スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JHETT a.k.a.YAKKO FOR AQUARIUS 『JHETT』

2009年09月29日 19:30

JHETT

HIP HOPシーンにその名を轟かせるトラックメイカー・JHETT a.k.a.YAKKO for AQUARIUSのプロジェクトアルバム『JHETT』(05.03.24)をレビュー。安室奈美恵、倖田來未、Soweluら女性歌手を多数招き、彼なりのコンセプトのもと、「R&B」を表現した内容です。

1. Intro feat.ia
2. Get Ready-Nite 2 Remember- feat.Sowelu&BIG-O
3. Do or Die feat.安室奈美恵
4. Oh Boy feat.Heartsdales
5. Sweetest feat.LISA
6. Just Go feat.倖田來未
7. Heart Breaker feat.RINKO URASHIMA
8. Leave It To Fate feat.LORI FINE(COLDFEET)
9. Get Out feat.YUKI(YeLLOW Generation)
10. Call U Every Nite feat.MICHICO
11. Everything Inside of Me feat.Lena Park
12. Outro feat.ia
13. Uh...Uh...(Ver.2K5) / SUITE CHIC feat.AI



主な収録曲を追っていくと、
Shalamarの「Night to Remember」をまんまサンプリングした、SoweluとBIG-O客演の品あるパーティーチューン②『Get Ready-Nite 2 Remember-』、安室奈美恵×MICHICOの名タッグで送る張り詰めた空気感がたまらない重量級R&B③『Do or Die』、ロートーンで歌うRumと溌剌としたフロウを堅実にこなすJewelsの対比が楽しい④『Oh Boy』、尖ったビートに心煽られる倖田來未によるミドルダンサー⑥『Just Go』、ドリカム吉田美和とのユニット「FUNK THE PEANUTS」でも知られる浦嶋りんこのパワフルなボーカルに圧倒されるメロウバラッド⑦『Heart Breaker』、解散したイエジェネのメインボーカル・YUKIを迎えた異色の切迫アップ⑨『Get Out』、MICHICOが和心あるしなやかなトラックを縫うように歌い上げる⑩『Call U Every Nite』、日本デビューも果たしたアジアの歌姫・Lena Parkによるクラシックソウルの香り芳しいスロー⑪『Everything Inside of Me』、そしてYAKKOがトラックを提供したSUITE CHIC名義「Uh...Uh...」のベースライン主導のRemix⑬『Uh...Uh...(Ver.2K5)』などなど、

サウンドに一貫性を持たせつつ、各アーティストに見合った楽曲をキチンと提供しているあたり、彼の鋭いセンスが活かされたアルバムだなと思います。ただ自身元来の作風を押し出すあまり、中には「R&B」と呼ぶにはほど遠い楽曲もあるので、「やっぱり彼には、HIP HOP畑で思う存分暴れて欲しい」というのが、購入当初からの本音です・・・と言いつつ、独特の質感を持つトラックはいつ聴いても魅力的ですし、人選も斬新どころが多いので、何だかんだで今も尚BGMとして重宝させてもらってはいるんですがw とりあえず、MICHICOの携わった③⑦⑩あたりは神!

ちなみにDisc2には、90年代を騒がせた女性R&B楽曲が核となった、洋楽MIXが収録されています。

  

★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒http://www.avexnet.or.jp/jhett/index.html

ブログパーツ
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。