スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ak 『ak trilogy』

2011年11月23日 19:30


【特集:ベストアルバムのススメ】
ak trilogy / ak (02.9.26)

1. no one else
2. love

3. still in love
4. say that you love me
5. @my best
6. love & affection
7. yes

8. instinct
9. just you
10. day light

11. every day & night
12. fast train
13. miss you
14. summer
15. say that you love me Francois K.- Eric K.Remix / Danny Krivit Edit


1986年にデビューし、現在はニューヨークに在住しながら活動を展開している女流シンガーソングライター:柿原朱美ことakが2002年に放ったベスト盤。彼女の経歴を大きく二つに分けると、ポリスターに籍を置き、今井美樹ら外部アーティストへの楽曲提供が活発だった1997年までの第一期と、EMIに移籍し、R&Bやヒップホップなどのクラブ・ミュージックを取り入れた1998年以降の第二期とに分類出来るように思うのですが、本作はその後者、EMI在籍時代の楽曲から選りすぐられており、彼女の高いプロデュース・スキルと、時代力をダイレクトに反映させたライトな打ち込みトラックとが好作用した名作品集となっております。akがもっとも手腕を発揮し、またリスナーにとっても琴線を揺さぶられる最大の要素である歌詞の数々は、恋愛における心情や体温の移ろいを日本語主体で繊細に投影したものが圧倒的多数を占め、特に女性なら誰もが共感し、励まされるはず。そよ風のようにサラリと吹き抜けていくakの清涼系ボ―カルも押しつけがましさが一切ないナチュラルな聴き心地で、いわゆる”本場っぽさ”を打ち出したエモーショナル系のボーカリストとは一線を画した上品な情致が持ち味となっています。近年ではハウス・シンガーとして親しまれている(夫は世界的に有名なハウスDJ:Danny Krivit!)akですが、時折「たまにはブラック・ミュージックに特化した音楽にも回帰して欲しい!」という身も蓋もない願望に駆られてしまうのは、ある種本作を聴く者の宿命みたいなものなのかも。まさにベストで、抜け目のない傑作です。

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。