スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月間音楽BEST:2010年6月の巻

2010年06月30日 19:30

昨日の「上半期音楽BEST」に続き、本日は今月:6月の「月間音楽BEST」をご紹介。
ジメジメした気候に苛立ちを募らせる日々が続いていますが、そんなときは音楽の力を借りて、スッキリサッパリ心を洗いましょう!ではまず、楽曲部門からどうぞ!


◆楽曲部門◆ (*カッコ内の数字は、先月の順位)

No.1 JAM / スポンテニア
今月の首位は、名取香りを迎えてグレードアップしたスポンテニア。
オントレンドな電子サウンドと、彼らの本領ともいえるパワフルなフロウで、
俺の心はバッチリロックされました。
今後の活動にも期待しちゃったりしますよ!


No.2 If I Said / Jine
2位は先月の首位だったJineの、最新配信楽曲。
R&B濃度においては、こちらの方が圧倒的ですね。
七夕リリース予定の次の配信シングルも楽しみです。



No.3 LOVE RAIN~恋の雨~ / 久保田利伸
3位は久保田氏の月9主題歌。
爽やかなキャッチーさを運ぶ、
「レトロモダン」と呼ぶに相応しいポップチューンです。



No.4 奇跡 feat.宏実 / CIMBA
No.5 5 -FIVE- / 黒木メイサ
No.6 Superhero / Jine (1)
No.7 Musik(Japanese Version) / 4 Minute (5)
No.8 Dreamin' / JASMINE (3)
No.9 Yellow Stop / Manami
No.10 JEALOUS / JASMINE (2)
No.11 ユラユラ / BENI (4)
No.12 Addicted Love / w-inds.
No.13 Make it Last Forever / EXILE
No.14 Dulcinea / CIMBA
No.15 FLASH / Crystal Kay
No.16 Blue Magic feat.日之内エミ / DJ KOMORI
No.17 Like Me? / Ryo
No.18 Shiny Sky / May J.
No.19 Love symphony feat.JAY'ED / COMA-CHI (10)
No.20
LOVE IS BLIND / 西野カナ(7)

4位以下は以上の通り。
先月からの残留組が、例月に比べて多く目立つランキングとなりました。
中でも7位のフォミニは、昨日もお伝えしたとおり、下半期でもバキバキ活躍してくれそう。
上半期の楽曲部門首位だったJASMINEの「JEALOUS」は、今月10位まで転落。
俺の中での勢いも、ようやく沈静し始めたかなと。


アルバム部門&月間MVPアーティストは追記をどうぞ!
[ 続きを読む ]
関連記事
スポンサーサイト

J.B.S. 上半期音楽BEST:2010年の巻

2010年06月29日 19:30



さーて、2010年も明日できっかり半年。早いものです。
今日はそんな中送り出された、たくさんの名作たちに敬意を込めて、俺自身の上半期チャートをご紹介させて頂きたいと思います。今年の上半期はシングル・アルバムともに、昨年以上にハイレベルな作品がたくさん届けられたので、ランキング作成は非常に困難を極めましたが、何とか自分の納得のいく順位がつけられたので、ご覧になってくださると幸いです。

ではまず楽曲部門からどうぞ!

◆J.B.S. 上半期音楽BEST◆(対象期間2009年12月~2010年5月)

[ 続きを読む ]
関連記事

Junear 『PLAT HOME』

2010年06月28日 19:30

PLAT HOME  

Junearのアルバム『PLAT HOME』(10.06.02)をレビュー。
昨年好評を博した配信アルバム「amazing love」収録曲の新録Ver.に全くの新曲を加えた、全7曲のミニアルバムです。ちなみにJunearにとっては、これが初となる自身名義でのCD作品となります。

1. 君といれば
2. Crazy Girl
3. amazing love

4. Glory Days
5. say goodbye
6. episode feat.meajyu
7. answer


故・ORITO氏を彷彿とさせる独特のハスキー・ボイスを武器に、日本のR&B/ソウルシーンで徐々に頭角を現しつつあるJunearが、この度待望のデビュー盤をリリース。宏実や傳田真央らを手がけるFink bro.トータル・プロデュースのもと、彼の円熟たるボーカルがついに、CDリリースという形で世に羽ばたいたのです。
[ 続きを読む ]
関連記事

