スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAY'S 『VIVA!!! SUMMER COVERS~Dancin’In The Round~』

2014年06月27日 20:04



<アルバムレビュー>
MAY'S 『VIVA!!! SUMMER COVERS~Dancin’In The Round~』 (2014/6/25)

1. WAになっておどろう ~ILE AIYE~ feat.Fatman Scoop,ハーフ芸人オールスターズ
2. はじめてのチュウ
3. 真夏のSounds good!

4. 愛のボラーレ (日本語Ver.)
5. LIFE
6. WAになっておどろう ~ILE AIYE~ (NRTT remix) (Bonus Track)
7. WAになっておどろう ~ILE AIYE~ (ポルトガル語Ver.) (Bonus Track)
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

MAY'S 『Kissing』

2014年03月22日 15:09



<アルバムレビュー>
MAY'S 『Kissing』 (2014/3/5)

1. Kissing
2. Just For You 〜君だけが僕の未来〜
3. F&R
4. みんなのうた

5. Milky Way ~眠れない夜は~
6. ジュリエット
7. PASSION
8. Wanna Be Your Only One / MAY'S×SHIKATA
9. チョコレートガール
10. 結婚しようよ
11. PaPa

12. シンデレラ
[ 続きを読む ]

片桐舞子 『Solo』

2013年12月28日 13:50

 

<アルバムレビュー>
片桐舞子 『Solo』 (2013/12/4)

1. Deeper and Deeper
2. Anytime,Anywhere ~恋焦がれてたあの頃~
3. TOKYO BLUE
4. V.I.P
5. Ex-Boyfriend

6. Beautiful
7. True Love Story ~Luv behind the melody remix
[ 続きを読む ]

MAY'S 『BEST 2005-2013』& MAY'S発スーパー・ソング特集

2013年02月18日 21:17



<アルバムレビュー>
MAY'S 『BEST 2005-2013』 (2013/2/13)

<DISC1>
1. My Everything
2. Daydream
3. KISS 〜恋におちて...冬〜
4. I WISH
5. I LOVE YOUが言えなくて
6. ONE LOVE 〜100万回のKISSでアイシテル〜
7. 永遠
8. 星の数だけ抱きしめて
9. 遠くへ 〜Spread Your Wings〜
10. SUPER SONG
11. 君に届け...
12. WONDERLAND
13. BONDS
14. 今宵、月の下で feat. 上妻宏光
15. SKY
16. Smiling
17. ダイヤモンド
<DISC2>
1. Sha la la...
2. REAL
3. Roots Of Mine
4. Appreciation
5. Teddy’s story
6. LOVE SONG 〜今なら言えるよ〜
7. 梢
8. さよなら、ありがとう。
9. MaMa (2009)
10. 線香花火
11. あなたが好きです。
12. JULY (Album Version)
13. LOVE (New Version)
14. せつなさをとめて
15. True Love Story
16. I Remember You

17. 日曜日の歌
[ 続きを読む ]

MAY'S オリジナル作『Smiling』とRemixアルバム同時発売で活動を再開

2012年04月10日 08:00

 

ボーカルの片桐舞子とDJ/プロデューサーのNAUGHTY BO-Zからなるユニット:MAY'S
昨年10月に片桐舞子が声帯結節を患い、直近のライブ活動をすべてキャンセルするなど一時は活動休止を余儀なくされた彼らですが、3月9日に行われたワンマン・ライブで無事に完全復活。さらには6月13日にアルバムを二作品同時にリリースし、本格的に再始動することが明らかになりました。
[ 続きを読む ]

MAY'S 『Featuring ~コラボベスト~』

2010年03月24日 20:21

Featuring~コラボベスト~(初回限定盤)(DVD付)  

MAY'Sのニューアルバム『Featuring~コラボベスト~』(10.03.24)をレビュー。
その名の通り、数多くのアーティストとのコラボレート楽曲を納めた、彼女ら初となるベスト盤なわけですが、いやはやここまで露骨で安直極まりない決算対策ベストが、未だかつてあったでしょうかw まず最新オリジナルアルバム「Amazing」が発売されてからのインターバルが、僅か2ヶ月という時点で十分苦笑ものなのに、その「Amazing」からの楽曲が、自身の作品にアーティストを招き入れた楽曲が対象となっているDisc1(全10曲)に3曲も収録されてるって、完全にファンやリスナーを馬鹿にしてますよね。そして何より一番酷いのは、レーベルメイトのCLIFF EDGEと絡んだ楽曲以外は、すべて2008年のメジャーデビュー以降に発表された楽曲だという事。根本的な話ですが、商業云々の前に、「キャリア浅いヤツがベストってどゆこと!?」なわけっすよ、こっちからすれば。これならまだ、EXILEが2008年に乱発した3枚の商業ベスト盤の方が、よっぽどましなレベルですわw


