スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Noa 『Noaism』

2010年10月19日 19:30

Noaism
NO DOUBT TRACKS所属の女性シンガー:Noaのアルバム『Noaism』(10.08.18)をレビュー。
フル・アルバムとしては通算3枚目となる、全15曲収録です。

1. Intro
2. I wanna say
3. Crewzing feat.山猿
4. The Past Day
5. Shake It! feat.Clef,SO-TA
6. Wishing on a Star feat.LGYankees
7. アンタがいてくれるから↑↑
8. The Hottest Area with GIO & ShaNa
9. Necessary Pride feat.DJ PSYCHO from PURPLE REVEL

10. 過ぎ去りし日のアイノウタ feat.吉見一星
11. アカシ
12. 線香花火
13. Special Thanks for
14. Outro
15. SPINNING THE WORLD

2008年暮れにCDデビューするや否や注目され、昨年リリースの「LUCY LOVE -SEASON Ⅱ-」では、自身初となるオリコンTOP10入りの快挙を達成。そんな若年層を中心に多大な支持を得るNoaが今回放ったのは、レーベル・メイトたちの熱演も印象的な、これまでにも増して親和性に富んだ作品集。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

Noa 『LUCY L♥OVE -WINTER SEASON-』

2009年12月18日 19:30

LUCY LOVE - WINTER SEASON -(初回限定盤)(DVD付)  

Noaのニューアルバム『LUCY L♥VE -WINTER SEASON-』(09.12.16)をレビュー。
本作も歴代の作品同様、LGYankeesがプロデューサーを務めています。

1. WINTER SONG
2. Dear My Girls
3. myself
4. Powder snow feat. 山猿
5. 信じてる REMIX
6. 月のヒカリ feat. 中村舞子 LGYankees (DJ No.2) REMIX

主な収録曲を追っていくと、
品のあるR&Bアレンジでフェミニンに歌い上げるドリカムの冬の名曲のカバー①『WINTER SONG』、西野カナ「君に会いたくなるから」にアレンジが酷似した大切なHomiesに捧げるバラード②『Dear My Girls』、エッジの効いたバンドサウンドをフィーチャーした新境地開拓となるミディアム③『myself』、一方でとても彼女らしい甘美な作りの冬めくラブソング④『Powder snow』、そしてデビュー作「LUCY L♥OVE」収録のリード曲をドラムンベース調に再構築した秀逸Remix⑤『信じてる REMIX』などなど、

作品を重ねるごとに麗しさと安定感を体得している彼女のボーカルを、冬の幻想的な空気感とともにスマートに味わえる1枚です。REMIX2曲も聴き応えがあってタナボタやったし、ドリカムカバーも、適度にR&Bを取り込んでいて好感でした。
詩音が「例の一件で」退いた女性ウェッサイシーンの今後を、背負っていく立場として頑張って頂きたいです。

余談ですが、⑥で参加しているLGYankeesの秘蔵っ子・中村舞子が、1月20日にデビューミニアルバム『CURE』をリリースします。こちらにも地味にながら期待です。



◆DEBUT ALBUM 『LUCY L♥OVE』のレビューはこちら
◆2nd ALBUM 『LUCY L♥OVE -Season Ⅱ-』のレビューはこちら


★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒http://nodoubttracks.com/al_noa.php


ブログパーツ

Noa 『LUCY L♥VE-Season 2-』

2009年08月06日 19:31

Lucy Love-Season 2-初回盤  

若者を中心に脚光を浴びている、Noaのニューアルバム『LUCY L♥VE-Season 2-』(09.08.05)をレビュー。デビュー作『「LUCY L♥VE」から僅か8ヶ月のスパンでリリースされた、通算2枚目のオリジナルアルバムです。

1. Intro
2. No One Knows
3. Singled Out!!-Do It! Do It! Do It!- feat.山猿,ShaNa,GIO
4. いいわけ feat.Clef
5. to you...
6. Teenage Love feat.LGYankees
7. You're A Flirt
8. ライライ feat.HeadPhone Bulldogs
9. Over&Over
10. Sunset Breeze
11. 月のヒカリ feat.中村舞子
12. far away feat.SO-TA
13. Pain
14. Outro

