スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KG 『愛のカタチ』

2014年04月03日 22:52

 

<EPレビュー>
KG 『愛のカタチ』 (2014/3/12)

1. めぐり逢えた
2. Come with me
3. My Lady
4. 記憶の果て
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

KG 『I AM HERE』

2012年09月17日 19:00


<アルバムレビュー>
KG 『I AM HERE』 (2012/8/29)

1. So bright
2. もっと愛したかった

3. 同じ空見上げて
4. Why
5. 聴こえているから
6. All I ever want
7. You're the sun for me

8. キミノヒカリ
9. I am here
10. How I start my day
11. I sing

12. 青空
[ 続きを読む ]

KG 『We are one』

2011年07月13日 19:30

   

We are one / KG (11.5.25)

1. Prologue
2. このまま2人で duet with Lisa Halim
3. 片想い duet with JAMOSA
4. If I Ain’t Got You
5. 今も胸の奥で duet with DJ KAORI
6. You're the one I need

7. 君がいたから
8. We are one
9. Epilogue


昨年2月のメジャーデビュー以降、相次ぐ女性陣との競演で支持を集めているKGR&Bシンガー:KGのミニ・アルバム。Lisa Halimを迎えた直向きなラブ・ソング②『このまま2人で』、KGと同じくコラボレーション経験豊富なJAMOSA客演による淡色ミドル③『片想い』など、本作でもオン・トレンドな歌い手との結束力高いデュエットが実現しているのだが、中でもとりわけ耳を惹くのが、日本のDJ界を代表する人気者:DJ KAORIと後ろ髪引かれる恋慕を掛け合った⑤『今も胸の奥で』。アコースティック・ギターをあしらったスパニッシュな曲調のもと、2者の憂鬱気味な応酬がグラデーションのように融け合う様は何とも儚く、それまでサウンド/歌詞ともに直接的なアプローチが主体だったKGの真新しい意欲が顔を覗かせている。

[ 続きを読む ]

KG 『Songs of Love』

2010年11月09日 19:00

   

KGのアルバム『Songs of Love』(10.10.20)をレビュー。
「Love for you」以来約8ヶ月ぶりとなる、自身初のフル・アルバムです。

1. どんなに離れても duet with AZU
2. By your side

3. いとしすぎて duet with Tiara
4. 誰よりも duet with 菅原紗由理
5. No,No,No
6. きっと、ずっと duet with MAY’S
7. Where Is The Love duet with Sowelu
8. Story
9. 君に言えなかった想い duet with May J.
10. また出逢えたなら… duet with HanaH
11. You’ll be alright

12. そのままで良いから
13. Intro to Song of love
14. Song of love duet with 中嶋ユキノ
[ 続きを読む ]

KG 『Love for you』

2010年03月01日 19:58

Love for you(初回限定盤)  

NATURAL8としても活動していた男性R&Bシンガー・KGのニューアルバム『Love for you』(10.02.24)をレビュー。May J.やTiaraらとのコラボレート楽曲を多数収録した、メジャーデビュー後初となるアルバムです。

1. Prologue
2. いとしすぎて duet with Tiara
3. 君に言えなかった想い duet with May J.
4. You can fly
5. Time after time duet with NOKKO
6. 叶わない恋でも... duet with 滴草由実
7. Everything
8. With You ~君といつまでも~ duet with MAY’S (Winter mix)
9. Epilogue

主な収録曲を追っていくと、
Tiaraとともに泡沫的な恋愛を歌う先行配信チューン②『いとしすぎて』、スイーツ(笑)受け必至のアプローチがくどいMay J.とのメロディアス・バラード③『君に言えなかった想い』、アコギ主導の軽やかなバックトラックに渋いKGのボーカルがズシリと乗っかるポップR&B④『You can fly』、NOKKOの浮遊感あるボーカルが良質なコントラストを引き起こすご存じCyndi Lauperのカバー⑤『Time after time』、哀感あるストリングスが心に迫る滴草由実客演の上作R&Bデュエット⑥『叶わない恋でも...』、ピアノとアコギだけを使用したシンプルなサウンド構成のもと、彼の奥床しい歌声を直に堪能出来るMISIAのビッグヒットカバー⑦『Everything』、そしてインディ・アルバム「With You」収録の同名曲を幻想的なアレンジでリメイクした⑧『With You ~君といつまでも~』などなど、

安定感あるカバー⑦や滴草由実との麗しいデュエット⑥など、彼の特質を活かした楽曲が多数収録されています。ハスキーなボーカルを駆使する彼のアーティスト性は大きな可能性を感じさせるものであり、今後はよりソウルフルな楽曲にもチャレンジしていってほしいです。



◆DEBUT ALBUM 『With You』のレビューはこちら

★★★★★★★☆☆☆
◆Official⇒http://www.kginfo.jp/index.html

ブログパーツ

KG 『With You』

2009年04月14日 20:00

With You

NATURAL8のメンバーとしても知られる男性R&Bシンガー・KGのデビューアルバム『With You』(09.04.08)をレビュー。MAY'SやGIPPERらの参加楽曲を含む全7曲収録です。

1. With You~君といつまでも~ feat.MAY'S
2. SEXY SEXY feat.GIPPER
3. Life
4. Direction
5. ツナガルオモイfeat.エムラスタ
6. 抱きしめたい
7. All The Love

主な収録曲を追っていくと、
MAY'Sとガッツリタッグを組んだ豊潤なデュエット・ラブソング①『With You~君といつまでも~』、①に引き続きMAY'SのNAUGHTY BO-Z a.k.a. 河井純一がプロデュースした男の色香蔓延るフロア・バンガー②『SEXY SEXY』、気負いしないリリックが好印象のミディアムR&B③『Life』、ソウル色強いピアノ・フレーズが泥臭くムードを盛り立てるRomancrewのエムラスタ客演作⑤『ツナガルオモイ』、オルガンが主導するMr.Childrenの名曲カバー⑥『抱きしめたい』、そして映画「ララピポ」挿入歌に抜擢されたいぶし銀バラッド⑦『All The Love』などなど、

独特な奥深さを醸す歌声を武器に、どんな楽曲もスムーズな身のこなしで魅了してくれる、ことごとくジェントル仕様の1枚です。特にミスチルのカバーの出来が想像以上に良かったので、この場を借りて推しておきます。JAY'EDやJunear、はたまた久保田利伸のような、ソウルフルさと歌謡的節回しの両方を得意とする柔軟なR&Bアーティストが好きな方には持って来いな内容になっているので、嗜好に当てはまる方は是非チェックを。

★★★★★★★★☆☆

ブログパーツ
[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。