スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOSHIKA 『MY ANTHEM -Sympathetic Resonance-』

2014年03月31日 18:25

 

<アルバムレビュー>
YOSHIKA 『MY ANTHEM -Sympathetic Resonance-』 (2014/1/22)

1. ALL I DO (KAI & KYLE REMIX)
2. TIME AFTER TIME (ALBNOTE REMIX)
3. MY ANTHEM (ALBNOTE REMIX)
4. NATURAL LADY (DJ KAWASAKI vs MAKOTO REMIX)
5. THRILLER (SEIKOU NAGAOKA REMIX)
6. I DREAM (TAO OF SOUND REMIX)
7. MAMA USED TO SAY (tangerine. REMIX)

8. A LONG WALK (miu-clips REMIX)
9. THE GLOW OF LOVE (M-SWIFT feat. 24-CARAT REMIX)
10. I DREAM (MAKOTO 80'S LEGACY REMIX -LONG VERSION-)
11. RIGHT HERE -HUMAN NATURE REMIX- (ROOT SOUL REMIX)
12. ALL I WANT IS U (DJ KOMORI REMIX)
13. CHANGE THE WORLD (DAISUKE OSHIMA REMIX)
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

SOULHEAD 『JUMP UP THE WALL』

2011年10月04日 19:00

 

JUMP UP THE WALL / SOULHEAD (11.9.28)

1. S.S.S. -Introduction-
2. NO NO NO
3. JUMP UP THE WALL
4. Life

5. Higher! Higher! Higher! -Interlude-
6. ASHITA
7. WORLD GO ROUND featuring lecca
8. I'm in love

9. novem -Interlude-
10. Fallin'
11. 向日葵
12. letter
13. Stories of life -Interlude-
14. I know
15. Walk With Me


通算5枚目となる、SOULHEAD1年7ヶ月ぶりのアルバム作品。
自らのユニット名を冠した前作『SOULHEAD』では、ロックやハウスなど、特定のジャンルに収まらない縦横無尽な音楽性を提示しファンを驚かせた彼女たちですが、全盛期にも直結する上質なR&Bサウンドと、独創的なボーカル・プロダクトを全面的に打ち出した本作では、ブラック・ミュージックを崇めてやまない姉妹の衰えぬ才能と、スタンスそのものの原点回帰を鮮やかにアピール。実験的な要素が多かった先の『SOULHEAD』を跨いだことで、その無類のオリジナリティにも一段と磨きがかかり、現行のSOULHEADにしか表現し得ないであろう柔軟なテクニックも随所で散見することが出来ます。また、本作で目立つのが、「Life」「ASHITA」をはじめとするリスナー直下型のメッセージ・ソングの数々。ほかにも、恋愛へと直走る女性を描写した「I'm in love」「Fallin'」、名曲「空」にも通ずるソルヘ流大団円「Walk With Me」など、何かを成し遂げようとする意志をダイレクトに感じさせる能動性の高いナンバーが数多く収録されているのです。『わたし、伝えたいんだよ。悲しい気持ちも怒りたい気持ちも、良いなと思ったことは全部伝えたいの』 付属のDVDに収録されているオフショット冒頭でTSUGUMIがこのように発言しているとおり、本作は彼女たちの”今伝えたい事柄”が丁寧に織り込まれた、まさにSOULHEADの真意を享受するに相応しい仕上がり。アルバムいっぱいに広がる”BACK to SOULHEAD”の芳香を堪能しつつ、ぜひそのエネルギッシュな詞世界にも気を配ってみることをお薦めします。

[ 続きを読む ]

SOULHEAD 『BRAIDED』

2010年02月22日 20:37

BRAIDED  

明後日24日に、待望のニューアルバム「SOULHEAD」をリリースする、SOULHEADの2ndアルバム『BRAIDED』(04.04.28)をレビュー。

1. BRAIDED(intro)
2. YOU CAN DO THAT
3. AT THE PARTY
4. Jiggy Uhh...pt.1(skit)
5. 告白
6. いつでも君のことを
7. NO WAY
8. A pretense of love
9. I&I(interlude)
10. Forgive me
11. words of love
12. Jiggy Uhh...pt.2(skit)
13. D.O.G(album ver.)
14. STAY THERE
15. FOR ALL MY LADIES
16. Jiggy Uhh...pt.3(skit)
17. このまま
18. GET UP!

