スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIRL NEXT DOOR 『GIRL NEXT DOOR』

2009年01月02日 19:30

GIRL NEXT DOOR(DVD付)

avexから昨年9月にデビューしたごり押し大型ユニット・GIRL NEXT DOORの1stアルバム『GIRL NEXT DOOR』(08.12.24)。3ヶ月連続リリースのシングルを含む、全14曲収録です。収録楽曲のすべてにタイアップを付けるという、かつてのday after tomorrowを凌ぐ破格の宣伝を展開している事でも話題です。

1. Winter Game
2. Drive away
3. Power of love
4. 幸福の条件
5. WINTER MIRAGE
6. 情熱の代償
7. Fine after rain
8. Breath
9. Day's...
10. ESCAPE
11. Winter Garden
12. Climber's high
13. NEXT DOOR
14. 偶然の確率

コード展開がほぼ丸々Every Little Thingの「Rescue me」な”冬3部作”楽曲第1弾①『Winter Game』、ポジティブなフレーズを散りばめた開放的なパワーポップ②『Drive Away』、サビでの畳みかけるメロディーが印象的なエイベノリ全開のアッパー③『Power of love』、「今も想い続ける元彼に街で会ったが、その彼には彼女がいた・・・」という切ないストーリーが展開するしんみりバラード⑤『WINTER MIRAGE』、PVのトンデモなB級演出に笑わされたドラマ「ギラギラ」主題歌⑥『情熱の代償』、1度聴いて迷わずday after tomorrowの「My faith」が浮かんだエッジーなスロー⑧『Breath』、可愛らしく跳ねるトラックがお気に入りな”冬3部作”のラスト⑪『Winter Garden』、サビでの独特の疾走感が癖になる⑫『Climber's high』、そして”王道中の王道”ともいえるベッタベタな内容に賛否両論が巻き起こったデビュー曲⑭『偶然の確率』などなど、

始終潔いまでに「大衆性」に長けたポップ・ミュージックで勝負し抜いた1枚です。
誰でもすぐ思いつきそうな平易なメロディーラインや、90年代のavexを象徴するド派手な打ち込みサウンドの焼き直しともいえる時代錯誤な音使いなど、何かと否定的なイメージや、それから来る批判がつきまとって離れない彼らですが、俺からしたらそれらの”使い古された”要素こそが痛快でたまらないんですw(*´▽`*)

ただ「曲の内容よりも世間に与えるインパクトを重視」したavexの過剰なまでの宣伝・戦略には、ほとほと呆れてますけどねw あとVo.である千紗の歌声に、同じくavexあげての大型ユニットとして売り出された元day after tomorrowのmisonoほどの洗練された魅力を感じないのが、ちょっと残念かなぁ。磨けば光る原石ならいいんやけど、avexが今後、その”研磨”という作業を怠ったまま捨ててしまう気がしなくも・・・((((;゚Д゚))) まぁとりあえず今は、ユニットのアーティスティックな躍進・成長への期待や願いも込めつつ、今後の活動を生温かく見守りたいと思います。

★★★★★★★☆☆☆
◆Official⇒http://girlnextdoor.jp/index.html
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。