スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSP 『 DICE』

2008年08月30日 17:30

Dice(初回生産限定盤)(DVD付)

Vo.のAi,Sakiと、ダンサーのTomo,Eri,Hiromu,Yuriからなる6人組ダンスユニット・RSPの1stアルバム『DICE』(08.08.27)。アンサーソングとして話題になった2枚のシングル曲を含む全14曲収録です。これらのアンサーソングには物凄い嫌悪感というか抵抗があるのでアルバムの購入も見送ろうと思っていたんですが、リード曲である「DICE」が自分好みの出来だった点や、STY・村山晋一郎らが関与している点、デビュー曲は好感触で購入していた点などを考慮して、購入する事にしましたw

1. GO ON BABY !
2. Lifetime Respect -女編-
3. DICE
4. A Street Story (Album Ver.)
5. The First Star
6. はんぶんこ
7. Shining Star
8. 愛してる (Album Ver.)
9. kiss
10. Sorry<Love
11. Driving Limit
12. M ~もうひとつのラブストーリー~
13. 感謝。
14. この街の片隅で (Album Ver.)

STY氏にしてはえらくポップなプロダクションぶりが冴える快活応援チューン①『GO ON BABY!』、三木道三のヒット曲「Lifetime Respect」のアンサーソングとしてスマッシュヒットを記録した②『Lifetime Respect -女編-』、ポップスの規律に則ったどこか懐かしいメロディーが香しいパンチの効いたリード曲③『DICE』、彼らの原点になったフレッシュな魅力を放つデビュー曲のアルバムVer.④『A Street Story』、スムースなグルーヴを尊重し抜いたJ-R&Bの雛形ともいえるドリーミー・ミディアム⑤『The First Star』、卒業シーズンにピッタリな珠玉の友情ソング⑥『はんぶんこ』、鈴木蘭々の1997年に発売された本格NJSのまさかのコンテポンラリーカバー⑨『kiss』、村山晋一郎氏Pro.の落ち着いたトーンで展開するメランコリックなR&B⑩『Sorry<Love』、重量感ある4つ打ちバスドラを据えたメロウながら疾走感あるアイドル・ポップ⑪『Driving Limit』、プリプリファンから猛烈な非難を浴びたアンサーソング第2弾の最新シングル⑫『M~もうひとつのラブストーリー~』、②のヒット後にオリジナルな内容で勝負し見事にコケた温和な雰囲気のサンクスソング⑬『感謝。』、そしてAKIRAと今井大介のタッグによる夢を追うすべての人に贈るメッセージ性強いスロー⑭『この街の片隅で』などなど、


R&B/HIP HOPをベースに、抜かりないアプローチを図っているなかなかの1枚です。但し、アンサーソングの2曲を除いて、ですがw 勿論あれらも世間に「話題」や「彼らの名」を普及させたという点では、彼らに大きく貢献しているといえるんでしょうが、同時に一種の「波紋」も広げましたからね・・・w でも、その2曲に対する歪んだ偏見や、彼らに対するマイナスな先入観を一切捨てて聴けばあらビックリ、結構エンタメ性に富んでて楽しめるんですよ。少なくとも「あれコヤツら、アンサーソングだけじゃないやん!」といい意味で裏切られるはずです。特に前述のリード曲「DICE」や、鈴木蘭々の「Kiss」のカバー(これは一応純正カバーやからよしw)にはビックラこきました。まぁ「Kiss」に関しては原曲のNJS色はことごとく薄められてますけどねw

あとは折角ダンスを売りのひとつにしてるんやから、欲を言えばもっと溌剌としたアッパーチューンの収録比率を増やしてほしかったなぁと。何せ5曲目以降は比較的緩いテンポの楽曲がほとんどなので、もう少し曲順にメリハリと気配りがあれば、もっと満足出来たかも。

★★★★★★★☆☆☆

Official⇒http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/rsp/

『DICE』

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。