スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦大知 『Covers EP』

2014年03月16日 00:22



<アルバムレビュー>
三浦大知 『Covers EP』 (2014/3/14)

1. It Will Rain(Bruno Mars)
2. Human Nature(Michael Jackson)

3. CAN'T HELP FALLING IN LOVE(Elvis Presley)
4. WHEN SHE LOVED ME(Sarah Mclachlan)
5. To Make You Feel My Love(Bob Dylan)
6. RIBBON IN THE SKY -live recording-(Stevie Wonder)
7. True Colors -live recording-(Cyndi Lauper)
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

三浦大知 『The Entertainer』&三浦大知をもっと知るために 〜押さえておきたい名プロデューサーたち〜

2013年11月30日 11:40



<アルバムレビュー>
三浦大知 『The Entertainer』 (2013/11/20)

1. Can You See Our Flag Wavin’ In The Sky?
2. I’m On Fire

3. Elevator
4. Spellbound
5. Baby Just Time
6. Chocolate

7. GO FOR IT
8. Gotta Be You
9. Two Hearts
10. Blow You Away!
11. Right Now

12. interlude
13. Listen To My Heatbeat
14. all converge on “the one”
[ 続きを読む ]

【三浦大知】ファンが選ぶ 『D.M.』No.1ソング 投票結果発表

2011年12月12日 20:00


12月1日から10日に渡って行なった、『三浦大知 「D.M.」お気に入り楽曲投票』
お陰様で、投票総数は526票にも上りました。ご参加してくださった皆さん、本当にありがとうございます!
そして本日、いよいよその開票結果を公開。
投票と同時に、”大知愛”のこもったコメントも多数頂戴しておりますので、そちらの方も抜粋してご紹介させて頂きます。それでは早速、12位から参ります。完全無欠の『D.M.』で、皆さんが選んだ栄えある1位は、果たして・・・!



[ 続きを読む ]

三浦大知 『Who's The Man』

2009年09月20日 19:30

Who's The Man(DVD付)

三浦大知のニューアルバム『Who's The Man』(09.09.16)をレビュー。
1st「D-ROCK with U」以来実に3年8ヶ月ぶりとなる、通算2枚目のアルバムです。
曲目の後ろに付記していますが、プロデューサー陣が非常に豪華なことでも話題です。

1. Who's The Man <Nao'ymt>
2. Inside Your Head <Nao'ymt>
3. Delete My Memories <Nao'ymt>
4. Your Love feat.KREVA <Nao'ymt>
5. Stay with me <U-Key zone>
6. Baby Be Mine <Tiger&dee.c>
7. Crazy <UTA>
8. SHINE <STY>
9. Hypnotized <村山晋一郎>
10. HOT MUSIK feat.COMA-CHI <DJ JIN(Rhymester)>
11. STOP..feat.千晴 <三浦大知、千晴>
12. You&Me <UTA>
13. Flag -BACHLOGIC REMIX- <森俊彦(ajapai) Remix/BACH LOGIC>
14. Magic Remix (KREVA×三浦大知) 勝手にリミックスシリーズ Vol.2 <UTA Remix/KREVA>



主な収録曲を追っていくと、
ミステリアスさ全開のトラックに惚れ惚れするジェントルダンサー①『Who's The Man』、Nao'ymtとの初タッグ作品となった昨年発売のシングル②『Inside Your Head』、彼女を守りきれなかった男の不甲斐なさを歌った疾走感あるエレクトロR&B③『Delete My Memories』、KREVAを招いたバウンシーなメロウチューン④『Your Love』、清潔感あるトラックに乗っかる甘いフェイクが聴きどころのU-Key製ミドルナンバー⑤『Stay with me』、濃厚なメロと美しいコーラスの名アンサンブルが実にR&B的な⑥『Baby Be Mine』、印象的なロボ声を交えたスカスカトラックが妙味を醸す潤沢チューン⑦『Crazy』、早回しネタが効果的に活きたSTY氏らしいクラシカルな作りのミディアム⑧『SHINE』、村山氏によるコンテンポラリーなR&Bアプローチが大知の歌声にさらっとはまったシンセ多用のアップ⑨『Hypnotized』、仄かにディスコの匂いも漂わせるCOMA-CHIがテンポ良く絡んだスペーシートラック⑩『HOT MUSIK』、くレーベル所属のラッパー・千晴のアルバムに収録された「STOP!」の大知主導Ver.⑪『STOP...』、久保田利伸っぽい淡いソウルを感じる切ないバラッド⑫『You&Me』、そしてajapaiによるハウス楽曲をBACH LOGICが骨太なサウンドで味付けした⑬『Flag -BACH LOGIC REMIX-』などなど、

