スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tiara 『Emotion』

2013年02月03日 02:30

 
<アルバムレビュー>
Tiara 『Emotion』 (2012/1/23)

1. ただいまと言えるまで (作詞・作曲:川村結花)
2.あなたのとなり (作詞・作曲:古内東子)
3. アンブレラ (作詞・作曲:広瀬香美)
4. I Miss You (作詞・作曲:JYONGRI)
5. カムフラージュ (作詞・作曲:Tiara)
6. ゆみはりづき (作詞・作曲:熊木杏里)
7. Valentine Eve (作詞・作曲:EPO)
8. フィナーレ (作詞・作曲:矢井田瞳)
9. Everlasting Love (作詞・作曲:露崎春女)
10. 初恋 (作詞・作曲:岡本真夜)
11.あの花みたいに (作詞・作曲:平松愛理)
12. Winding road (作詞・作曲:川嶋あい)
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

Tiara 『Message for you』

2010年05月16日 09:26

Message for you  
Tiaraのニューアルバム『Message for you』(10.05.12)をレビュー。
メジャーデビュー後、初となるアルバム作品です。

1. Prelude
2. Love is・・・ with KG
3. さよならをキミに・・・ feat. Spontania
4. My best friend
5. 君がふたり
6. Tell me

7. It's my way
8. Lifestyle
9. 誰より好きなのに

10. Precious Love
11. 好きでいさせて
12. キミがおしえてくれた事 feat.SEAMO

13. 虹を描けば
14. Postlude

昨年9月のメジャーデビュー以降、毎シングルで、他アーティストとのコラボレーションを試みてきた彼女。
そんな第1章の完結盤とも言える今作では、Nao'ymt、古内東子、UTA、岡本真夜、Sinといった、多数の著名作家/トラックメーカーを従え、「制作者との直結的なコラボレーション」をも、能動性を以てアピールしにかかっています。これだけの布陣が一堂に会したということは勿論、制作サイドの一種の奔走の「成果」だと思うのですが、それ以上にやはり彼女が、将来を有望視され、業界からも期待されているアーティストだからこそだと、俺は思うんです。下積み時代から、バック・ボーカリストとして、そしてソロシンガーとして、着実にキャリアとパイプを築いてきた彼女が打ち出した、一つの「成果」とは――

[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。