スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村山晋一郎 『軌跡』

2009年08月22日 19:30

軌跡

今日まで様々なアーティストをプロデュースしてきたJ-R&B界の大御所・村山晋一郎のアルバム『軌跡』(06.04.27)をレビュー。彼自身が歌い手としてリリースした、初めてのソロCD作品です。

1. Tomorrow(a cappella intro)
2. Reach The Sky
3. たどりつくまで
4. After The Love Is Gone
5. Mind Journey To Infinity(interlude)
6. So Long
7. All About You
8. いつの日か
9. To The Other Side
10. Dignity(interlude)
11. 軌跡
12. 生まれかわっても
13. 未来
14. Hope(a cappella outro)
15. Danger Zone

内容は、ミディアムテンポやスロー中心の、極めておしとやかな構成。
平井堅っぽい節回しが冴えるハートウォーミングなバラード②『Reach The Sky』、和風なメロディーが愁いを醸す③『たどりつくまで』、弾力あるシンセを纏ったR&Bチューン④『After The Love Is Gone』、Full Of Harmonyあたりが歌ってもバッチリ嵌りそうなラブソング⑦『All About You』、歌唱・メロともにこの上なく甘美に振る舞うファンク・ソウル⑨『To The Other Side』、後に芦沢みゆきがカバーした涙ちょちょ切れる事必至のバラード⑫『生まれ変わっても』、そしてボーナストラックとして収録されている今作唯一のセクシーダンサー⑮『Danger Zone』などなど、

お手製の美麗な旋律で彩られた、アーバンもの好きには持ってこいの1枚です。
村山氏自身の歌声が良くも悪くも「アクのない清い声質」なので、中盤のスローラッシュには、少々中弛みを感じてしまわなくもないんですが、それも含めた全体から滲み出る豊潤な大人の威厳は、彼自身が年齢とキャリアを積み重ねてごく自然的に生じた賜物であり、「さすがだなぁ」と舌を巻かざるを得ません。

プロデュース業で辣腕を振るう彼と、繊細な世界観を紳士的に振る舞うシンガーとしての彼。
溢れんばかりの才能を持ってて、羨ましい限りです。



★★★★★★★★☆☆
◆myspace⇒http://www.myspace.com/murayamashinichiro

ブログパーツ
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。