ニューシングルレビュー:w-inds./CIMBA feat.宏実/ZANE/Ryo

2010年06月27日 19:30

Addicted to love(CD+DVD期間限定盤)  
◆w-inds. 『Addicted to love』
3月のアルバム「Another World」で、先鋭的なダンス・ミュージック路線へのシフトを完了したw-inds.の新作は、海外作家のペンによる、フューチャリスティックさ漂う激アツエレクトロ。サビ終わりの「ラッラッララッ♪」というキャッチーなフレーズの威力がとにかく凄絶で、生粋のクラブファンにも申し分ないアピールが図れるであろう1曲になっております。「Another World」で得た手応えを、今作で丁寧に昇華したのでしょう、慶太の歌唱をはじめ、自信と気迫に満ち溢れた要素がそれはもう目一杯投影されているので、非常に好感触でした。c/wに収録されている、ペーソスを含んだピアノ・サウンド滲む戯曲風R&Bダンサー『Love or Leave』も、彼らの志す新機軸の決め手となる楽曲でオススメ。


[ 続きを読む ]
関連記事

LUNA 『Complexxx~言えない気持ち~』

2010年06月26日 20:00

Complexxx~言えない気持ち  

クラブシーンにその名を馳せる女性シンガー:LUNAのニューアルバム『Complexxx~言えない気持ち~』(10.06.23)をレビュー。新録4曲に加え、2008年にリリースしたEP『FOCUS』からも3曲を収録したミニアルバムです。

1. P.S~迷わず言わせて
2. 素直になれなくて
3. ピエロ
4. Knock Out!!!
5. Falling Luv
6. 4ever
7. I Have A Dream feat.BES


かのLil'Kimばりにタフなラップを見せつけたHIP HOPウェートの1stアルバム『The Freak Show』、そしてMCとR&Bシンガーの二足の草鞋を履く自身のアビリティを、バランス良く提示した昨年リリースの2nd『QUEEN of STREET』を経て、この度LUNAが「完全歌モノ」仕様となる、3枚目のアルバム作品をドロップしました。渋い余韻を残す独特の節回しと、骨太なグルーヴを兼備した稀代の歌い手さんなので、シーンの動向を常日頃から見据えている方にとっては、まさにマストといえる1枚でしょう。

[ 続きを読む ]
関連記事

LIVEレポ 『JASMINE Zepp Tour "JASMINE WORLD"』

2010年06月25日 19:00



昨日、JASMINEの完全招待制のフリーLIVEツアー『JASMINE WORLD』に、友人と参加してきました!会場はZepp OSAKA。割り振られた整理番号が1600番台だったので、当初は友人とかなり不満を漏らしていたんですが、実際会場入りしてみると、割とすんなり前から4列目をキープすることが出来ましたw てか並んでいるのを見た限り、1000番までの参加者の数が少なくて気になったなぁ~何でやろ。ちなみに客層は、10代後半~20代前半あたりまでの若者が大半。中には一人で参戦しているであろう方も多く見受けられました。

≪セットリスト≫
01. THIS IS NOT A GAME
02. 恋
<MC>
03. L.I.P.S.
04. i'm in luv wit u
<衣装チェンジ>
05. JEALOUS
<MC>
06. sad to say
07. WHY
08. No More
<衣装チェンジ>
09. dear my friend
<MC>
10. Dreamin'

<ENCORE>
<衣装チェンジ>
<MC>

~SUPRISE TIME~
11. sad to say


[ 続きを読む ]
関連記事

西野カナ 『to LOVE』

2010年06月24日 19:30

to LOVE【初回生産限定盤】CD+DVD  

西野カナのニューアルバム『to LOVE』(10.06.23)をレビュー。昨年のアルバム「LOVE one.」リリース以降のシングルを余すことなく詰め込んだ、通算2枚目のオリジナルアルバムです。


1. *Prologue*~What a nice~
2. Best Friend
3. Summer Girl feat.MINMI
4. Hey Boy
5. もっと・・・

6. love&smile
7. このままで
8. MAYBE
9. WRONG

10. Come On Yes Yes Oh Yeah!!
11. Dear・・・
12. 会いたくて 会いたくて
13. You are the one
14. *Epilogue*~to LOVE~

オリコンでの初日指数が7万越えと、幸先の良い滑り出しを見せている今作。
着うた系ソングの界隈においては、他の追随を許さない地位にまで上り詰めた感のある彼女なだけに、大衆からの脚光を浴びるのも、もはや時間の問題ともいえる1枚でしょう。制作陣は、昨今のシングルA面曲を独占的に手がけてきたGIORGIO CANCEMIをはじめ、前作ぶりの登板となるJeff Miyahara、SiZK、そしてまさかのBACH LOGICら手堅い面子で構成。特に今回アルバム曲へのノータッチを貫徹したGIORGIO CANCEMIには、「空気を読んだ」という名目で、盛大な賛美を送ってあげたい思いです。

