スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORKS #6 『Nao'ymt Pt.2 <2008-2010>』

2011年11月29日 23:04


WORKS #6:Nao'ymt Pt.2 <2008-2010>
さて本日は、これまで数多くの名曲を送り出し、日本のR&Bシーンを翻弄するキーマンとして今大注目されているプロデューサー:Nao'ymtの、2008年から2010年にかけての華麗なるお仕事ぶりを一挙ご紹介!アルバム『D.M』の発売を明日に控え、Nao'ymtとも縁の深い三浦大知の特集の一環でもあるので、この機会に彼のスゴさも今一度振り返ってみてください。

そして今回は、およそ1年数ヶ月ぶりとなる「コラボレーション・レビュー」を決行。Nao'ymtの音楽を愛するリスナーと共に、僕を含めた計3人でレビューして参ります。今回参加してくれたのは、J-R&B王子(笑)ことDJ KAZZMAと、豊富な知識で多様なジャンルに精通したなおきの二名。僕たちそれぞれの見解にも注目しながら、ご覧頂けると嬉しいです!

◆Nao'ymt◆
1976年11月3日、東京都に生まれる。3歳からピアノを習い始め、高校生の頃に聴いたJodeciがきっかけになりR&Bに傾倒していくことになる。1998年、後に伝説的なユニットとなるR&Bコーラスグループ・Jineを結成。2004年からは音楽プロデューサーとして本格的に活動を始め、作詞・作曲、トラックメイキングやボーカル/コーラスアレンジは元より、自ら歌い手として他アーティストの作品に参加するなど、制作活動に対する意欲的な姿勢で好評を博す。2005年には、自らがプロデュースした楽曲が5曲収録された安室奈美恵のアルバム「Queen of Hip-Hop」でその名を飛躍的に世間に轟かせ、以降も安室をはじめ幅広いアーティストのプロデュースを担当している。また、「みんなの才能が、金や権力に負けないように。」というコンセプトのもと、自身がプロデュースした楽曲を外部アーティストが歌うコラボレート企画「Nao'ymt wit'」を立ち上げ、宏実、真之介、YUKALIら数多くのシンガー/ラッパーを統括した。2010年には、Jineとして無料配信を含む計7曲をコンスタントに発表しシーンを圧倒。常に時代の最先端を臨むオントレンドな感性と、流行に左右されない孤高のオリジナリティを併せ持つ比類なきプロデューサーの一人である。

◆Official⇒http://www.naoymt.com/index.html

2007年までの活動を纏めた「WORKS:Nao'ymt Pt.1」はこちら

【ラインナップ】
◆S-key-A 『Okay』
◆Sweep 『Disconnect』
◆J Soul Brothers 『J.S.B Is Back』
◆宏実 『Complete』
◆RSP 『Serious Love』
◆三浦大知 『Inside Your Head』
◆安室奈美恵 『Do Me More』
◆露崎春女 『Rainy Night』
◆安室奈美恵 『Dr.』
◆Sowelu 『AINOTE』
◆三浦大知 『Damn』
◆lecca 『How 'ya feelin'』
◆SAKURA 『Keep On Breathin'』
◆三浦大知 『Who's The Man』
◆BoA 『Possibility duet with 三浦大知』
◆BRIGHT 『I Like That』
◆Tiara 『Lifestyle』
◆Jine 『Superhero』
◆黒木メイサ 『The Only One』
◆安室奈美恵 『Get Myself Back』


[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

WORKS #01 『Nao'ymt』

2008年08月19日 21:20

さて今回は「WORKS」と題しまして、ずーーーっと前に予告していた、敏腕プロデューサー「Nao'ymt」の関与した華麗なる作品群の中から、2007年までの作品をピックアップしていくつかご紹介したいと思います。その前に、彼のプロフィールをどぞ。



◆Nao'ymt◆
1976年11月3日、東京都に生まれる。3歳からピアノを習い始め、高校生の頃に聴いたJodeciがきっかけになりR&Bに傾倒していくことになる。1998年、後に伝説的なユニットとなるR&Bコーラスグループ・Jineを結成。2004年からは音楽プロデューサーとして本格的に活動を始め、作詞・作曲、トラックメイキングやボーカル/コーラスアレンジはもとより、自ら歌い手として他アーティストの作品に参加するなど、制作活動に対する非常に積極的な姿勢により、周囲からの信頼も厚い。2005年に自らがプロデュースした楽曲が5曲収録された安室奈美恵のアルバム「Queen of Hip-Hop」でその名を飛躍的に世間に轟かせた以降も、安室をはじめジャンルを問わず幅広いアーティストのプロデュースを担当している。また、「みんなの才能が、金や権力に負けないように。」というコンセプトのもと、自身がプロデュースした楽曲の消化者を募り、コラボレートする企画「Nao'ymt wit'」を立ち上げ、1st Seasonは大成功。現在2nd Seasonのシンガー・ラッパーを募集中である。東洋楽器を用いR&Bに独自の世界観を吹き込んでいる点が、彼の作品の最大の特徴であり、唯一無二の持ち味でもある。

Official⇒www.naoymt.com/


◆WORKS◆(今回Nao'ymt wit'名義の作品は除外しています。wit'のレビューはこちら。)

[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。