スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雅 『Music is my life』

2010年07月19日 19:00

  

関西のクラブシーンで活動する大雅のデビューアルバム『Music is my life』(10.07.14)をレビュー。
かのSUGAR SHACK大阪公演のOPアクトを務めた経歴を持つ、若手男性シンガーです。

1. Music is my life
2. Girlfriend
3. HANABI
4. If you were my girl
5. I think of you.

初めてクラブで歌っている姿を見たときの第一印象は、「な、何やこのジャイアンリサイタルは・・・(唖然⇒閉口⇒失笑)」。やんちゃなビジュアルからは一見想像もつかない、やさしく直向きな男心を歌い上げるアーティスト:大雅が、この度念願であったデビュー盤をリリース。お世辞にも褒められたものではない歌唱力を、あらかじめクラブでのパフォーマンスを通して嫌と言うほど脳内にインプットしていたので、一時は購入を躊躇ったのですが、「整った環境下で制作するCDなら、さすがに安定した歌声を聴かせてくれるのではないか」という一欠片の希望と、ネットでの発掘がすっかり主体となってしまっている俺にしては珍しく、「生のステージを観て、初めて(良くも悪くも)存在が気になった歌い手」ということも後押しして、半ば博打的発想で購入へと踏み切りました。果たして、俺の「願い」は無事に報われたのか。追記にて、今作の深層に迫ります。


[ 続きを読む ]
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。