や溌剌とした精神状態など、主にポジティブな内容をモチーフとしている楽曲
4. 聴き心地は爽やかで透明感もあるが、最終的に切ない余韻を残すケースが多い。
[ 続きを読む ]
関連記事

JBSマンスリーチャート:2014年11月

2014年12月01日 19:39

◆JBS MONTHLY CHART -2014 November- ◆
 

 <SINGLE CHART>
 

No.1 BRIGHTER DAY / 安室奈美恵
 

No.2 Midnight Spider / Vlidge



No.3 Merry Christmas to You / 為岡そのみ
[ 続きを読む ]
関連記事

シングルレコメンド:安室奈美恵「BRIGHTER DAY」/清水翔太/倖田來未/Flower/岡村靖幸/清竜人25/UKO/Licana/Sweet Licious/大和田慧

2014年11月19日 22:19

 
安室奈美恵「BRIGHTER DAY」
まず、ドラマ「ファースト・クラス」主題歌の「BRIGHTER DAY」。凜としたヴォーカルやポジティブなメッセージ性など、あの「Baby Don't Cry」とも多くの要素を共有するミドルチューンで、苦悩する者に希望を差し出すナチュラルな仕草がいかにもカリスマらしくて素敵。カップリングには、ガーリーなアプローチと半ば攻撃的な歌唱が交錯する、今流行りの”甘辛女子”を地で行くダンスチューン「SWEET KISSES」、そしてSKY BEATZ、FAST LANE、Emyli、Miss-artら錚々たるクリエイターが結集した「Still Lovin' You」と、CMソングに起用された2つの新曲が。どちらも個性際立つ内容で、とりわけ「Still〜」の甘美なメロディは近年でも指折りのクオリティ。
[ 続きを読む ]
関連記事

安室奈美恵 『Ballada』

2014年06月14日 20:23



<アルバムレビュー>
安室奈美恵 『Ballada』 (2014/6/4)

1. SWEET 19 BLUES (New Vocal)
2. CAN YOU CELEBRATE? feat. 葉加瀬太郎 (New Vocal)
3. Dreaming I was dreaming

4. NEVER END
5. HimAWArI
6. think of me
7. I WILL
8. Wishing On The Same Star
9. Four Seasons
10. ALL FOR YOU

11. White Light
12. The Meaning Of Us
13. Love Story

14. Let Me Let You Go
15. TSUKI
16. Contrail (Ballada Ver.) *Bonus Track
[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。