FC2ブログ



シングルレコメンド:川畑要 『TOKYO GIRL』/GILLE/wordeee. feat. fucchiE/ERBA

2012年10月04日 21:30

 
◆川畑要 『TOKYO GIRL』
スーツでキメたジャケットにも刷新の意欲を感じる、CHEMISTRY川畑要のソロデビューシングル。タイトルチューンの「TOKYO GIRL」は、エッジを四方八方に効かせた荒ぶるダンスナンバー。デビュー以来ロックやアコースティックの路線を尊重してきた堂珍とは対照的に、曲調からヴォーカルワークに至るまで現行のクラブミュージックを強く意識しており、ソロ活動の試金石としては十分すぎる仕上がりに。TIny Voice ProductionのUTAとDigz inc.のSTYが半ば奇跡的な共作を果たしているだけあって、楽曲のディテールも折り紙付きです。カップリングには、メロディアスな旋律を悠然と縫い上げるミドルナンバー「Let It Go」、そして斉藤和義の代表曲を忠実にカヴァーした「歩いて帰ろう」などを収録。
[ 続きを読む ]
関連記事
スポンサーサイト



アルバムレコメンド:Vimclip 『VIMCLIP』/COMA-CHI 『Made In Summer』/GILLE

2012年07月29日 18:39

 
Vimclip 『VIMCLIP』 (2012/7/18)

1. GO!! -Introduction-
2. BA+BA+BYE
3. 恋心 -album version-
4. 未来へ
5. LEFT⇔RIGHT -Interlude-
6. 生きる ~Youngster’s Paradise~
7. さよなら My Love


レコチョク主催のオーディションによって見出された6人組ダンスユニット:Vimclipの1stミニアルバム。シンガー、パフォーマー、DJと、メンバーそれぞれが多彩なポジションを担いながら、楽曲においては若さほとばしるアグレッシブな一貫性を発揮。とりわけ前半の2曲「BA+BA+BYE」と「恋心」は瑞々しいダンスナンバーなだけに、彼らの和気藹々としたチームワークがとても如実に表現されている。アイドルやヴォーカルグループの枠組みを超えたストリート性をこれからどう昇華していくのか、今後の活動にも期待は高まる。
[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事