<Disc1:INSIDE WORKS>
1. Dear... / CLIFF EDGE & MAY'S
2. THANK YOU feat.Jam
3. HERO☆HERO feat.WISE
4. John Doe feat.U-ZIPPLAIN(ENBULL)
5. TOKYO DRIVE feat.DJ WATARAI,DABO
6. The Source feat.クレンチ&ブリスタ,EIGO,ZANE,TWO-K
7. Rock With U feat.FALCO&SHINO
8. 恋をしてた~Say Goodbye~ / MAY'S×May J.
9. DESTINY ~for Dear...~ feat.CLIFF EDGE
10. Close Your Eyes feat.JAY’ED

<Disc2:OUTSIDE WORKS>
1. More than I love you ~365のキセキ~ with MAY'S / SOFFet
2. With You ~君といつまでも~ feat.MAY'S / KG
3. PARTY UP feat.ZEEBRA,HOKT,MAY'S / DJ MAYUMI
4. Lovers Holiday feat.MAY'S / クレンチ&ブリスタ
5. REMEMBER feat.MAY'S / 2BACKKA
6. 卒業 / MAY'S (Special Calling)
7. Sing for you / May J.×MAY'S
8. BIRTH ~You're the only one Pt.2~ feat.MAY'S / CLIFF EDGE
[ 続きを読む ]

MAY'S 『Amazing』

2010年01月14日 19:30

Amazing(初回限定盤)(DVD付)  

MAY'Sのニューアルバム『Amazing』(10.01.13)をレビュー。
昨年リリースの3枚のシングルを含む、メジャーデビュー後2枚目となるアルバムです。

1. ONE LOVE ~100万回のKISSでアイシテル~
2. 恋をしてた ~Say Goodbye~
3. HERO☆HERO feat.WISE
4. あなたが好きです。
5. I WISH
6. Amazing
7. Is this LOVE??
8. TOKYO DRIVE feat.DJ WATARAI,DABO
9. 線香花火
10. I LOVE YOU が言えなくて
11. Come back to me.
12. JULY
13. My Little Angel
14. MaMa(2009)
15. ♯1 My Song
16. 永遠

主な収録曲を追っていくと、
大仰なフレーズで永遠の愛を誓う先行シングル①『ONE LOVE ~100万回のKISSでアイシテル~』、緩やかに旋律が流れるMay J.とのデュエット曲②『恋をしてた~Say Goodbye~』、西野カナが歌ってそうな(Jeff Miyaharaが作りそうな)シンセ主導のスムースなミッド③『HERO☆HERO』、驚くほど癖のないポップなメロディーで展開する④『あなたが好きです。』、舞子りんの凛とした歌唱の映えたウェディング・ソング⑤『I WISH』、前のめりなR&Bサウンドが久々に炸裂する⑦『Is this LOVE??』、DJ WATARAIとDABOを客演に迎えた切れ味の良い疾走感を連れてくるアップ⑧『TOKYO DRIVE』、同性とのちょっぴりレズめいた不朽の友情を歌った、本作のNJS担当楽曲⑨『線香花火』、インディ時代から支持され続けてきた美麗な感傷スロー⑫『JULY』、同じくインディ初出の楽曲を歌い直した母賛歌⑭『MaMa(2009)』、そして前作で言う「梢」のポジションにあたる、しっとりと慎ましいバラード⑯『永遠』などなど、

楽曲の内容こそ、すっかり無難なラブソングが多くなってしまっているものの、いざ蓋を開けてみると、予想以上に舞子りんの放つボーカルの華やかな存在感が際立っていたので、当初危惧していたほどの重度の落胆はありませんでした。また⑦⑧では、初期の音楽性を匂わせるフロアライクなサウンドを余裕げに広げていますし、何だかんだで、彼らもまだまだ捨てたもんじゃないのかも。ただリメイクやSkitで曲数を稼いでいるため、収録曲の多さに反して、ちとボリューム不足に感じたのは俺だけかな?前作と比べても、全体的に妙にあっさりしてるんですよねぇ。



