スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEG 『MAVERICK』

2010年07月03日 21:35

  

MEGのニューアルバム『MAVERICK』(10.06.23)をレビュー。
THE SHANGHAI RESTORATION PROJECTをプロデューサーに迎えた前作「Journey」以来、約10ヶ月ぶりとなるアルバム作品です。

1. N07B
2. GRAY
3. DESTINATION

4. HANABI
5. MOSHIMO
6. GROOVY
7. YOU

8. SECRET ADVENTURE
9. OUR SPACE
10. STORY
11. MAVERICK


その「Journey」では、アジアンな香り芳しい幽玄なエレクトロ・ミュージックに果敢にも足を踏み入れたMEG女史ですが、今作では無事(と言っていいのかどうかはさておき)、天下の中田ヤスタカ擁する制作環境へと帰還、両者の相性の良さを決定づける、カラフルな音世界満載の逸品になっております。そして今回は、三十路を目前にして意気が爆発したのか、ヤスタカ印の明快エレクトロ路線からさらに高みの次元を目指した、有機的なサウンド群が印象強く飛び込んでくるのも特徴で、音楽に貪欲な彼女らしい多彩なギミックが、いじらしく随所に散りばめられているんですよね。憎すぎる!

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

MEG 『BEAUTIFUL』

2009年05月27日 19:40

BEAUTIFUL(初回限定盤)(DVD付)

MEGのニューアルバム『BEAUTIFUL』(09.05.27)をレビュー。
通算6枚目、中田ヤスタカの全曲プロデュース作品としては、通算3枚目にあたるオリジナルアルバムです。

1. DAYS
2. PRECIOUS
3. TELEPHONE
4. LIES
5. STAR
6. STAND
7. WHY
8. JOKER
9. SKIN
10. BEAUTIFUL



主な収録曲を追っていくと、
甘美なメロディーが心くすぐるシングル曲②『PRECIOUS』、オートチューン大盤振る舞いのスムース・エレクトロの極致③『TELEPHONE』、バキバキのシンセサウンドのもとアンニュイにフロウする変態曲④『LIES』、Perfumeの「マカロニ」と「願い」を足して2で割ったような仕上がりの悠然ミディアム⑤『STAR』、小気味よい譜割りに魅せられるラテンアプローチの裏打ちアップ⑥『STAND』、ystk氏お得意のフラットビートを敷いたディスコティック・チューン⑦『WHY』、無機質なコード進行で展開する、恋愛をトランプゲームに見立てた⑧『JOKER』、あからさまにピコピコアレンジを施した前衛的ダンス・トラック⑨『SKIN』、そしてキャッチー&キュートな装いのミドル・ハウス⑩『BEAUTIFUL』などなど、

すっかり手堅いものと認知された中田氏との相性の良さはもとい、彼女の”毒っぽいキュートさ”を、今作でも心行くまで堪能出来る事かと思います。ただその反面、さすがに中田氏のネタ切れ感が否めなくなってきているようにも感じたので、欲を言うなら、もう少しサウンド面で大胆に「意表」を突いて欲しかったところ。安定感に関しては、彼の場合、何をどう作ろうがある程度保証されているわけですから。



「意表」といえば、今作には収録されなかった、Hadouken!プロデュースのシングル『FREAK』(中田氏がRemixしたMVが、付属のDVDに収録されています)。あれ結構好きやのになぁ~・・・。まぁ彼女のブログによると、今年はまだアルバムのリリースが控えているようなので、そちらに収録されるかもですね。注目です。



★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒http://megweb.jp/

ブログパーツ


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。