スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAKAI 『COLORS』

2011年01月14日 19:30



  

MAKAIのアルバム『COLORS』(10.12.08)をレビュー。

1. Departure feat.Kool Keith
2. Merry-Go-Round feat.AISHA
3. Roller Coaster feat.JONTE

4. Glow
5. TOKYO LOVELIGHT feat.YUCHUN(from 東方神起) (Ver.2011)
6. Garden of Love feat.青山テルマ (Ver.2011)
7. Monochrome

8. Arrival feat.Kool Keith

 ハウスの枠組みに囚われない音楽性で波紋を呼んだ『LOVE LITE』以来となる新作。
シンガーを迎えた新録2曲、「伝説のMC」の異名を取るKool Keith客演の短編2曲、MAKAIの独演によるインスト・ナンバー2曲、そして過去に好評を博した楽曲のリアレンジ版2曲がコンセプチュアルな順序で据えられた全8曲の構成で、ミニ・アルバムという窮屈な仕様ながら、彼の音楽における思慮深い気構えを手に取るように味わうことが出来る。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

MAKAI 『LOVE LITE』

2010年05月03日 19:30

LOVE LITE

ハウス界きってのイケメン・MAKAIのニューアルバム『LOVE LITE』(10.04.28)をレビュー。
ユニバーサルに移籍後初となる、通算5枚目のオリジナルアルバムです。

1. GET RED
2. I'LL BE THERE feat.MONDAY満ちる
3. Your #1 feat.Emyli&WISE

4. この場所で feat.日之内エミ
5. Answer feat.Ryohei
6. Stolen feat.宏実
7. I Belong 2 U feat.日之内エミ&Emyli&宏実
8. また会いたくて feat.AZU
9. Life is... feat.Ryohei&Sophia From Safarii
10. SET IT OFF

これまでに多数のアーティストをジャンル不問で招集し、自身の提唱するハウス・サウンドとの融合へ導いてきた彼。ただ今回は、そんな過去作とは少々様相が違うというか何というか・・。というのも、ユニバーサルに移籍した事が大きく作用しているんでしょうが、「ハウス」という枠組みに決して固執する事のない、良くも悪くもラフな作風になっているんですよね。キャッチーさに偏重したポップスありーの、はたまたコッテコテのスローバラードありーので、「これ本当に彼がプロデュースしたの?」と思わず耳を疑ってしまうような、新式のサウンドも数多く用意されています。まぁ個人的には、参加メンツとの相性も軒並み良く感じたし、何よりも彼の作品きっての、煌煌としたサウンド要素が思ったほど損なわれていなかったので、好意的に捉えているんですが、聴く人によって(特に元来からのMAKAIファン)は、大きな蟠りが生じる可能性が無きにしも非ずなので、あらかじめ聴く際には、それ相応の覚悟を以て挑まれる事を推奨しておきます。

[ 続きを読む ]

MAKAI 『LEGEND』

2009年03月30日 20:51

LEGEND

ハウスDJ・MAKAIのカバーアルバム『LEGEND』(09.03.25)をレビュー。
MAKAI自身のルーツにもなっているダンス・クラシックスを、数々のアーティストを招いてカバーした、全7曲収録のミニアルバムです。

1. I Beleive In Miracles feat.LISA
2. Relight My Fire feat.Ryohei&傳田真央
3. Dreamin' feat.日之内エミ
4. Finally feat.BENI
5. Gypsy Woman feat.yolis
6. I Know You,I Live You feat.AISHA
7. The Boss feat.日之内エミ

原曲の小気味よさを手堅く引継いだLISA客演のJackson Sistersカバー①『I Believe In Miracles』、Ryoheiと傳田真央の重厚なボーカル力を活かした②『Right My Fire』、原曲のソウルフルなヴァイブスをスパークルな爽やかさへと昇華した日之内エミによるカバー③『Dreamin'』、シンガーにBENIを迎えた正則ロッカディスコ・ハウス④『Finally』、ネオソウルシンガー・yolisの黒いリズム感が楽曲と抜群にマッチしたCrystal Watersのダンスヒット・カバー⑤『Gypsy Woman』、そして掘り出し物的シンガー・AISHA客演のファンキー極まりない⑥『I Know You,I Live You』などなど、

原曲を知らなかった楽曲がいくつかあったものの、清涼かつ快絶なハウス・ナンバーばかりなので、「カバーアルバムだ」というお堅い気負いをせずとも、十分に楽しめた1枚でした。LISA・日之内エミ・BENIら、シーンをときめくDIVA達の、エモーショナルなボーカル捌きにも要注目です。

★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒www.makai.tv/



ブログパーツ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。