スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLΛTINUM 『LOVE FIGHTER』

2009年11月16日 19:30

LOVE FIGHTER(DVD付)  
Dreamusicの放った3人組女性ボーカルユニット・PLΛTINUMのアルバム『LOVE FIGHTER』(09.11.04)をレビュー。メジャーデビュー以降のシングル4枚を含む、全13曲収録です。

1. Asian World
2. Fighter
3. DEDICATED TO YOU
4. Song 4 U
5. Actually
6. Mermaid
7. Beauty Heart
8. LOVE
9. Try again
10. darlin' or honey
11. What,wha-wha-wha
12. サダメラレタウンメイ~Predestine 19~
13. a cappella (Bonus Track)

アルバムの特設サイトをご覧頂ければ分かるんですが、「女子の気持ちをストレートに伝える」という彼女らの趣旨に沿った歌詞の内容が、かなりスイーツ(笑)臭い煽り方ではありますが、今作では大きくフォーカスされています。主な収録曲を追っていくと、けたたましいロックサウンドをベースにした闘志溢れるアップナンバー②『Fighter』、大恋愛した過去を前向きに見据えるデビュー曲③『DEDICATED TO YOU』、着うたヒットを記録した切なくも清々しい片想いチューン④『Song 4 U』、「自分らしく輝こう!」と女子に訴える”モテカワ☆ソング(特設サイトより)”⑦『Beauty Heart』、「ここに~い~る~からぁ~」と寂しげに歌う虚ろなミディアム⑧『LOVE』、ポジティブシンキングを明快な曲調で表現した2ndシングル⑨『Try again』、裏打ちのジャジーなリズムでシックにキメる⑩『darlin' or honey』、そして四季折々の情景を並べた3rdシングルであるバラード⑫『サダメラレタウンメイ~Predestine 19~』などなど、主に恋愛を扱った芯の強い楽曲が軒を連ねています。

ただ全体を取り巻く特有の「安っぽさ」は何なんでしょうか。
前述の歌詞は一旦置いておくにしても、サウンドや3人のボーカルなど、楽曲を擁する要素がどれもひどく中途半端な仕上がりで、カタルシスの感じようがありません、特にサウンド面。チープさを意図的に押し出してるのかそうじゃないのか、素人作のDTM並にペラッペラで気迫のない作りなので、「これで金取ったのか」といささか憤慨しそうになりました。まぁデビュー時からその兆候はあったので、それを見抜ききれなかった俺もアレなんですが。ただ先行シングルである⑧『LOVE』は結構好きです。というか、「LOVE」目当てで購入したも同然でしたw こういう何気なく泡沫的な雰囲気を醸してる曲は、いくつになっても好きっす。



★★★★★★☆☆☆☆
◆Official⇒http://www.platinum39.com/
◆ALBUM Special Site⇒http://www.dreamusic.co.jp/platinum_sp/index.html

ブログパーツ
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。