スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SO-TA 『Why』

2009年11月21日 19:38

Why

現役大学生の新鋭男性シンガー・SO-TAのデビューアルバム『Why』(09.11.19)をレビュー。LGYankees率いるNO DOUBT TRACKSに所属しており、LGYankeesのHIROがエグゼクティブプロデューサーを担っているほか、レーベルメイトのNoaらが客演参加しています。

1. Intro
2. foolish love
3. 雨の記憶
4. The Way II Dream feat. GIO
5. 恋のリダイヤル★ feat. Noa
6. Punishment feat. Clef
7. overcome
8. come true
9. ただ…君を… feat. LGYankees(DJ No.2)
10. LAST SONG
11. Precious Days feat. 中村舞子
12. Outro



主な収録曲を追っていくと、
宇宙空間に放り出されてたような開放感を味わえる幻想的アッパーチューン②『foolish love』、ウェットな質感のシンセR&B④『The WayⅡDream』、ふざけたタイトルとは裏腹になかなか本格的なコラボで魅せてくれるNoa客演曲⑤『恋のリダイヤル★』、3人組ボーカルグループであるClefとの甘いコーラスワークが妙味な切ないR&Bバラード⑥『Punishment』、エッジの立ったサウンドと畳みかけるメロディーでシリアスに切迫感を表現した⑦『overcome』、メロディアスなピアノループのもと歌ラップを披露するしっとりミディアム⑩『LAST SONG』、そしてLGYankeesの秘蔵っ子・中村舞子を迎えて滑らかにデュエットする大らかなスローナンバー⑪『Precious Days』などなど、

ラインナップされている曲調はイマイチ面白みに欠けるものの、持ち前の中性的で伸びのある歌声を終始フルに活用しており、「どこにでもいそうなシンガー」と一括りにして片付けるには、少々勿体ない存在の歌い手さんだなと思いました。あとは表現力の深みがもう少し向上してくれれば最高なんやけどなぁ。とりあえず、清水翔太が好きな人には持ってこいのタイプかと思います(・∀・)

  

★★★★★★★☆☆☆
◆Official⇒http://nodoubttracks.com/al_so-ta.php


ブログパーツ
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。