スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The New Classics 『STORY』

2009年08月08日 20:44

STORY  

Asu、Kaz、GregからなるR&B/HIP HOPグループ・The New Classicsのアルバム『STORY』(09.07.15)をレビュー。メジャーデビュー後初となるフルアルバムです。

1. KANSHA feat.WISE,May J.
2. Dreamland feat.YA-KYIM
3. 手紙
4. I loved you
5. ~Interlude~
6. Someday Somewhere Someone
7. 冬桜
8. The Story of My Life
9. 夜虹
10. ~Interlude~
11. One of a Kind
12. T.G.I.F. feat.Ai from RSP
13. 最後の夏休み
14. 渇かないナミダ

主な収録曲を追っていくと、
May J.とWISEを招いた穏和なHIP POPソング①『KANSHA』、こちらはYA-KYIM客演のFUNK色強いアッパー②『Dreamland』、美メロ取り巻く切ないラブソング④『I loved you』、Vlidgeっぽいテイストの繊細なトラックが気持ちよいR&Bチューン⑥『Someday Somewhere Someone』、説得力を込めて丁寧に歌い上げるハートウォーミングな1stシングル⑦『冬桜』、ピアノを軸にした清潔感溢れるミドルチューン⑧『The Story of My Life』、従来には見られなかった疾走感が魅力の4つ打ちナンバー⑪『One of a Kind』、フロアーでの恋を歌ったグルーヴィーなパーティーチューン⑫『T.G.I.F』、そして緩いアコースティックサウンドで展開するおセンチバラッド⑭『渇かないナミダ』などなど、

とことんアップに打ち込んだ⑪や本流のR&Bアプローチで男の色気を振りまく⑥など、ミニアルバム『BIRTH』やシングル作では窺いしきれなかった、彼らの多様な表情が詰まった1枚です。「メロウさ」だけが決して彼らの魅力のすべてではないという事を、今作を聴いて、つくづく思い知らされた気がします。

トラックメーカーでは、HI-Dとの仕事などで知られるEQが大健闘。前述の⑪をはじめ、対照的なスローである④なども担当し、彼らの音楽性を的確にアシストする、見事なプロデュースぶりを発揮してくれました。そのほか宏実の「RAINBOW」への参加も記憶に新しい新鋭・fink bro.も、⑥で才能の一端を爽快なまでに見せつけてくれました。大いにGJ!



◆DEBUT MINI ALBUM 『BIRTH』のレビューはこちら
★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://www.thenewclassics.com/

ブログパーツ
スポンサーサイト

The New Classics 『BIRTH』

2009年04月24日 11:30



Asu(Vo.)、Kaz(Vo.)、Greg(MC)からなる男性3人組ユニット・The New Classicsのデビューミニアルバム『BIRTH』(08.10.15)をレビュー。リード曲『星も飛ばされそうな』を含む全8曲収録です。

1. 星も飛ばされそうな
2. Dear Music
3. Love in Fall
4. Studio(Skit)
5. ごめんね ~海の向こうのキミへ~
6. You’ve Got a Friend
7. 出逢った頃に戻れたなら
8. HOPE

主な収録曲を追っていくと、
飾り気ない旋律を甘いボーカルがなぞるほっこりバラッド①『星も飛ばされそうな』、アコースティック・サウンドの持ち味を最大限に出し尽くしたスモーキー情緒のR&B②『Dear Music』、ぼやけたハープが幻想的な感覚へいざなう真摯なラブソング③『Love in Fall』、ダンスホール調のリズムに遠距離恋愛の歯がゆさを綴ったリリックが滲むミッド・ダンサー⑤『ごめんね~海の向こうのキミへ~』、UTAによるメロディアスなトラックが秀逸の優しさ溢れる友情歌⑥『You've Got a Friend』、そして昨今の歌モノラップの系譜を踏襲した小気味よいメロで展開するポジティブな大団円⑧『HOPE』などなど、

柔らかくも芯の通ったツインボーカルと、Gregのメッセージ強いラップが三位一体となり、聴く者に心地よい音楽的「刺激」をもたらしてくれる手堅いR&B盤になっています。また、この手の音楽では辛辣な評価がつきもののリリックにおいても、その一言一句が洗練されたメロディーとしっかり呼応し結びついており、「日本語の語感や語呂の持つ独特の趣致が、R&Bにこんなにも馴染むもんなんだ!」と、当初聴いた際には思わず唸ってしまったほどです。今後Nao'ymtあたりと組めば、より気持ちいいグルーヴが生まれそうですね~ひそかに期待!



★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒http://tnc.thenewclassics.com/1/
◆MySpace(何曲か試聴出来ます)⇒http://www.myspace.com/newclassicsthe

ブログパーツ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。