スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JINE 『Classics』

2014年04月07日 20:35



<アルバムレビュー>
JINE 『Classics』 (2014/3/19)

1. All Over
2. Superhero
3. If I Said
4. Pony

5. Crazy -One Love-
6. Monochrome
7. Let Me
8. No Respect
9. Another Man f/ Kozo
10. Bedroom

11. Intro
12. Make U Move
13. Private Room
14. I'll Never
15. Crazy

16. Outro
17. Winter Anthem
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

Jine 『Winter Anthem』:シングルレビュー特別篇

2010年12月13日 19:00

 

≪Jineからファンへ。幸せ運ぶクリスマス・ギフト≫

 10月にリリースした『Let Me』を以て、楽曲発表は一旦区切りがついたように思えたJine。
そんな彼らから昨日、まさかの新曲『Winter Anthem』が到着。それも、今年自らの復帰を心から喜び、半年を跨いだ連続リリースを常に応援してくれたファンのために、公式サイトにて無料で配布するという驚異の太っ腹っぷり。無料ですよ、無料。こんなサービス精神が現行のシーンにまだ残っていたとは。これもNao'ymtをはじめとするメンバーの、ただひたすらに良い音楽を普及させたいとする志がもたらした賜物なのでしょう。また、外部での宣伝を一切行わなず半ば不意打ちで発表したあたりからも、彼ららしい謙虚さと直向きさがひしひしと伝わってきて、思わず顔が綻びました。だから皆さん、ここは有り難く受け取ろうじゃありませんか。音楽、そしてR&Bを愛してやまない3人のサンタからの、とびきり愛がこもった”クリスマス・プレゼント”を・・・。
(超余談ですが、この時期になると蔓延る、「~からのクリスマス・プレゼント!」とかいう上から目線丸出しの謳い文句が気に食いません。だって、金銭注ぎ込んで消費するのって結局はリスナーでしょ。)
[ 続きを読む ]

Jine 『Let Me』:シングルレビュー特別篇

2010年10月29日 19:00

 

≪目映き現行スタイル。たゆまぬ彼らが絡げたひとつの結び目≫

今年5月のシングル「Superhero」で高らかに復活を果たした彼らの活動も、本作を以て一段落です。

Jineが、6ヶ月連続リリースのラストを飾るシングル『Let Me』をこの度遂にドロップ。
今回は、失意のどん底を描いた前作「Monochrome」での陰鬱さを晴らすかの如く、要所で洒落っ気を発揮したとびきりアーバンな1曲に仕上がっています。半年にわたる精力的な活動の締めにこうした現行意識のアプローチを仕掛けてくるとは、正直予想だにしていなかったのですが、ただ単に洗練さを掘り下げるのではなく、”Jine”という孤高たるフィルターを介し、咀嚼を重ねた上でトレンドを追求しているのは、本作を聴いた方なら明々白々のことでしょう。この唯一無二の”オリジナリティ”と、大衆の琴線にも射程を定めた”聴きやすさ”との絶妙な均整。最高傑作と謳うに申し分ない要素が敷き詰められた、彼らの”今”を象る名曲が誕生しました。
[ 続きを読む ]

Jine 『Crazy -One Love-』:シングルレビュー特別篇

2010年08月05日 19:00

 

≪寞々とうねる彼らの"大海"へ、心揺るがす旅に出よう。≫

5月からの連続リリースも今回で4作目。
Jineが、この夏を少し優雅に過ごすためのマスト・ソング『Crazy -One Love-』をリリースしました。
ジャケットからも見て取れるように、今回のテーマカラーは「青」。
澄み切った青空、絵に描いたような群青の海、そして静の"象徴"--- 
日常離れした癒しの空間を、いつもの如くスムースに、そして情景豊かに演出してくれる、誇らしきスローナンバーです。先月の『Pony』リリース以降、「次の曲はリリース時期が真夏だし、彼らならではの爽やかな曲が聴きたいなぁ」と、早くから次回作に胸を膨らませていたのですが、これぞまさしく、俺が待ち望んでいた曲そのもの。開放的でいて、でもちょっぴり切なくスイートって・・・最高すぎるじゃないですか!
[ 続きを読む ]

Jine 『Pony』:ニューシングルレビュー特別篇

2010年07月07日 22:00



≪やまぬ快進撃。婀娜きわまりない最高級のJ-R&Bを体感せよ!≫

先月配信リリースした『If I Said』が、iTMSのR&Bチャートで見事首位を獲得したJine。
それもそのはず、彼らきっての持ち味である繊細なボーカルワークと、手腕家:Nao'ymt氏による粗なきプロデュース力が遺憾なく投影された、邦楽R&Bシーンの水準値をいとも容易く振り切るほどの名ミッドだったのですから。

そんな話題沸騰の彼らが、早くも再始動後3曲目となる配信シングル『Pony』を本日リリース。
七夕だけあって、「さぞかしロマンティックでメロディアスな楽曲が用意されているんだろうな」とニヤニヤしながら腹帯を締めて掛かって挑んだところ、意外にも彼らが提示してきたのは、卑猥さ漂うハーコー路線のR&Bダンサー。これにはまんまと意表を突かれてしまったのですが、リスナーの予想を遙かに上回った境地を見せてくれてこそ、我らがJineというもの。今回も、うんと楽しませてもらいますよ!
[ 続きを読む ]

Jine 『If I Said』:ニューシングルレビュー特別篇

2010年06月09日 20:00



≪驚愕の世界観、絶異の余韻。これぞ、彼らにしかできない"R&B"≫


先月、デジタル・シングル「Superhero」を以て表舞台へとカムバックした、J-R&B界のリーサルウェポンことJine。
その彼らが、早くも次の配信曲『If I Said』を、本日・6月9日にドロップ。イントロを聴いた瞬間から五感がざわつき始め、聴き終わる頃にはもう完全に虜。「これでこそJine!最高や!」と高らかに喧伝せずにはいられない、磐石の逸品に仕上がっています。

[ 続きを読む ]

Jine 『Jine』

2009年11月05日 19:30



1998年に結成された、Nao'ymt、Jun、Eijiからなるボーカルグループ・Jineのミニアルバム『Jine』(00.03.25)をレビュー。Jine名義としては、現時点で最初で最後のアルバム作品です。Nao'ymtがプロデューサーとして名を馳せ始めてから、需要が一気に増加し価格が急騰。くわえて現在は廃盤となっているので、非常にレア度の高い1枚です。

1. Intro
2. Make U Move
3. Private Room
4. I'll Never
5. Crazy
6. Outro
7. Make U Move(Hybrid Works Smooth Groove pt.2)


[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。