◆DEBUT ALBUM 『Drawing』のレビューはこちら
◆INDIES 2nd ALBUM 『Beginning』のレビューはこちら
◆MEJOR 1st ALBUM 『Dreaming』のレビューはこちら


★★★★★★★☆☆☆
◆Official⇒http://www.clubmays.com/

ブログパーツ

MAY'S 『Drawing』

2010年01月05日 20:18

DRAWING

来週ニューアルバム『Amazing』をリリースする、MAY'Sのインディーズ・デビューアルバム『Drawing』(05.10.26)をレビュー。自主制作盤に収められていた楽曲のニューバージョンと新曲で構成された、全7曲収録のミニアルバムです。

01. Sha la la...
02. KNIGHTS
03. 1/2
04. Miss Sunday
05. Song Of Love For You (Pt.2)
06. BE WITH U
07. MY SWEET

主な収録曲を追っていくと、
女性誌「MORE」CMソングに起用され話題となった、「ロドリゲス」路線の煌びやかなミドル・アップチューン①『Sha la la...』、90's R&Bスタイルを匂わせるアーシーなトラック&コーラスが絶品の②『KNIGHTS』、ぼやけたアレンジに彼らの真骨頂である歌謡メロディーを乗せたスロー③『1/2』、重厚なゴスペルコーラスをバックにエモーショナルなボーカルが炸裂する現行R&B⑤『Song Of Love For You (Pt.2)』、彼らお得意のNJSビートがバシバシとダイレクトに伝わる胸キュンソング⑥『BE WITH U』、そしてタイトルどおり甘美な空気感で織り成されるロマンティックな大団円バラード⑦『MY SWEET』などなど、

ふとした日常を綴った普遍的な歌詞が、R&Bマナーを弁えつつ大衆性にも気を配った曲調と、違和感なく調和した傑作になっています。そう、これこそが、彼らの最たる持ち味なんですよねぇ~すっかり忘れてましたよw 舞子りんの歌声も、今よりずっとアグレッシブ且つ繊細で、心地よく耳を刺激してくれます。それぞれの要素が、それぞれの個性を尊重しつつ、絶妙な塩梅で絡まり合っているからこそ得られる満足感、是非一度堪能してみてください。

それに引き替え最近、特に昨年以降の彼らは、売れ線を大前提とした凡庸楽曲ばかりで、正直かなり末期なレベルまで来ている気がします。もっとも、メジャーに降り立つという事は、ある程度自らのポリシーを退け、商業面を意識しなければならない時もあるという事は重々理解しているつもりですし、彼らだけを責めるつもりは毛頭ないんですが、本作のように、活き活きと自分たちの音楽を貫徹している作品を知っているだけに、寂しさはやはり拭えません。

来週には、メジャー2作目となるアルバム『Amazing』をリリースする彼ら。
内容への不安が募る中、ほんの一欠片の期待がまだ残っているのは、俺が未だ、彼らに対して希望を抱いているという、他ならぬ証なんだと思います。さぁて、どうなることやら・・・。



★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://www.clubmays.com/

ブログパーツ

MAY'S 『Dreaming』

2009年01月17日 20:00

Dreaming(初回盤)(DVD付)

R&Bユニット・MAY'Sのニューアルバム『Dreaming』(08.01.14)。メジャー後初となるアルバムで、3枚のシングル曲のほか、CLIFF EDGE、faithのJamらが参加した楽曲を含む全16曲です。

1. KISS ~恋におちて...冬~
2. LOVE SONG ~今なら言えるよ~
3. DESTINY ~for Dear...~ feat.CLIFF EDGE
4. THANK♥YOU feat.Jam(faith)
5. Teddy's story
6. Diggin' Diggin' Diggin'
7. NEW WORLD feat.DJ WATARAI
8. The Source feat.Clench & Blistah,EIGO,ZANE,TWO-K
9. Daydream
10. take a break(Interlude)
11.
12. My Everything
13. Sparkling Girl
14. Dreaming of you (Interlude)
15. さよなら、ありがとう。
16. Brave Heart

