スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リア・ディゾン 『Communication!!!』

2008年08月21日 21:02

Communication!!!

昨年に続き精力的な活動を続けるモデル兼アーティストのリア・ディゾンのニューアルバム『Communication!!!』(08.08.20)。前作「Destiny Line」から約1年ぶりとなる通算2枚目のアルバムで、制作には、ha-j、STYら前作からの連投組や、STY同様Digz,inc.所属のHIROや、EXILEやCOLORらを手がける藤澤慶昌らが参加しています。

1. Step into my world
2. Love Paradox
3. LOVE SWEET CANDY
4. Without a good-bye
5. Vanilla
6. Nothin' to Lose
7. Lost at Sea
8. Communication!!!
9. Not Too Bad
10. BxKxRxxx
11. Under The Same Sky
12. Thank you

ハッピーなムード一色の煌びやかな4つ打ちダンスチューン①『Step into my world』、「愛は要らない」としながらも本能的に恋に落ちていく悩める女の子が主人公の新境地開拓シングル②『Love Paradox』、ツンデレなリリック内容が微笑ましいラガ調アッパー③『LOVE SWEET CANDY』、すれ違い続きの現実に耐えかねて自ら愛に終止符を打つというやりきれない内容のロックバラード④『Without a good-bye』、「恋しよう♪」路線の大衆的ポップ・アプローチが眩しい先行シングル⑤『Vanilla』、リア自らが詞曲を手がけたAvrilっぽいテイストで送る全英語詞の鈍重スローナンバー⑦『Lost at Sea』、曲の大詰めではクールなフェイクも炸裂する鋭いアルバムタイトルチューン⑧『Communication』、STY氏の作風を踏襲したようなのっぺりしたシンセ音が印象的なHIRO氏プロデュースによる爽やかR&B⑨『Not Too Bad』、サビでの早口フレーズを流暢にこなす様が痛快な王道ロックアッパー⑨『BxKxRxxx』、そしてクワイヤーを据えたゴスペル仕立ての感謝ソング⑫『Thank you』などなど、

ポップスやR&B/HIP HOPに加え、ロックやレゲエ、はたまたハウス調の楽曲など、前作以上に様々なジャンルを織り交ぜたバラエティに富んだ1枚です。またリア自身が全12曲中、10曲の作詞と、2曲の作曲に大いに携わっていることから、彼女自身が前作以上の意欲を持ってこのアルバムに臨んだことが窺えます。ただ個人的に気になった点を挙げるとするなら、「4曲目と6曲目のテイストが似通ってて区別しにくい」のと、「12曲目を担当したSTY氏のプロダクションのマンネリ化」ですかねぇ。特に後者はモロCrystal Kayの「Sugar Rain」+Tiaraの「7days」って感じでさすがに焼き直し感が否めないww まぁそういうとこを含めて好きなんですけどねw 

一部で指摘されてる歌唱力も、CD音源だからか特に難は感じませんでした。ただ今秋から始まるツアーには行きたい反面、「もし喉の調子悪かったらなぁ・・・」という気がかりもあって、先行予約になかなか踏み込めませんw

ちなみに通常盤買ったんですけど、ブックレット中盤のトラの着ぐるみとじゃれ合うリアが可愛すぎる!Σ(*/∀`*)

★★★★★★★☆☆☆
Official⇒http://www.leah-dizon.net/
◆1st Album 『Destiny Line』 レビュー

『Step into my world』


『Communication!!!』
スポンサーサイト

リア・ディゾン 『Destiny Line』

2008年01月01日 15:55

*前ブログからの移転記事です。


Destiny Line [通常盤]

グラビアのみならず、タレント、そして歌手とマルチな活動をこなし、今まさに乗りに乗っているリア・ディゾンの1stアルバム『Destiny Line』(9月12日発売)。TOP10ヒットを記録した3枚の先行シングルを含む、全14曲を収録しています。


01.IMPOSSIBLE

02.Everything Anything

03.Missing

04.恋しよう

05.運命線

06.Could you be that one?

07.Are you feelin' for me?

08.Softly

09.Time (Clock Of The Heart)

10.アイシテル~Love Story

11.Wonderlin'

12.L・O・V・E U

13.Drive me crazy

14.Again and Again


通常盤 Bonus Track
15.恋しよう♪ (yasutaka nakata-capsule mix)

主な収録曲を追っていくと、
「付き合っている男性に愛想をつかす」というOPから大胆な内容で飛ばす①『IMPOSSIBLE』、浜崎あゆみやV6に楽曲提供を行うCMJKによる空虚なトラックが別れの切なさを掻き立てる③『Missing』、PVでのリアのウィンクに悩殺された正統派胸キュンアイドルポップ④『恋しよう♪』、爽やかなサウンドに十分な透明感を含んだ歌唱が絡む儚いアルバムタイトル・チューン(アルバムタイトルは今楽曲のタイトルを英訳したもの)⑤『運命線』、コーラスの据え方が美しい起伏の激しいR&B/POP⑦『Are you feelin' for me?』、洗練されたトラックと垢抜けない歌唱とのコントラストが良くも悪くも印象的な記念すべきデビュー曲⑧『Softly』、「カーマは気まぐれ」などでお馴染みのCulture Clubのヒット曲のカヴァー⑨『Time(Clock Of The Heart)』、エッセ・メロウことSTYが手がけたリズミックなR&B⑩『アイシテル~Love Story~』、④同様名ポップメイカー・平田祥一郎とリアとの相性の良さをあらためて実感したライトな2STEPチューン⑫『L・O・V・E U』、実弟であるブラッドと初の作曲に挑んだ流麗バラード⑭『Again and Again』、そして最近株急上昇中の中田ヤスタカによる重低音にウェートを置いた④のド派手Mix⑮『恋しよう♪(yasutaka nakata-capsule mix)』などなど、

歌 に対してドッシリと構えたスタンスと、向上心を備えたバラエティ精神のもとで制作されたであろう抜かりのない1枚になっています。シングル曲を聴いてきた 方なら分かるかと思いますが、”そこらのグラビアアイドル歌もの”と同等だろうと侮って聴くと、おそらく度肝を抜かれる事でしょうw 1曲1曲のクオリ ティは、SUPALOVE所属の作家陣が中心になって丁寧に作り上げているので安定してるし、何よりも前述のとおりバラエティ豊か!リア自身の歌唱にはま だ若干の覚束なさを覚えるものの、それでも独特の色気を放っている点や、外国発アイドルという点を考慮すれば十分及第点だと思います。この調子で更にブレ イクして忙しくなっても、歌手業だけは辞めないで続けてほしいと切に願うばかりです。


★★★★★★★★★☆






最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。