スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUITE CHIC 『WHEN POP HITS THE FAN』

2010年05月20日 22:34

WHEN POP HITS THE FAN (CCCD)

『J.B.S. 2nd Anniversary 4大企画』、2日目は、現在の安室奈美恵が存在するのはこの1枚のおかげ、といっても決して過言ではない、SUITE CHICのアルバム『WHEN POP HITS THE FAN』(03.02.26)をレビュー。

m-floのVERBALと、今井了介によって発起されたこのプロジェクトは、日本のHIP HOP/R&Bシーンを代表する多数のビッグネームを巻き込み、当時小室哲哉プロデュースから離脱して燻っていた安室ちゃんを、一躍ハイクラスなR&Bエンターテイナーに仕立て上げたことで、大きな話題を呼びました。この作品で、「自分の好きな音楽と対峙する」ことに対する確たる自信を体得した安室ちゃんは、以降現在まで続く、強力なR&B路線へと本格的にシフトチェンジ。それからは売り上げ低迷で、今ひとつ浮かなかった当時の環境を徐々にではありますが打開し、ついには世が憧れ認める魅惑のトップ・アイコンへと、見事なまでに返り咲いたわけですから、今作のもたらした彼女への影響力は、とても容易に計り知れるものではありません。逞しい今の彼女のスタイルに感化されて、現行のシーンが活気づいている部分も少なからずあるでしょうし、そういう意味では、寧ろ俺たちリスナーやファンが、今作の至高のクオリティに、心から感謝しなければいけないくらいなのでしょう。

1. hits the fan
2. What's on your mind feat.XBS
3. GOOD LIFE feat.FIRSTKLAS
4. baby be mine
5. We got time
6. Without me
7. segway
8. DAMN FIGHT
9. Not This Time
10. WHAT IF feat.VERBAL(m-flo)
11. "Uh Uh,,,,,," feat.AI
12. SING MY LIFE feat. DABO
13. ain't yours
14. segway
15. SIGNS OF LIFE
16. Just Say So feat.VERBAL(m-flo)
17. sweet and chic


一応、「俺の青春時代を彩ったアルバム特集」の一環でレビューを書いているので言及させてもらいますが、今作がリリースされる以前の安室ちゃんのイメージというのは、俺の周囲でも正直言って、あまりよろしいものではなかったんですよね。寧ろ「えらい落ちぶれたなぁ」と嘲笑されることの方が多かったくらいで。そんな中でも、いちリスナー、いちファンとして、彼女のことを陰ながら応援していた俺だったんですが、この「WHEN POP HITS THE FAN」がドロップされた際は、それはそれは手放しで大喜びした記憶がありますw その年にリリースされたシングルが、2つともバラード曲だったっていうところも大きいんだけど、やっぱり「彼女は歌って"踊る"からこそ持ち味が発揮されるんだ」っていう持論が当時から強くあったので、踊るどころか、最新鋭のR&B/HIP HOPサウンドを、革新的に自分のフィルターを通じて大衆へ発信している今作には無論、大層な衝撃を受け、しばらくの間は、ただただ敬服しながら聴いてましたね。


前置きが少し長くなりましたが、それだけ俺にとって強い思い入れのある作品なので、今回は、インタールードを含めた全曲レビューでお送りしたいと思います。散漫に感じる箇所もあるとは思いますが、ご了承ください。


[ 続きを読む ]
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。