ポップなアレンジのもと直向きな恋心を歌った先行シングル①『KISS~恋におちて...冬~』、CLIFF EDGE&MAY'S名義で好評を博した「Dear...」の続編③『DESTINY~for Dear...~』、レーベルメイトであるfaithのJamがプロデュース&客演したメロウネス溢れるクラシカル・ナンバー④『THANK♥YOU』、毎度のように掲げていたNJSの系譜をしっかり引き継いだキラキラパーティーチューン⑥『Diggin' Diggin' Diggin'』、交友の深いDJ WATARAIプロデュースによるシンセ飛び交うストリート・トラック⑦『NEW WORLD』、クレブリやthree NATIONのMC・EIGOとZANEらと共に軽妙なマイクリレーを繰り広げるジャズ・テイストの⑧『The Source』、R&Bに「和」を進んで取り入れた、どこか混沌とした雰囲気を醸すシングル・チューン⑨『Daydream』、愛する人への久遠の愛を誓う壮大バラード⑪『梢』、親近感のある恋愛フレーズがくすぐったい記念すべきメジャーデビューシングル⑫『My Everything』、粗のないメロディーに陶酔必至の清涼ミッド・ダンサー⑬『Sparkling Girl』、そして普段に比べ抑え気味に歌い上げる舞子嬢の繊細なボーカルが光るほろ苦スロー⑮『さよなら、ありがとう』などなど、

メジャーデビュー以降、より明瞭になった彼らのライトな音楽性がとくと窺える1枚になっています。「これがMAY'Sだ!」と言わんばかりに持ち前のポップ・センスとスキルを在り在りと注ぎ込んだ潔い楽曲の数々に、「さすがMAY'S!」と呼応するかのごとくすっかり舌を巻いてしまいました。ちなみに今作はオリコンのデイリーチャートでも8位に初登場し、現在6位に上昇と大健闘中。本格ブレイクの時が刻一刻と迫ってきているようですね!

また、今作を引っ提げた初の東名阪ツアーも決定しており、俺も大阪公演に参加しちゃいます!ヽ(●´∀`)ノ 初の生MAY'Sなんで楽しみやなぁ~(・∀・)

★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒http://www.clubmays.com/

★My Blog Link★
◇CLIFF EDGE&MAY'S 『Dear...』 レビュー
◇MAY'S 『Beginning』 レビュー
◆MAY'S 『My Everything』 レビュー (Single Review 2008年7月第1週)
◆MAY'S 『Daydream』 レビュー (Single Digest Review 2008年10月度)
◆MAY'S 『KISS~恋におちて...冬~』 レビュー (Single Review 2008年12月第1週)




ブログパーツ

MAY'S 『Beginning』

2009年01月12日 23:13

Beginning

Vo.の片桐舞子とトラックメイカーの河井純一からなるR&Bユニット・MAY'Sのアルバム『Beginning』(06.09.13)。インディーズでリリースした通算2枚目のアルバム(フルアルバムでは初)です。

01.Still A Girl
02.ロドリゲス
03.REAL
04.LOVE
05.Joyful Joyful
06.Must Quit xxxxx
07.MaMa
08.JULY (Piano Version)
09.Still A Girl (Grooveman Spot Remix)
10.REAL (DJ WATARAI Remix)

大人になりきれず葛藤する未熟な内面についてエモーショナルに歌い上げる①『Still A Girl』、キラキラした音色がリズミカルに波打つライトなミッドダンサー②『ロドリゲス』、舞子嬢の凛々しいボーカルを舌を巻いたエッジーなシリアスチューン③『REAL』、寂しさ募るリリックに心が痛む悲傷スロー④『LOVE』、一転して「喜び」の感情を等身大で表現した明快NJS⑤『Joyful Joyful』、母への感謝の意をストレートに紡いだ舞子嬢の歌唱なしには決して成立し得ない名バラッド⑦『MaMa』、今では入手困難な自主制作CD「Sailing」に収録されている楽曲の静閑なピアノVer.⑧『JULY』、そしてDJ WATARAIがよりフロアライクな硬質トラックにRemixした⑩『REAL(DJ WATARAI Remix)』などなど、

片桐舞子のタフなボーカルを存分に活かした、力強い楽曲が軒を連ねています。
ほんま彼女の歌唱力には脱帽しきりです。張り上げ系ボーカル故の危なっかしさを絶妙にキープしつつ丁寧にバランスよく歌いこなすので、シャープなんやけど耳当たりが抜群なんですよね。魂消たもんです。相棒の河合氏によるトラックも、甘さと鋭さを兼備した隙のない作りでたまりません。まぁもう少しR&Bに比重を置いてもいいかなとは思いますけどねw 

今週14日には、いよいよメジャーデビュー後初となるニューアルバム『Dreaming』をリリース。仕上がりがどうなっているのか楽しみです。

★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://www.clubmays.com/

『REAL』


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。