スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福原タカヨシ 『ETERNAL PRESENT』

2009年12月22日 19:30

ETERNAL PRESENT  

ゴスペルをルーツに持つシンガーソングライター・福原タカヨシのニューアルバム『ETERNAL PRESENT』(09.12.18)をレビュー。iTMSで配信されているシングル「翼のない鳥」ほか、話題曲が収録された全15曲収録です。

1. 翼のない鳥
2. Unchanging Love
3. 螺旋 -round and round- feat.SAL the soul
4. Believers -浪漫SOULⅡ-
5. Forever (Duet with Yasuhiro Sakake from SBB)
6. Eternal Present -Interlude-
7. Shine
8. Inside My Love
9. Naked Soul
10. The Time To 911
11. GD BD- Skit-
12. Good Day, Bad Day
13. そして僕を愛して-Live Session-
14. シナリオ
15. Step By Step

主な収録曲を追っていくと、
2007年にリリースされたフォーキーな2ndシングル①『翼のない鳥』、J-R&B黎明期を彷彿させる冷ややかなR&Bトラックを敷いた②『Unchanging Love』、今年のコンピ盤「Emotion」に収録されていた儚い旋律使いのミディアム③『螺旋 -round and round-』、芳醇な歌声がスモーキーに漂う泥臭さ満点のソウルチューン④『Believers -浪漫SOULⅡ-』、ブルージーなギターがアダルトな空気を滴らせるバラッド⑤『Forever』、生音による淡いサウンド展開にソウルの妙味を味わえるMinnie Ripertonの名曲カバー⑧『Inside My Love』、切れ味抜群のエレキギターをフィーチャーしたフランクなミドルポップ⑫『Good Day,Bad Day』、故・ORITO氏の1997年のシングル曲をアコギオンリーでカバーした⑬『そして僕を愛して』、そして堅実なメッセージを込めた合唱曲っぽい静閑ピアノアレンジによるスロー⑮『Step By Step』などなど、

①や⑭など、ギターを主軸にしたアコースティック一直線の楽曲はちょっと苦手なんですが、一方で②から⑧あたりまでのソウルマナーに則った流れでは、グルーヴ堪能な彼のボーカルを心底味わう事が出来たので、満足しています。ちなみに最新号のbmr誌にも今作のレビューが掲載されており、「例えるなら、R&Bをしていた頃の平井堅」というような言い回しがなされていたんですが、個人的には平井堅に加え、久保田利伸っぽい要素も強く息づいているなと感じました。⑤での歯切れの良さと、アンニュイさが同居したボーカルワークとか特にね。

聴きやすいカバーも収録されていますし、ネオソウルや、上記の平井堅・久保田利伸が好きな方はチェックしてみてください。
今後注目のシンガーさんです。



★★★★★★★★☆☆
◆Blog⇒http://blog.livedoor.jp/fukuhara_takayoshi/

ブログパーツ
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。