スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:三浦大知「Unlock」

2015年03月03日 21:42


三浦大知「Unlock」

前シングル「ふれあうだけで ~Always with you~/IT'S THE RIGHT TIME」で、未だかつてないハートウォーミングな境地のバラードに挑んだ三浦大知が、またしても新たなベクトルへ大きく舵を切ることとなりました。その契機となったのが、先日リリースされたニューシングル。まず、タイトル曲の「Unlock」がすこぶる格好いい。お馴染みNao'ymtによるダンサブルなプロデュース・ワークは今回も理屈を優に超越し、胸の高鳴りと同時に一種の安心感を覚えました。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

シングルレコメンド:MISIA「白い季節/桜ひとひら」/Flower/KG/頑なP

2015年02月23日 20:09

 
MISIA「白い季節/桜ひとひら」
ドラマ・タイアップ付きの2曲を両A面に据えたMISIAのニューシングル。「白い季節」は、MISIAの伸びやかな高音が響き渡るスロウ・ナンバー。壮大なサウンド・ワークしかり、近年の彼女を取り巻く王道のアプローチが丁寧に凝縮されています。M-2の「桜ひとひら」は、WHITE JAMのSHIROSEがソングライターとして関与したバンド風アレンジのミドル。こちらも、和の情緒をおのずから発生させるMISIAの歌心ありきの1曲に仕上がっています。ほかにも新曲が2つ収録されているのですが、中でも「真夜中のHIDE-AND-SEEK」は必聴。「THE GLORY DAY」などでたびたびタッグを組んできた鷺巣詩郎によるゴージャスなファンク・アレンジが素敵過ぎる!
[ 続きを読む ]

シングルレコメンド:GENERATIONS from EXILE TRIBE/森大輔/ELLIE/ZIN/Edgar×8utterfly

2015年02月15日 23:15

 
GENERATIONS from EXILE TRIBE「Sing it Loud」
間もなくリリースされるアルバムに向けた先行シングル。キャッチーなミドル・ナンバーを得意とする彼らですが、今回は「HOT SHOT」以来となるソリッドなダンス・ナンバー。EDMから派生した近未来的なシンセ・サウンドを用い、スピード感でもって威勢の良さを伝えてくれます。トリッキーな表情を見せるブレイク部分にも注目です。カップリングには、メンバーの片寄涼太が作詞を手がけた勇壮なミドル「STORY」を収録。
[ 続きを読む ]

シングルレコメンド:w-inds.「FANTASY」/清水翔太/Kowta-Low/子安博史

2015年01月28日 22:01

 
w-inds.「FANTASY」
傑作アルバム「Timeless」以来初となるシングル。昨年提唱した”レトロモダン”をコンセプトに、今回もファンキーかつ年季の入ったサウンドが小気味よく展開。サビでは「Make you mine」と同様に抑揚豊かなファルセットを多用し、ふんわりと柔らかい質感を実現させています。どこを取っても賞賛すべき格好良さなのもさることながら、彼らの場合はそれに加え、楽曲のひとつひとつをソツなくポップに仕上げてくるので本当に侮れません。カップリングでは例のごとく、形態によって異なる楽曲を収録。特に初回盤Aに収録されている「Million Dollar Girl」は、ブラスの音が冴え渡る会心のアップ・ナンバーに。
[ 続きを読む ]

シングルレコメンド:加藤ミリヤ「少年少女」/Da-iCE/May J./HOME MADE 家族

2015年01月19日 00:00

 
加藤ミリヤ「少年少女」
2015年第一弾シングルは、まさかのフォーク・ソング。かの中島みゆきを連想させる緩急著しい譜割りで鮮烈な印象を与えつつも、歌っている内容そのものは正真正銘のミリヤ節。若年層特有の”生きにくさ”をえぐる無骨なメッセージが、寂しいギターのストロークと共に谺します。「ミリヤがフォークに挑む」という図式は、その音楽が持つ前時代的な色合いも含めて物議を醸しそうですが、取り留めの無い憂いをシンプルに引き立てるのがフォークの最たる魅力であることを考えると、この歌詞にこの曲調を重ねる必要性は少なからずあったのだと確信せざるを得ません。ともすると張り裂けてしまいそうな彼女の熱唱も聴きどころ。カップリングには、デビュー10周年記念アルバム『MUSE』に収録された「STYLE」の発展型とも言えるアッパーな自己主張ソング「FASHION」などがスタンバイ。
[ 続きを読む ]

シングルレコメンド:板野友美「COME PARTY!」/Bro.KORN/ASY/BLUE BIRD BEACH/Mye/MADKID

2015年01月06日 23:54

 
板野友美「COME PARTY!」
韓国の女性グループ:Girls'dayの楽曲をリメイクした「COME PARTY!」を筆頭に、全曲が超アバンギャルドなダンス・チューン。昨年のアルバム「S×W×A×G」で築いたEDM追求の精神をここぞとばかりに発揮しており、同作で彼女を見直した身としては嬉しい限りです。表題曲以外だと、通常盤のみに収録されている「Little Devil Girl」あたりもキャッチーで白眉。あとはフロアライクな楽曲ばかりで頭打ちになってしまわぬよう、多彩なアプローチでもって今後の地盤を固めてほしいところ。
[ 続きを読む ]

