スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

miray 『Foreplay』

2009年12月04日 19:30

Foreplay  
今年7月にメジャーデビューを果たしたレゲエシーンの女性シンガー・mirayのアルバム『Foreplay』(09.11.22)をレビュー。BLACK BISCUITSのカバー「タイミング」を含む、全7曲収録です。

1. Proof of Love
2. Tek Weh Yuh Self feat.DOMINO-KAT
3. Foreplay feat.CORN HEAD
4. タイミング
5. 恋しくて~You're not here~
6. Just Listen feat.DJ KAORI
7. 涙

主な収録曲を追っていくと、
今井大介氏による小奇麗なポップサウンド弾けるソカ風ダンサー①『Proof of Love』、熱血漢なDOMINO-KATのフロウを従えたDJ YUTAKAプロデュースのダンスホールチューン②『Tek Weh Yuh Self』、Rihannaの「Pon De Replay」ライクなリディムに淡いメロディーが乗っかったタイトルトラック③『Foreplay』、BLACK BISCUITSのヒット曲をラバーズロック調アレンジでしっとりカバーした④『タイミング』、透き通る彼女のボーカルが静閑なアコースティックサウンドに響き渡る切ないバラード⑤『恋しくて~You're not here~』、そしてケオリー(笑)がバックアップしたスムージーで馴染みの良いアップ⑥『Just Listen』などなど、

ポップスを主軸にした楽曲が軒を連ねる、レゲエに頓着のない方にも「受け入れられやすい」仕様になっていると思います。MUNEHIROやleccaら、他のレゲエ/ダンスホール系アーティストとは一線を画した「フランクで肩肘張らないアプローチ」は、今後音楽活動を続けていく上で大きな強みになる事でしょう。まぁ最も、レコ社であるavexは、彼女のことを「ジャパレゲ界の西野カナ」的ポジションに仕立て上げる事しか頭にないんでしょうがw汗



★★★★★★★☆☆☆
◆Official⇒http://miray.cc/
ブログパーツ
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。