主な収録曲を追っていくと、
前作の「信じてる」路線のキャッチーなミドルナンバー②『No One Knows』、彼女と同じ「NO DOUBT TRACKS」所属のアーティストが集結したアラビアンテイストのダンサー③『Singled Out!!-Do It! Do It! Do It!-』、男性ボーカルグループ・Clefとともに激しい彼カノバトルを繰り広げるエッジーなアップ④『いいわけ』、レーベルホストであるLGYが参加したR&B風味豊かなメロディアス・チューン⑥『Teenage Love』、終始エフェクトかけまくりのお転婆ポップ・ロック⑧『ライライ』、鮮やかなアレンジに自然に馴染む彼女の歌声が目を惹く⑨『Over&Over』、新鋭シンガー・中村舞子とデュエットを交わす愁いあるバラッド⑪『月のヒカリ』、そして実質のリード曲としてPUSHされているエモーショナルな遠恋ソング⑫『far away』などなど、

「Season 2」と題されてるだけあって基本の構成は、前作「LUCY L♥OVE」を踏襲した、ジャンルレスな音楽性と明快な恋愛劇を広げたものになっているんですが、歌唱力の向上など、1stから着実にレベルアップしている点がいくつか見受けられたので、予想外に好感触を受けた1枚でした。少しばかし見直したかなw(よろしければ1st「LUCY L♥OVE」のレビューも参考にしてください。)

それにしても、最近ウェッサイ系の女性シンガーが非常に活発です。
詩音、Noa、そして今秋にCDデビューを果たす事が決定しているSAYなどなど。
この中やと一番SAYに期待出来そうかな。DS455の「INTO YOU」でも結構良い味出してたし。

(8月6日に、このアルバムに連動したちょっとしたコラムを投稿する予定だったんですが、内容が纏まらなくて断念しました(;´∀`))



◆1st ALBUM 『LUCY L♥OVE』のレビューはこちら

★★★★★★★☆☆☆
◆Official⇒http://nodoubttracks.com/al_noa.php
ブログパーツ

Noa 『LUCY L♥VE』

2008年12月09日 22:45

Lucy Love

ウェッサイ系レーベル「NO DOUBT tracks」に所属する女性シンガーNoaのデビューアルバム『LUCY L♥VE』(08.12.05)。エグゼクティブプロデューサーを、レーベルの設立者であるLGYankeesのHIROが務めているほか、客演にもレーベルメイトが多数参加するなど、非常に身内色の濃い1作です。

1. Intro
2. 信じてる
3. Fondness feat.LGYankees
4. Lady Soul feat.ShaNa
5. Last Letter
6. One‐Way Love
7. Let's Getting Love!
8. KO.A.KU.MA II feat.MAICHI
9. Chase feat.Buzz
10. …いいよね?
11. Gift feat.Clef
12. Flap Away feat.山猿
13. Outro
14. Peace My Life feat.山猿&FRENZY (Bonus Track)

キャッチーなメロディーラインに乗せ「信じてる 信じてる~」とリフレインする王道バラード②『信じてる』、幻想的なハープが印象的なLGYankees客演の悲哀系ミディアム③『Fondness』、同じくレーベルメイトのレゲエシンガーShanaが参加したフロアー意識の煽情的ダンスホールナンバー④『Lady Soul』、失恋を前向きに捉える女性が主人公のしなやかなピアノバラード⑤『Last Letter』、雑誌「JELLY」の専属モデルであるまいちこと高橋真依子とともに、悩殺必至の甘ったるい掛け合いを繰り広げる人気楽曲の続編⑧『KO.A.KU.MA Ⅱ』、アニソンのような独特のメロディーラインがHookで炸裂する4つ打ち疾走ダンサー⑨『Chase』、CHEMISTRY「My Gift to You」を彷彿させる重厚な冬装備を施したトラックが素敵なロマンティック・ミディアム⑪『Gift』、そして「力を抜いて歩いて行こう」と直向きなメッセージを凛としたボーカルを通して発信する大団円⑫『Flap Away』などなど、

ピッチの危ういボーカルや深みのないチープなリリックに多少の難はあるものの、R&Bとポップスを融合した洗練されたトラックや、客演・制作陣の奮闘ぶりによって、全体の完成度は何とか補えてるように思いました。ただ⑧客演のまいちは除きますけどね。あの子本業でないとはいえ、Noa以上にひでぇww 何故参加する運びになったのか知りたいw

★★★★★★☆☆☆☆ 62point

◆Official⇒http://nodoubttracks.com/al_noa.php

『KO.A.KU.MA Ⅱ feat.MAICHI』


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。