シングルレコメンド:三代目J Soul Brothers「O.R.I.O.N.」/平井堅/東京女子流/Nissy/YOSHIKA/HI-D×RYO×MAR/Hanah Spring

2014年12月17日 18:11

 
三代目J Soul Brothers「O.R.I.O.N.」
”四季四部作”のラストを締めくくるシングルは、ファン圏内外の関心をかっさらった「R.Y.U.S.E.I.」を彷彿とさせる爽快パーティEDM。上下左右にほとばしる身軽なシンセや、サビで一気に突き抜ける構成など、盛り上げることを念頭に置いた各プロダクトが集大成とばかりに精彩を放ちます。リリックのスピード感もSTYならではといったところで、冬の風情や年末年始の混沌とした空気感、果てはグループとしての強い絆までもを、洗練された言い回しをもって一挙にデコレーション。シリーズ最高の贅沢な余韻を残してくれるのは言うまでもありません。カップリングには、トラップを取り入れたことで横揺れ度が増した「S.A.K.U.R.A.」のSTY製リミックス、よりEDM然とした奥行きのあるアプローチに生まれ変わった「R.Y.U.S.E.I.」のMaozonリミックス、そしてシンフォニックなストリングスが心惑わせる「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」のアンプラグド・バージョンと、過去三作のシングル曲のリメイクを収録。来年には新作アルバムもドロップされることですし、この機会に”季節の変遷”をおさらいしておきましょう。
[ 続きを読む ]

シングルレコメンド:三浦大知「ふれあうだけで ~Always with you~」/DEEP「ラスト・グッバイ」/BoA/WAZZ UP/MEGAHORN×TAKANORI(LL BROTHERS)

2014年12月13日 20:57

 
三浦大知「ふれあうだけで 〜Always with you〜/IT'S THE RIGHT TIME」
CDとしては「Anchor」以来となるシングル作品。すでに配信リリースされている「Bringt It Down」を含め、収録の3曲ともに強力なタイアップが付いており、少なくとも1曲はどこかしらで耳にしたことがあるはずです。まずM-1「ふれあうだけで 〜Always with you〜」は、「NIVEA」CMソングとして大量オンエア中の心温まるバラード。「Two Hearts」などのスロウとは一味違ったオーガニックな音組みが特徴で、大衆に広く受け入れられるポテンシャルを見せる一方、大知にとっての新境地もありありと体現した器用な楽曲。続く「IT'S THE RIGHT TIME」は現在放送中のアニメ「寄生獣 セイの格率」のEDテーマで、こちらも冬に持って来いのバラードナンバー。大海原のごとく雄大な情趣を湛えたピアノラインと静かに鼓動するヴォーカルは、同じ制作陣による「Listen To My Heartbeat」を彷彿とさせるもので、心にほんのりと安らぎを灯します。個人的にはこの「IT'S〜」の方が好き。MVではテンポによらず、普段どおり踊っている大知が拝めますしね。
[ 続きを読む ]

シングルレコメンド:MIHIRO 〜マイロ〜「+α feat. EXILE SHOKICHI 」/YU-G/BRIDGET/Nissy/Rake/ベイビー☆KO-HEI/MUZI:CAGE

2014年12月04日 23:56

 
MIHIRO 〜マイロ〜「+α feat. EXILE SHOKICHI 」
先日リリースされた客演ベスト「Featuring Best "+a"」のリード・トラックにして、EXILE SHOKICHIとの初タッグ作。他者とでなければ叶わない夢、すなわちコラボレーションの真髄を問うた本作は、澄み切ったトラックのもと、両者の対照的とも言える歌いっぷりが炸裂。表面的にはポップネスも強く打ち出された楽曲なのですが、ユニゾンとハモりを行き交わせる複雑なヴォーカルラインしかり、ディスコを消化した軽快なプロダクトしかり、聴き手に玩味させるだけの一風変わった要素が申し分なく凝縮されています。特にSHOKICHIに関しては、半ばダークなヒップホップ路線が続いていた分、良い気分転換になったのではないかと。
[ 続きを読む ]

シングルレコメンド:ゴスペラーズ「クリスマス・クワイア」/Happiness/為岡そのみ/KIRA/HAB I SCREAM×Sugar Soul

2014年11月27日 21:12

 
ゴスペラーズ「クリスマス・クワイア」
デビュー20周年記念ベスト盤「G20」のリリースを控えるゴスペラーズから、今年の冬を彩るとっておきのクリスマス・ソングが到着。高低差のある重厚なハーモニーは文字通りのビッグ・スケール。タイトルが物語る神聖さとは裏腹にアットホームかつ明るいトーンを基調とし、おのずから心も体も躍り出す寒がりに嬉しい仕上がりとなっています。カップリングにもクリスマス・スタンダードのカヴァーを収録するなど、季節ものの作品としては隙が無さすぎる一枚なので、パーティーなどに備えてチェックしておいて損はないと思います。
[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。