主な収録曲を追っていくと、
姉妹ならではの等身大のコーラスワークを見せつけるクール&ポジティブなヒットチューン②『YOU CAN DO THAT』、荒削りなロックサウンドをブレンドしたバウンシー・ミクスチャー③『AT THE PARTY』、フェイクもふんだんに盛り込んだソルヘ's R&Bの骨頂⑤『告白』、もの悲しいメロディーと歌詞が斜陽のように静かに差し込む名スロー⑥『いつでも君のことを』、けたたましく張り上げるHookと感傷的なリリックの対比が素晴らしい硬質トラック⑦『NO WAY』、「Forgive me...」のリフレインが切ない余韻を引き起こすミディアム⑩『Forgive me』、TSUGUMIの鋭いRapスキルをとくと味わえるブリブリ系フロアナンバー⑬『D.O.G』、トラック・ボーカル共に清涼さにウェートをかけまくったスムース情致溢れるR&B⑮『FOR ALL MY LADIES』、そして映画「ゲロッパ!」のテーマソングに起用された南国ムード全開のディスコアッパー⑱『GET UP!』などなど、

1stアルバム「Oh My Sister」で自信と余裕をつけた彼女らが、よりワイドで深遠な音楽性にめきめき挑んだ、「発展途上」と形容するに相応しい1枚です。エッジーさをブンブン振り回す②や、繊細なボーカルタッチでメランコリックにキメる⑥なんかは特に、その上昇志向のポテンシャルとバイタリティを、ソツなく発揮した故に生まれた賜物でしょう。ポップスとのバランス具合も、個人的にはこの頃が一番丁度良くて好きでした。

さて!いよいよ発売される4thアルバム「SOULHEAD」。
進化や挑戦を恐れない彼女らの、新章の全貌が明らかになる日はもうすぐです!

  

◆1st ALBUM 『Oh My Sisiter』のレビューはこちら

★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://www.soulhead.info/

ブログパーツ

SOULHEAD 『Oh My Sister』

2008年12月22日 21:23

OH MY SISTER

再始動表明記念。YOSHIKAとTSUGUMIの姉妹からなるSOULHEADの1stアルバム『Oh My Sister』(03.03.05)。彗星の如くシーンに現れ放ったデビュー曲「STEP TO THE NEW WORLD」含む全16曲収録です。

01 THEME OF SOULHEAD
02 STEP TO THE NEW WORLD
03 BREAK UP
04 TO DA FAKE MCS
05 the air force -interlude-
06 LOVER,KNIGHT,MAN
07 PLAYBOY
08 SECRET LOVE
09 destiny~born to be sister -interlude-
10 WOO!
11 TOO LATE
12 MOON SHINE
13
14 sincerely -interlude-
15 OH MY SISTER
16 SONG FOR YOU

威勢良く自らをアピールする最高にクールな序幕①『THEME OF SOULHEAD』、瑞々しいブラック・グルーヴを纏った衝撃のデビュー曲②『STEP TO THE NEW WORLD』、低音Hookがイカすブリブリ系アッパー③『BREAK UP』、TSUGUMIのお経風饒舌フロウが飛び交うHIP HOP SOUL④『TO DA FAKES MCS』、ブルージーなギターフレーズが予想外の清涼感を生み出した2ndシングル⑥『LOVER,KNIGHT,MAN』、遊び人を愛した女性のやりきれない心情を綴った虚ろなミディアム⑦『PLAYBOY』、流暢な英語を濃厚なハーモニーに絡ませたスムースR&B⑧『SECRET LOVE』、後々定着し親しまれていく事となるTSUGUMIの超弾丸フロウが炸裂するチキチキナンバー⑪『TOO LATE』、軽快なトラックにキャッチーなメロを割り振った爽涼な3rdシングル⑬『空』、姉妹である互いを大いに讃え合うタイトルチューン⑮『OH MY SISTER』、そして切ないボーカルでしっとり聴かせるアルバム中唯一のバラード⑯『SONG FOR YOU』などなど、

卓越したハーモニーで聴く者をとことん魅了する、1stアルバムながら非常に完成度の高い名盤です。R&BとPOPSを心地よい塩梅で同居させたOCTOPUSSYによるサウンドも絶品で、まさに「文句のつけ難い」磐石のクオリティだと思います。とにかくこの「確かに黒いんだけど、キャッチーで明快」というスタンスを一貫した小気味の良い情致!同業者を含む当時の世間の心を鷲掴みにしたのも頷けます。

★★★★★★★★★★
◆Official⇒http://www.soulhead.net/

『STEP TO THE NEW WORLD』






最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。