FC2ブログ



アルバムレコメンド:三代目J Soul Brothers「PLANET SEVEN」/Sugar's Campaign/J-DAD/米倉利紀/入江陽

2015年02月01日 21:02


三代目J Soul Brothers「PLANET SEVEN」 (2015/1/28)

1. Eeny, meeny, miny, moe! 2. R.Y.U.S.E.I. 3. S.A.K.U.R.A.
4. Glory 5. C.O.S.M.O.S. ~秋桜~ 6. Link
7. Wedding Bell ~素晴らしきかな人生~ 8. Summer Dreams Come True
9. All LOVE 10. 風の中、歩き出す 11. O.R.I.O.N.
12. O.R.I.O.N. -Maozon @ASYtokyo remix- (Bonus Track)


春夏秋冬のシングルを一挙に収めた5thアルバム。リード曲としてミュージック・ビデオも制作されたM-1は、高ぶるホーンの音色とリスナーを煽動する歌詞が印象的なアッパー・チューン。R&Bをモチーフにしたトリッキーな音組みである分、ノリ至上主義のEDMとは一線を画したソウル余る節回しをぜひともお見舞いしてほしかったのですが、あいにく双方の歌唱にややもたつきが見られ、そこは玉に瑕。しかしながら、ヒットの方程式に甘んじず、それでいてインパクトのある挑戦を叩きつけた点に関しては心の底から評価したいです。彼らに倣い、こちらも潔く次に期待。なお、実質的な新曲は今市・登坂の各ソロを含めて3曲のみなので、真新しいアプローチに胸を馳せる”オリジナル・アルバムならでは”の構えではなく、2014年に巻き起こした彼らの快進撃を今一度振り返る目的で端から聴いた方が、うんと味が出て楽しめるかと思います。
[ 続きを読む ]
関連記事
スポンサーサイト



シングルレコメンド:宇多田ヒカル『桜流し』/GENERATIONS『BRAVE IT OUT』/4you/誠/J-DAD/SATOMi 

2012年11月26日 00:30

  
宇多田ヒカル 『桜流し』
映画「新世紀ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の主題歌を担うべく突如として表舞台に復帰した宇多田ヒカル。寂寞たるサウンド・テイストはどことなく「Passion」や「海路」にも通ずるものがありますが、繊細な曲調に対し、歌詞は至ってシンプル(彼女にしては)。喪失感と希望という相反する概念を同居させ、何もかもを失っても歩き出せる人間の勇ましさを叙情的に描き出しています。約2年ぶりに彼女から放たれた音楽は、やはり美しかった。
[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事