FC2ブログ



【年末恒例】『JBS Music Awards 2014』全31部門 最優秀作品/人物発表

2014年12月30日 21:36



先日ノミネーションを公開した『JBS Music Awards 2014』。今日はいよいよ各部門の最優秀作品/人物を発表させて頂きたいと思います。例年どおり、JBSが培ってきた感性と切り口をフル稼働させて、慎重かつ厳正に選出させて頂きました。今年を総括するための材料として、ぜひご活用ください。それでは、早速参ります。レコ大をも上回る(?)アツいラインナップを、どうぞ!!

◆JBS Music Awards 2014◆
*対象:2012年12月から2013年11月までにリリースされた作品および同期間に功労を遂げた人物
*各部門につき5項目のノミネート
*複数の部門に同じ作品がノミネートしている場合有り 
(例:R&B・オブ・ザ・イヤーとポップ・オブ・ザ・イヤーに同じ作品がランクイン)

 
◆アーティスト・オブ・ザ・イヤー◆

<アルバム>
◆R&B・オブ・ザ・イヤー◆
◆ポップ・オブ・ザ・イヤー◆
◆クリエイティブ・オブ・ザ・イヤー◆
◆バラエティ・オブ・ザ・イヤー◆
◆ヴィンテージ・オブ・ザ・イヤー◆
◆プロジェクト・オブ・ザ・イヤー◆


<楽曲>
◆エモーショナル・オブ・ザ・イヤー◆
◆キャッチー・オブ・ザ・イヤー◆
◆グルーヴ・オブ・ザ・イヤー◆
◆センシュアル・オブ・ザ・イヤー◆
◆センチメンタル・オブ・ザ・イヤー◆
◆ダンス・オブ・ザ・イヤー◆
◆ドラマティック・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハード・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハートウォーミング・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハッピー・オブ・ザ・イヤー◆
◆プリミティブ・オブ・ザ・イヤー◆
◆メロウ・オブ・ザ・イヤー◆
◆シリアス・オブ・ザ・イヤー◆
◆ユニーク・オブ・ザ・イヤー◆
◆アイドル・オブ・ザ・イヤー◆
◆バラード・オブ・ザ・イヤー◆
◆ディスコティック・オブ・ザ・イヤー◆
◆リメイク/カバー・オブ・ザ・イヤー◆


<人物・映像>
◆プロデューサー・オブ・ザ・イヤー◆
◆リリシスト・オブ・ザ・イヤー◆
◆メロディメイカー・オブ・ザ・イヤー◆
◆アレンジャー・オブ・ザ・イヤー◆
◆コラボレーション・オブ・ザ・イヤー◆
◆ビデオ・オブ・ザ・イヤー◆
◆ニューカマー・オブ・ザ・イヤー◆
[ 続きを読む ]
関連記事
スポンサーサイト



シングルレコメンド:E-girls「Highschool♡Love」/May J./Fairies/KYOtaro/ELLIE/DJ SOULJAH

2014年09月15日 20:15

 
E-girls 「Highschool♡Love」 
T.kura/michicoをプロデューサーに迎えた新作。まさか彼らがE-girlsの制作に携わる日が来るとは思っても見ず、しかもこれがなかなかクリエイティブでエンタメ性に溢れたナンバーだったものだから、俄然嬉しくなりました。michicoはこういうきゃぴきゃぴした歌詞も書けるんだなぁ。サウンドは、昨今のT.Kuraが主流とするシンセのフル稼働によるアップトラック。E-girlsのポップなボーカルが冴え渡る傍ら、ごりごりとしたプロダクトが鈍い存在感を放っていて面白い。
[ 続きを読む ]
関連記事

JAMOSA、新曲『DANCE』のティーザーを公開 -J-DISCOブーム到来なるか-

2014年04月19日 20:44



JAMOSAの新曲「DANCE」のティーザーが解禁。女性アンセムを打ち出している傍ら、深夜営業がままならないクラブの現状にも一石を投じるナンバーに仕上がっています。フル・ヴァージョンの解禁が楽しみです。
[ 続きを読む ]
関連記事

シングルレコメンド:三代目J Soul Brothers 「S.A.K.U.R.A.」/ケツメイシ/AWICH+MANAMI/Jine/YORK/Soul Hood etc

2014年04月02日 01:14


 

三代目J Soul Brothers 「S.A.K.U.R.A.」
四季をテーマにしたシングル・シリーズの第一弾。桜ソング=上品で落ち着いた風情という先入観を逆手に取った勇壮なサウンドがお見事。殺陣を取り入れたド派手な長編PVにも魂消たなあ。これぞエンターテインメント。
[ 続きを読む ]
関連記事

シングルレコメンド:DEEP/剛力彩芽/松下優也/Erie/mao./KYOtaro/前迫潤哉/Tigh-Z/大輔/柴田トオル etc

2014年03月01日 19:43

 
DEEP 「雪しずり」
2014年第一弾シングルは、麗しいメロディと雪の種類を羅列した歌詞によって描かれるラブ・バラード。あまりに印象的だったので楽曲提供者を調べてみると、BRIGHTの「キライ...でも好き〜アイシテル〜」などで知られる小田桐ゆうきであることが判明。どうりで良い曲なわけだ。カップリングも季節柄、しっとりとしたミディアム・ナンバーで統一。「Valentine」はストーリー性、「You're my everything」はR&Bに裏打ちされた甘美な世界観が魅力的。
[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事