スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 『⊿(トライアングル)』

2009年07月10日 19:20

トライアングル(初回限定盤)

Perfumeのニューアルバム『⊿(トライアングル)』(09.07.08)をレビュー。
「love the world」「ワンルーム・ディスコ」などのヒットシングル3曲を収録した、全12曲です。

1. Take off
2. love the world
3. Dream Fighter
4. edge (⊿-mix)
5. NIGHT FLIGHT
6. Kiss and Music
7. Zero Gravity
8. I still love U
9. The best thing
10. Speed of Sound
11. ワンルーム・ディスコ
12. 願い (Album-mix)

主な収録曲を追っていくと、
オリコン初登場1位を記録した「チュチュチュ」なキラーチューン②『love the world』、9分弱というアルバム中屈指の尺の長さを誇る②c/wのRemix④『edge』、まさに”YMO”的どストレートなテクノアプローチで送る、CMソングとしても話題の⑤『NIGHT FLIGHT』、凸凹シンセを用いたアンニュイ且つ無気質なミディアム⑥『Kiss and Music』、複雑に錯綜するコード進行が爽やかな妙味を放つ⑦『Zero Gravity』、いやに古めかしいサウンドと哀感くすぐる歌謡的なメロディーラインで、早くも各方面で高い評価を得ている⑧『I still love U』、活動初期のような初々しさが所々で垣間見える十八番エレクトロ⑨『The best thing』、英単語をテンポ良く発していくヤスタカらしいお遊び要素の強い1曲⑩『Speed of Sound』、新生活への期待や不安を詰め込んだキャッチーな最新シングル⑪『ワンルーム・ディスコ』、そして音色がプラスされ原曲よりも厚みを増した、シングル③のc/w⑫『願い』などなど、

前作に比べ即効性のある楽曲が少なく、当初は「すぐ飽きそうやなぁ」と高を括っていたんですが、その後鑑賞回数が増えるにつれて驚くほど情趣が滲み出てきて、結果的には今作も存分に満足する事が出来ました。これぞ中田氏×Perfumeによる、恐るべきスルメ・クオリティ。見くびってごめんなせぇw(;´∀`)

サウンドや構成は、前作よりも気持ち硬派になったとでもいいましょうか。
ただキャッチーさやアイドル性など、キャリアに裏打ちされた、3人の持つ根本的なアイデンティティーに関しては、今作でも問題なく反映されており、そのバランス感がまた非っ常に憎いわけっすw

”取っつきにくさも、至高の味わいへの着実なステップ”。
俺は今作で、彼女らからそれを教わりました。
これからの尚一層の活躍が、楽しみで仕方ありません。

  

◆ALBUM『GAME』&SINGLE『love the world』のレビューはこちら
◆SINGLE『ワンルーム・ディスコ』のレビューはこちら

★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://www.amuse.co.jp/perfume/

ブログパーツ
スポンサーサイト

Perfume 『ワンルーム・ディスコ』

2009年03月27日 19:30

ワンルーム・ディスコ(初回限定盤)  ワンルーム・ディスコ(通常盤)

破竹の勢いで世間を魅了し続けているPerfumeのニューシングル『ワンルーム・ディスコ』(09.03.25)をレビュー。「Dream Fighter」以来約4ヶ月ぶりとなる新作です。



まずタイトルチューンとなるM-1『ワンルーム・ディスコ』は、これまでのパフュミュージックとはまた違う垢抜けっぷりを見せる、明朗極まりないアップ・ナンバー。初めて聴いた際、ヤスタカお得意のセンセーショナルさを武器に、「ディスコ ディスコ・・・」と反復フレーズを3人が歌う、そのイントロの時点で早くも卒倒寸前となった1曲なんですが、とにかく今回は、「テクノ」という狭義的な範疇からほぼ抜け出た、ポップスとエレクトロ・ミュージックの境界にある「心地良い」サウンドをいつも以上にブイブイ聴かせてくれるので、鉄板的なキャッチーさがもう半端ない!このキラキラ感は、本当に病み付きになります。ベースラインもいつにも増してタイトに引き締まってて、これがまたいい味出してるんですよねぇ。

そしてもう1つの特筆すべき点、それは、「確信犯的」なヤスタカによる歌詞。
「地元を離れて間もない女子の真っさらな心中」を愛らしいタッチで綴った内容なんですが、これが年頃と言うべきPerfumeの3人のキャラクターに上手い事リンクし、楽曲における説得力を効果的に増幅させているように感じます。また、「シャンプーをしながら目を閉じたまま シャワーも出せない」などの思わず「分かるわぁ~。」と呟いてしまいそうなフレーズもあったりと、その親しみのこもった一言一句には、終始笑みがこぼれっぱなしです。

これらの要素が綿密に繋がり合わさった結果、誰もが楽しみ共感し得る、懐かしくも新感覚なポップ・ミュージックが誕生しました。「love the world」や「Dream Fighter」とはまた違った妙味・・・今回も間違いなくマストです。皆さん聴かなきゃ損ですよ!