1stから長いインターバルを置いた分、歌唱面の”成長”と、サウンドの多様ぶりが目覚ましく実感出来る1枚です。特に声の表現力やフェイクスキルに至っては、どの楽曲でも絶大なまでに効果が発揮されており、あらためて彼の天賦の才能に、舌を巻かずにはいられませんでした。また、PVを見てもらえば分かりますが、ダンスの振りも一段とシャープさを増して、より洗練された大人のスタイルになったなぁとつくづく思います。自ら振り付けを考案しているのが大きく作用しているのかも。

3年8ヶ月、待っててよかったと心から思えました。
彼だけでなく、日本のR&Bの”進歩”もとくと窺える内容になっているので、彼のファンならずとも、要チェックです。

  


◆1st ALBUM 『D-ROCK with U』のレビューはこちら

★★★★★★★★★★
◆Official⇒http://avexnet.or.jp/daichi/index.html

ブログパーツ

三浦大知 『Delete My Memories』

2009年05月25日 00:27

Delete My Memories(DVD付)

三浦大知のニューシングル『Delete My Memories』(09.05.20)をレビュー。前作「Your Love feat.KREVA」以来約3ヶ月ぶりとなる新作です。

まずM-1『Delete My Memories』は、すっかりお馴染みとなったプロデューサー・Nao'ymtが手がけた、際限ない奥行きを見せるエレクトロ・ダンサー。大知×Nao'ymtの初コラボとなった「Inside Your Head」を彷彿させられる律動的な曲調ですが、歌唱法に関しては、「Inside・・・」が粘着質にメロをなぞっていたのに対し、今作ではメロとリリックが生み出す語感の良さを活かした、キレのある節回しがなされているのが大きな特徴です。そして別れの切なさを十分に押し出したリリック。こちらも、不甲斐ない男心が痛いくらい如実に描写されていて秀逸です。この、あらゆる要素に十分な起伏を持たせ、楽曲の隅々にまでストーリー性を行き渡らせるプロダクションぶりこそ、Nao'ymt、彼の華麗なるワークスの最たる醍醐味ではないでしょうか。一体どこまで大知君のポテンシャルの幅を広げれば気が済むんだ!という感じですよw(もちろん良い意味でw)


PVのコレオグラフは、今回も大知君自身が担当。キャッチーな振りなので、パンピーである俺にも踊れる気が・・・無理っすねはい(´・ω・`)w

続くM-2の『Damn』は一転して、Jineの『Bedroom』を思わせる、熟れたメロウさ漂う珠玉のR&Bスローナンバー。こちらも一度聴けばすぐに関与している事が分かるほど、Nao'ymt(Jine)濃度の高い1曲です。実際Jineや、Nao氏と親交の深い露崎春女嬢も裏方で参加しており、もうこの時点で完成度は保証されたようなものですよねw

そしてCDのみVer.の初回盤には、1stアルバム「D-ROCK with U」に収録されていたミディアムナンバー『Knock Knock Knock』のPiano Ver.を収録。彼自身が弾き語った、いつもとは一味違う静閑な世界観をご堪能ください。



★★★★★★★★★★
◆Official⇒http://avexnet.or.jp/daichi/index.html


ブログパーツ

三浦大知 『Your Love feat.KREVA』

2009年02月13日 12:00

Your Love feat.KREVA(DVD付)   

三浦大知のニューシングル『Your Love feat.KREVA』(09.02.11)。
前作『Inside Your Head』以来約7ヶ月ぶりとなる新作です。

まずM-1『Your Love feat.KREVA』は、客演MCにKREVAを迎えた、シングルでは初となるミディアム・スローナンバー。プロデュースには、前作「Inside Your Head」同様Nao'ymtを起用、彼特有の半ば忙しないメロディー展開と、程よい甘さを備えた夢心地トラックが最高に際立った、珠玉のメロウ・チューンに仕上がっています。さすがはNao'ymt、期待を裏切りませんw

そして当の大知君の紡ぐボーカル。彼の場合、特に声への抑揚の割り振り方が傑出だと思うんですが、今作では緩い曲調も手伝い、より一層の奥行きを伴って聴き手の心に響くはずです。客演のKREVAも、主役をサポートする形で終始謙虚で大らかなフロウに徹しており、大知君の才能を認めているが故の、一種の”忠誠心”のようなものを深く感じ取る事が出来ました。なかなか安定したコラボだと思います。

