スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TERIYAKI BOYZ 『SERIOUS JAPANESE』

2009年02月06日 00:00

SERIOUS JAPANESE(初回限定盤)(DVD付)

m-floのVERBAL、RIP SLYMEのILMARIとRYO-ZI、WISE、そしてファッションブランド「「A BATHING APE」の創設者であるNIGOから構成されたHIP HOPグループ・TERIYAKI BOYZのニューアルバム『SERIOUS JAPANESE』(09.01.28)。前作「BEEF or CHICKEN」から3年2ヶ月ぶりとなる通算2枚目のアルバムです。制作陣には、前作に続いての登板となるThe NeptunesやCorneliusのほか、Kanye West、テイ・トウワ、Jermain Dupri、Mark Ronsonら国内外から豪華な布陣が集結しています。

1. please come INTRO!
2. WORK THAT feat.PHARRELL & CHRIS BROWN
3. AFTER 5(A.M.) feat.MADEMOISELLE YULIA
4. TOKYO DRIFT (FAST & FURIOUS)
5. SWEET GIRL feat.DONDRIA
6. TERIYA-KING feat.KANYE WEST & BIG SEAN
7. 5TH ELEMENT feat.CORNELIUS
8. SERIOUS JAPANESE
9. ZOCK-ON! feat.PHARRELL & BUSTA RHYMES
10. (CAN'T) "BAKE" THAT "FAPE" feat.TAKAGIKAN & ADROCK
11. いつも IT'S MORE
12. I still love H.E.R. feat.KANYE WEST (ALBUM MIX)
13. get the hell OUTRO
14. TOKYO DRIFT (FAST & FURIOUS) REMIX feat.PUSHA T & FAM-LAY

客演にPharrellとChris Brownを迎えたタイトな本流チューン②『WORK THAT』、淡いシンセ音が飛び交うテイ・トウワプロデュースのクラブ・アンセム②『AFTER5(A.M.)』、Gwen StefaniやM.I.Aがこなしそうな独特の女声Hookが印象に残る無骨なダンスホール風ナンバー④『TOKYO DRIFT(FAST&FURIOUS)』、メロウのツボを抑えたラグジュアリーなトラックが心地良いJDプロデュースの⑤『SWEET GIRL』、「テリヤーキーングス・キーングス」というキャッチーなHookを軸に展開する蟹江プロデュースのドープチューン⑥『TERIYA-KING』、和を重んじ誇った各々のフロウにも注目の⑦『5TH ELEMENT』、Amy Winehouseの「Rehab」などを手がけてきたイケメンクリエイター・Mark Ronson提供の、軽妙なライムが癖になるシュールなタイトルチューン⑧『SERIOUS JAPANESE』、爽やかなネタ使いで一般ウケも良さそうなリード曲⑪『いつもIT'S MORE』、そして蟹江プロデュース&客演を引っ提げ1年余りの沈黙を破ってリリースされたシングル曲⑫『I still love H.E.R』などなど、

個々の音楽活動を経て一段と説得力を増した柔軟なフロウで、「HIP HOPの素晴らしさ・楽しさ」をあらためて多方面から見いだし、そしてそれを精力的に聴き手に訴求しようとする意志が非常に強く伝わってきた作品でした。勿論、一流作家らの手がけたバラエティ豊かなトラックによるところも大きいんですが、それらのインパクトにも決して飲まれる事なく、自らの個性・思考を最大限に振りまききった彼らには、今すぐにでも直接拍手を送ってあげたいくらいです。特に今作におけるVERBALのパートは皆神すぎるw 覚醒しまくりですw

★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://teriyakiboyz.com/



ブログパーツ
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。