FC2ブログ



Sky's The Limit『Naked』

2015年02月12日 21:41



<アルバムレビュー>
Sky's The Limit『Naked』 (2014/12/7)

1. おくりもの
2. 上を向いて歩こう~明日があるさ
3. Only Human
4. 楽園
5. Sorry Seems To Be The Hardest Word
6. 君をさがしてた~New Jersey United~
7. The Day (Naked Ver.)
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



JBS MASTERPIECE #1「ベーシックな名作 男性R&B編」:平井堅/ゴスペラーズ/Full Of Harmony/久保田利伸/BOO etc

2015年01月26日 22:23



JBSを開設してから今年で7年を迎えるのですが、新譜の追求に余念がない分、旧譜の紹介があまり出来ないなぁ、と前々から人知れず嘆いていました。そこで、このような企画を実施。旧譜を中心に、すでにレビューをしたものも含めてテーマごとにアルバムを紹介していこうと思います。第一回は、男性R&Bアーティストが生み落としたベーシックな名作。今なお語り継がれる傑作の数々を、JBS独自の観点から掘り下げて参ります!どれもJ-R&Bの入門盤として機能しうるアルバムなので、むろんスルー厳禁です。
[ 続きを読む ]
関連記事

シングルレコメンド:三代目J Soul Brothers「O.R.I.O.N.」/平井堅/東京女子流/Nissy/YOSHIKA/HI-D×RYO×MAR/Hanah Spring

2014年12月17日 18:11

 
三代目J Soul Brothers「O.R.I.O.N.」
”四季四部作”のラストを締めくくるシングルは、ファン圏内外の関心をかっさらった「R.Y.U.S.E.I.」を彷彿とさせる爽快パーティEDM。上下左右にほとばしる身軽なシンセや、サビで一気に突き抜ける構成など、盛り上げることを念頭に置いた各プロダクトが集大成とばかりに精彩を放ちます。リリックのスピード感もSTYならではといったところで、冬の風情や年末年始の混沌とした空気感、果てはグループとしての強い絆までもを、洗練された言い回しをもって一挙にデコレーション。シリーズ最高の贅沢な余韻を残してくれるのは言うまでもありません。カップリングには、トラップを取り入れたことで横揺れ度が増した「S.A.K.U.R.A.」のSTY製リミックス、よりEDM然とした奥行きのあるアプローチに生まれ変わった「R.Y.U.S.E.I.」のMaozonリミックス、そしてシンフォニックなストリングスが心惑わせる「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」のアンプラグド・バージョンと、過去三作のシングル曲のリメイクを収録。来年には新作アルバムもドロップされることですし、この機会に”季節の変遷”をおさらいしておきましょう。
[ 続きを読む ]
関連記事

JBS Timeslip『2007年9月』:平井堅/青山テルマ/Soulja/倖田來未/Zeebra/日之内エミ/AK-69/BoA/NaNa/ARIA/山田優/Kanade etc

2014年09月09日 19:53



久しぶりの「JBS Timeslip」、今回は7年前の「2007年9月」をフィーチャー。
00年代初期から中期にかけて成熟した国産ブラックミュージック性と今に続くムーブメントの黎明が合わさった、まさに過渡期と呼ぶにふさわしい時期でした。各アーティストがこぞって挑戦を試みていたからこそ、名曲も数多し。今日はその中から14曲をご紹介します。懐かしく感じるナンバーもきっとあるはず。それでは、どうぞ!
[ 続きを読む ]
関連記事

シングルレコメンド:平井堅「グロテスク feat.安室奈美恵」/瞬輔「I Don't Know feat. Gacchi」

2014年04月09日 23:48

 

平井堅「グロテスク feat. 安室奈美恵」
2年ぶりとなるニューシングルは、女帝:安室奈美恵とまさかまさかのコラボレーション。嫉みや皮肉といった人間特有の”グロい”感情を歌った、平井堅のキャリアの中でもじつに風変わりな一曲。かねてより斜に構えた作風を得意とする彼ですが、ここまでひねくれているとむしろ清々しい。安室ちゃんサイドに寄り添ったのであろうエレクトロ・テイストのトラックには賛否両論あるようですが、何だかんだで真に迫るような両者の構えには引き込まれるものがあります。カップリングの「桔梗が丘」は、CMソングにも起用された郷愁誘うバラード。「グロテスク」で心を抉られた後は、この曲でじっくり癒やされるとしましょう。
[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事