M-2の『23:30』は、ジャジーな空気流れるミディアムスローナンバー。こちらもサウンド・歌詞共に秀逸の意欲作になっています。特に淡々と据えられているように聞こえるメロディーが、徐々に驚異的なスルメ効果を発動させていくその過程は絶品です。

★★★★★★★★★★
◆Official⇒http://www.amuse.co.jp/perfume/

★My Blog Link★
◆ALBUM&SINGLE 『GAME』&『love the world』⇒レビューを見る

ブログパーツ

Perfume 『GAME』&『love the world』

2008年07月27日 23:57

GAME

あ~ちゃん、のっち、かしゆかからなる3人組テクニポップユニット・Perfumeの2ndアルバム『GAME』(08.04.16)。オリコン初登場1位を記録した今作は、ウィークリー7位を記録したヒットシングル「ポリリズム」をはじめとする3枚のシングルを収めた全12曲収録です。

1. ポリリズム 2. plastic smile 3. GAME 4. Baby cruising Love 5. チョコレイト・ディスコ
6. マカロニ 7. セラミックガール 8. Take me Take me 9. シークレットシークレット
10. Butterfly 11. Twinkle Snow Powdery Snow 12. Puppy love

ポリリズム=奇数連符を駆使し唯一無二の世界観を放つ奇跡の出世作①『ポリリズム』、彼女ら持ち前の可愛らしさを最大限に昇華してみせたスタイリッシュ・ビートの効いたさわやかアッパー②『plastic smile』、鈍い電子音が大活躍するアルバムタイトルチューン③『GAME』、キャッチーな内容により新たなファン層を開拓したメロウダンサー④『Baby cruising Love』、バレンタインデーをモチーフにした非常に中毒性の高い新世代エレポップ⑤『チョコレイト・ディスコ』、終始モワモワしたのどかな空気が漂うハートウォーム・ミディアム⑥『マカロニ』、cupsule色全開の華々しいシンセが舞うリズミックアッパー⑦『セラミックガール』、②同様にメロやボーカルから女の子特有の気難しい甘さがジンジン伝わるガーリーなポップ・チューン⑨『シークレットシーレット』、ピコピコサウンドがなだらかに昇降する禁断のエレクトロニカ⑩『Butterfly』、そして生々しい音を鳴らすドラムと浮遊感タップリのシンセ音を融合させた4つ打ちキラキラナンバー⑫『Puppy Love』などなど、

彼女らの持つ新世代キャパシティーが、中田ヤスタカの燦々とした音世界の中で大爆発を引き起こす、先進性に長けた素晴らしいアルバムです。ブレイクした「ポリリズム」以前から、時代に気後れすることなく革新的なエレクトロ・ポップをコンスタントに提示してきた彼女らですが、今作はその頃から徐々に培われてきた音楽に対する強い意志と、方向性の指針とが最高の形で定まり纏まった、言わばPerfume+中田氏の集大成とも呼べる1作だと思っています。 1人の編み出した気高い沸点を何度も何度も振り切って大暴れする3人の驚くべきケミストリーのすべてがココにある!

『シークレットシークレット』


★★★★★★★★★★
Official⇒www.amuse.co.jp/perfume/


love the world(初回限定盤)(DVD付)

そして先日予定していたレビューで触れられなかったパフュのニューシングル『love the world』(08.07.09)にも少し触れておきます。

タイトル曲は、Perfume史上最も身近に感じる爽やかテイストのテクノ・ポップ。
うんとキャッチーに味付けされた旋律は、ファンの方たちの間では賛否両論なようですが、もうこれほとんど原点回帰みたいなものですからね~全然良い!リリックも小悪魔的ないじらしさがあってたまんねー!「チュチュチュ」のフレーズを聴いて即悩殺されましたw

カップリングの『edge』は、「だんだん 好きになる 気になる 好きになる・・・」というループに見事ゲシュタルトが崩壊した中田氏お得意のブリブリエレクトロ。こちらは1曲目とは対照的に閉鎖的な空気ムンムンなわけですが、個人的には、やっぱ1曲目のほうが好みかな♪ ああいうくだけた爽やかチューンがもっと聴きたいわぁ~。

あ、そういえばアルバム同様ウィークリー1位おめ!それにしてもすごい勢いやなぁ感服!




最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。