スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元BRIGHT菜々香、新曲「Honey boy」を発表。〜今も昔も人を虜にする”キャンディR&B”を特集!〜

2015年01月10日 20:03


2012年に解散したBRIGHTのメンバー、菜々香(グループ時はNANAKA)。彼女が先日発表したソロとしての新曲「Honey boy」がとびきりキュートなR&Bチューンだったのでご紹介しておきます。



曲は、「キライ...でも好き〜アイシテル〜」をはじめBRIGHT時代の楽曲を多く手がけた小田桐ゆうきと菜々香の共作。小悪魔的フレーズの数々と甘酸っぱいサウンドからなる音楽性は、たとえるなら全世界で人気を誇るアリアナ・グランデのみずみずしさと、女帝:マライア・キャリーの堂に入ったスター像を掛け合わせたような印象。つまりは女子としての可憐な表情と佇まいを目一杯押し出した一曲、というわけです。

ここ日本でも、菜々香のように可愛さ余るナンバーを歌うアーティストがこれまで数多く台頭してきました。JBSでは、女子の特権とも言えるこの音楽形態を”キャンディR&B”と命名。以下の定義に沿って、他の該当するナンバーもいくつかピックアップしてみようと思います。「Honey boy」にピンと来た方は、これから紹介する楽曲の方もぜひチェックしてみてください!

<キャンディR&B 独自定義>
1. 女性アーティストの内、とりわけ可愛らしさや少女性などを強く打ち出したシンガーの楽曲
2. R&Bのフォーマットに則りつつ、ポップ・ミュージックとしても十分に機能させた楽曲
3. 順風満帆な恋愛や溌剌とした精神状態など、主にポジティブな内容をモチーフとしている楽曲
4. 聴き心地は爽やかで透明感もあるが、最終的に切ない余韻を残すケースが多い。
[ 続きを読む ]
関連記事
スポンサーサイト

2014年アルバム作品 ダイジェスト・レビュー Vol.1 【m-flo/BENI/FLOWER/TWIN CROSS/J-RU/SILVA/BRADIO/N.O.R.K/CHIHIRO/Hanah Spring】

2014年12月02日 21:18


【2014年  アルバム作品  ダイジェスト・レビュー  Vol.1】

12月に突入したということで、JBSもそろそろ2014年総括モードに本腰を入れたいと思っています。が、その前に一つ気がかりなのが、今年は個性的な作品が多く登場したにも関わらず、都合や事情によりなかなかレビューが行えなかったということ。多少ならまだしも、もはや自分が腑に落ちない量にまで達しているので、今日から何回かに分けて「2014年に聴いたアルバム作品をダイジェストでレビュー」していく所存です。正直どの程度まで続けられるか自分にも分かりませんが、今年の音楽事情をしっかり見つめ直すには打って付けの機会なのかなと。妙な境目を付けてしまわぬよう、あえて無作為にピックして参ります。では早速、この10枚からご紹介!



m-flo『FUTURE IS WOW』
(2014/3/26)

1. Discovery of Wow (Intro) 2. Spark 3. Go Crazy 4. She Got Me
5. Flashback to 21st Century (Interlude) 6. My Way 7. Young & Restless
8. Welcome to the Bassline 9. 10x Larger (Interlude) 10. FLY 11. IRONY
12. d.w.m 13. Safe & Sound (Interlude) 14. own the sky 15. Show You More
16. FIND A WAY 17. Your Future Is Wow (Interlude) 18. 1NCE AGA1N


EDMとドラムンベースの二本柱でm-flo流のエンターテインメントを貫徹。初顔合わせとなるアーティストも格段に増え、改革的思想もとくと窺えるのですが、荒ぶるサウンドに埋もれるかのごとく各アーティストの個性が少々見えづらくなっているのが玉に瑕。たださすがとも言うべきか、Charaライクな歌声を持つdaokoとの「IRONY」、ayuがラップに挑戦した「My Way」など注目曲は一定数あり。
[ 続きを読む ]
関連記事

シングルレコメンド:EXILE ATSUSHI「Precious Love」/Little Glee Monster/BENI/YURI/Heartbeat/RAYS/Rough Sketch

2014年11月03日 22:50

 
EXILE ATSUSHI「Precious Love」
3拍子の悠然としたリズムで描かれるウェディング・ソング。円熟味溢れるヴォーカルや神聖な曲調など、じっくりと聴かせてくれる要素が多いのですが、いかんせん曲中に挿入されている台詞がかなりの棒読みで玉に瑕。せめて台詞なしのバージョンの収録もあれば、ソウルフルな名バラードとして違和感なく認知できた気がします。DOBERMAN INFINITYのP-CHOを迎えた「First Christmas」は、EXILEの「Ti Amo」を彷彿とさせる切ないミドルアップ。ジャジーなピアノラインがやけに印象に残る一曲です。
[ 続きを読む ]
関連記事

PV紹介 #144:安室奈美恵/EXILE SHOKICHI/三代目J Soul Brothers/BENI/w-inds./WHITE JAM/Happiness/MAR/ME etc

2014年05月17日 13:28


安室奈美恵 「HimAWArI」
6月4日リリースのバラード・ベスト『Ballada』収録。今回じつに14年越しにミュージック・ビデオ化が実現!
 
[ 続きを読む ]
関連記事

BENI 『Red』

2013年08月12日 19:00



<アルバムレビュー>
BENI 『Red』 (2012/7/31)

1. intro
2. REASON
3. さつきあめ
4. OUR SKY
5. FLY HIGH
6. Concrete Rose
7. Red

8. ANGEL
9. sweet danger
10. sands of time

11. Home Sweet Home
12. 永遠
13. AM 2:00
[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。