まぁ唯一毒を吐くとすれば、やっぱり髪型かなw
個人的に、あのパーマはどうも頂けないw

M-2『Spotlight』は、大知君自身が作詞作曲を手がけた、キレあるギターカッティングが印象的なアップ・ナンバー。低音重視のVerseから、ファルセット多用のHookへ向けて徐々にヒートアップしていくメロは秀逸です。彼のc/w曲では、「You'll Be Mine」に次いでぐらいに好きかもw

ていうか1stアルバム「D-ROCK with U」からもう3年も経ってたんですね~時間の流れって残酷w
この調子なら、年内には2nd出そうかな? 今から楽しみです。

★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒http://avexnet.or.jp/daichi/index.html

★My Blog Link★
◆1st Album 『D-ROCK with U』⇒レビュー

ブログパーツ

三浦大知 『D-ROCK with U』

2008年07月09日 20:08

D-ROCK with U (DVD付)

7月23日にシングル『Inside Your Head』をリリースする元FolderのVo.・三浦大知の1stアルバム『D-ROCK with U』(06.01.25)。2005年のシンガー復帰作『Keep It Goin'On』をはじめ4枚のシングル曲を収録しており、HI-D、今井了介、黒沢薫や安岡優らゴスペラーズメンバーやZOOCO、K-MUTOらSOYSOUL陣、さらにはUsher「Yeah!」やOmarion「Ice Box」などのヒット曲を放ってきたPatrick J.Que Smithまで、国内外のシーンを支える錚々たるメンツが大知の大舞台を強力にバックアップしています。

1. I’m Back~the theme of D-ROCK with U~ 2. I-N-G 3. No Limit 4. Make It Happen
5. Southern Cross 6. Keep It Goin’On 7. Open Your Heart 8. Knock Knock Knock
9. Word! 10. Free Style 11. Stay 12. Bad Day 13. 17 Ways

ゴスペラ安岡とJ.Que関与の闘志湧き立つシリアスなシンセ音が鳴り響く①『I-N-G』、シングルVer.ではRhymesterの宇多丸だった客演がSOYSOULのK-ONにチェンジされた爽快なロッキッシュ・チューン②『No Limit』、作詞にHI-D、作曲とアレンジに今井了介というJ-R&B陣営を迎えて制作された大知のファルセットを堪能できる4つ打ちミッド④『Make It Happen』、清涼グルーヴに乗って高らかに復活を果たした復帰シングル曲⑥『Keep It Goin'On』、J-R&Bの名コンポーザー村山晋一郎とJamの手がけた王道アプローチで魅せるNJS⑦『Open Your Heart』、アコギとスムースなコーラスでしんみり聴かせる人気バラード⑧『Knock Knock Knock』、VodafoneのCMソングにも起用されたシンセ大活躍の中毒性の高いダンス・アンセム⑩『Free Style』、⑥のコンビ(ゴスペラ黒沢/ソイソウルK-Muto)が手がけたEXILEが歌っていてもおかしくなさそうな荘厳R&B⑪『Stay』、そして大知自らペンを執り自分の思いをまっすぐに綴ったスタンダードスロー⑬『17 Ways』などなど、

前述のとおり豪華なクリエイターが一堂に会し、彼のキャラクター、アーティスト性を十分に咀嚼、理解した上で丁寧に作り込まれた、三浦大知の新章を華々しく総括した見事な処女アルバムになっています。ちなみに俺は彼と同い年で、Folderでデビューした頃から「すげぇなー」と憧れにも似た眼差しで見ていたんですが、まさかこんなにクールなスタイルでシーンに戻ってくるとは思ってもみずでw 
全体的にダークで大人びた楽曲が多いのにも関わらずまったく背伸びしているように聴こえないのも、彼が表舞台での活動を休止している間に費やした並々ならない努力と向上心の賜物なんだと思っています。むしろ楽曲にはまりきってるもんなぁ。

そんな復帰から4年目を迎えた彼は今月23日、Nao'ymtプロデュースのもとシングル『Inside Your Head』をリリース。これがまためちゃめちゃカッケーんです!この調子でアルバムもテンポよく発売してくれへんかなー何せリリースペースが緩やかすぎるのが玉に瑕(;´∀`)

★★★★★★★★☆☆

Official⇒http://avexnet.or.jp/daichi/index.html

『Inside Your Head』






最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。