スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童子-T 『4 ever』

2009年12月19日 19:30

4 ever(初回限定)(DVD付)  

セルアウト兄さんこと童子-T(笑)のニューアルバム『4 ever』(09.12.16)をレビュー。
前作「12 Love Stories」同様、多数のアーティストが参加した、全15曲収録です。

1. 想い feat.YU-A
2. ファースト ソング
3. あの頃… feat.CHEMISTRY
4. あの日… (Bonus Track)
5. スマイル feat.清水翔太
6. Heaven feat.BENI
7. ラブトレイン feat.HI-D,椎名純平
8. Rainy days feat.Hanah
9. Get Ready feat.Baby.M,MANDOZA
10. WA RA BE
11. オン ザ Mic ~Ruler達のタワゴト~ feat.K.I.N,Mummy-D,KOHEI JAPAN
12. 4 ever
13. タイムカプセル
14. Fly High
15. 終わりなき旅

主な収録曲を追っていくと、
大きな反響を得た「願い」の続編ともいえるYU-A客演のミドルアップ①『想い』、ひさびさに自身ソロでのシングルとなった念仏系ウェディングソング(笑)②『ファースト ソング』、CHEMISTRYの無駄遣いで知られる感傷バラード③『あの頃・・・』④『あの日・・・』、軽快なトラックに乗せた清水翔太の温かいHookが耳に残る⑤『スマイル』、クラシカルなR&Bトラックが秀逸なBENI客演によるメロウチューン⑥『Heaven』、HI-Dと椎名純平の円熟シンガー2名が、主人公の心を揺れ動かすそれぞれの男性に扮した⑦『ラブトレイン』、「I like shopin/雨音はショパンの調べ」をサンプリングしたHanahとの異色コラボ作⑧『Rainy days』、Mummy-Dらの力量に感化されたのか、割とまともなライムを展開させる正統派マイクリレー⑪『オン ザ Mic~Ruler達のタワゴト~』、オートチューンを交えて兄さん自身がHookを担う村山晋一郎氏トラック提供のタイトルチューン⑫『4 ever』、自身の半生を堅実なフロウ捌きで懐古する⑬『タイムカプセル』、そして珍しくストリート指向のヘビートラックに乗せて音楽への新たな闘志を掲げた短編⑮『終わりなき旅』などなど、

前半は相変わらず、客演式類型ラブソングのオンパレード状態なんですが、後半になるにつれて、一昔前を彷彿させる鋭いメッセージ性や、溌剌としたフロウ回しを窺わせる場面もあり、彼のラッパーとしてのかつてのポリシーが、少し復活してきたのかな?というようにも感じました。そこで気になるのが、「終わりなき旅」にある、『変わらずにマイクつかむためには 変わらなければならない』という意味深なフレーズ。これを我々リスナーがどう捉えるかですよね。俺としては良い方に解釈したいところですが、今がノリに乗っている時期でもあるので、また次のシングルからラブソング切って、ライト層をとことん食い物にしていく様が、頭をよぎってしょうがないのです。

まぁもしこのままの路線を継続するにせよ、あんな薄汚さMAXで抑揚ゼロのボソボソフロウじゃ、客演だけがフォーカスされるのみで、自身は寧ろおまけにも満たない程度にしか扱われないよという事を、いい加減悟った方がいいと思います。昔も大概やったけど、今よりはずっと覇気があった分、せめて昔の水準にまで戻しておくんなせえ。

◆ALBUM 『12 Love Stories』のレビューはこちら



★★★★★★★☆☆☆
◆Official⇒http://www.dzt.jp/

ブログパーツ
スポンサーサイト

童子-T 『12 Love Stories』

2008年12月22日 00:19

12 Love Stories(初回限定盤)(DVD付)

童子兄さんこと童子-Tのアルバム『12 Love Stories』(08.09.24)。
新曲に加え、自身最大のヒットとなった「もう一度・・・ feat.BENI」などのシングル曲も含んだ、タイトルどおり「愛」を大前提にしたコンセプチュアルな内容になっています。

1. もう一度・・・ feat.BENI
2. better days feat.加藤ミリヤ,田中ロウマ
3. 約束の日 feat.青山テルマ
4. ONE LOVE feat.清水翔太
5. 願い feat.YU-A(Foxxi misQ)
6. アイノカチ feat. KREVA
7. Good Night
8. In-mail feat.JUJU
9. 実りある人生を
10. 光る未来 feat.加藤ミリヤ
11. 会いにいこう
12. summer days feat.BENI<08'ver>
13. 君だけを/郷ひろみ feat.童子-T

ドラマ「ロングバケーション」内のインスト「Close to you~セナのピアノ~」をサンプリングしたヒットチューン①『もう一度・・・』、デビュー前の田中ロウマを加藤ミリヤとともに客演起用した泣きのラブソング②『better days』、兄さんとも親交の深い青山テルマをフィーチャリングボーカルに迎え「記念日」について歌ったリード曲③『約束の日』、清水翔太を②の田中ロウマ同様デビュー前ながら起用した艶のあるミッドソング④『ONE LOVE』、優美なHookで若い世代を中心に人気を集めたFoxxi misQのYU-A客演の新録曲⑤『願い』、ATOMIC BOMB脱退後の黎明期にリリースされた、今とは違う尖ったフロウが懐かしいメロウ・ジャム⑧『in-mail feat.JUJU』、新たな命の誕生を喜ぶアルバム「童夢」収録の名曲⑨『実りある人生』、BENIこと安良城紅との初コラボ作となったサイバー指向のキャッチー・ミディアム⑫『summer days』、そして郷ひろみとの異色コラボが話題になった⑬『君だけを』などなど、

キャッチーで明解なラブソングが軒を連ねる、「J-POP」視点で見るとなかなか聴き応えのある内容です。ただ昔のハーコーなHIP HOPから完全にセルアウト路線にシフトしてしまった彼には、正直幻滅というか失望に近い感情を覚えました。出来ることなら、彼にはこういう内容のアルバムをリリースして欲しくなかった、というのが本音です。シングルならまだしもこんな甘ったるいコンセプトのアルバムをまさか出すとは、どこまで魂売り続けるのよww まぁ内容の安っぽさ・薄っぺらさは決して否めないものの、前述のとおり楽曲はどれもキャッチーで取っつきやすい内容なので、何も考えずに鑑賞するには持ってこいかなw ここまで来たら童子兄さんには、新世代J-Rapper(笑)として、とことん地位を築いて頂きたいものです(・∀・)ニヤニヤ

★★★★★★☆☆☆☆

◆Official⇒http://www.dzt.jp/



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。