[ 続きを読む ]
関連記事

『NEO CLASSIX MIX -Season 3- mixed by KennyOne』

2010年06月23日 19:30



さて本日は、「THAT'S R&B!」以来1ヶ月ぶりとなる、
僕・KennyOneの新MIX『NEO CLASSIX MIX -Season 3-』をご紹介させて頂きます。今回のMIXは、比較的新しい楽曲のみで構成する「NEO CLASSIX MIX」シリーズの第3弾。今年の3月下旬から、6月の第2週までにリリース/発表された楽曲を対象(一部例外あり)に、シリーズ最多となる37曲を繋がせてもらいました。構想を練り始めた当初は、候補となる楽曲が非常に少なかったので、一時は制作を断念しようかとも思ったのですが、6月に入ってからリリース量が激増し、一定数の候補曲が集まったため、纏まった時間を見つけて一気に仕上げた次第です。

ちなみに今回は、対象期間内で最も輝いていたアーティストともいえる「Jine」の楽曲を、独自の手法でピックアップ。"Jineで始まり、Jineで終わるMIX"というこだわりのもと、試行錯誤を重ねた結果、何とかひとつの形にすることが出来ました。相変わらず拙く、しかも1曲目がスローという突飛な構成ではありますが、聴いて頂けると幸いです。

尚、公開手段は前作に引き続き、TwitterのDj_KennyOneアカウントを介してのみとさせて頂きますので、
もし聴いてくださるという方がおりましたら、お手数ですが、上記のアカウントをフォローしてください。
よろしくお願いいたします。(詳しい手順については、追記をご覧下さい。)

追記にて、プレイリストを掲載させてもらっています。
今回は夏が近いせいか、必然的にかなりハイテンションな選抜になりました。
マイナーな楽曲も多く採用したつもりなので、これを機にチェックしてくださると嬉しいです!

[ 続きを読む ]
関連記事

DJ KOMORI 『WHAT'S R&B? 2010』

2010年06月22日 19:30

WHAT’S R&B?2010  

DJ KOMORIの最新MIX CD『WHAT'S R&B? 2010』(10.06.23)をレビュー。
前作「WHAT'S R&B?」以来約1年7ヶ月ぶりとなる、自身2枚目の邦楽R&B MIX CDです。

1. Blue Magic feat. 日之内エミ / DJ KOMORI
2. Can't Let Go / Jay'ed
3. DNA☆ / mochA
4. Hipnotic Superstar feat. KM-MARKIT/ L&J
5. 夜明け -DAWN- / CHEMISTRY
6. Jump around (DJ KOMORI REMIX) / Sweep
7. New World / w-inds
8. Delete My Memories / 三浦大知
9. movin' on / 為岡そのみ
10. Sparkle☆Train worked by Mark de Clive-Lowe / SOULHEAD
11. ENERGY / 山口リサ
12. Focus on Me / EMI MARIA
13. Colorful World / 宏実
14. 届けたい・・・ feat. KEN THE 390 / 青山テルマ
15. Closer / TSUYOSHI
16. Get Ready-Nite 2 Remember-feat. Sowelu & BIG-O / JHETT a.k.a. YAKKO for AQUARIUS
17. Once Upon a Star / MINMI
18. I never dreamed~I’M NOT DREAMING / Sweep×DJ KOMORI
19. 太陽 (DJ KOMORI REMIX) / Asami, ANTY the 紅乃壱 & 山口リサ
20. Like a bird feat. CORN HEAD / AI
21. BRAND NEW DAY / Full Of Harmony
22. 君色日和 / MIHIRO~マイロ~
23. Song For You / 真之介
24. I Have No Choice / 露崎春女
25. Birthday Song / AI & ANTY the 紅乃壱
26. Can you hear me / LEO
27. Home / YOUNGSHIM


J-R&Bファンは勿論、業界からも多大な反響があったという日本語R&B MIX『WHAT'S R&B?』
シーン屈指を誇る並外れたセンスと、彼のR&Bへの際限ない"愛"が遺憾なく注ぎ込まれた1枚で、俺自身、非常に強い感銘を受けたと同時に、自分の中の凝り固まった「R&B観」を和らげる良い契機にもなりました(詳しくは私・KennyOne作のMIX紹介記事「THAT'S R&B!」を参照のこと)。そして今回ドロップされたこの『WHAT'S R&B? 2010』。選曲は、前作以降にリリースされた楽曲が大半を占めており、各年代の楽曲を満遍なく分散させた前作よりも、幾分フレッシュなラインナップに。これにはKOMORI氏が「日本のR&Bに対するイメージをUPDATEできる位のクオリティー」と自ら豪語するほどなのですが、個人的には新鮮味云々の前に、彼が制作に携わった楽曲、すなわち「彼発信のR&B」が非常に高い割合で収録されている点(27曲中6曲)が、良くも悪くも気になります。まぁ彼がR&Bプロデューサーとしても積極的に立ち回り始めた時期が「WHAT'S R&B?」のリリース以降なので、やむを得ない構成なのかもしれないですが、さすがにこのナルシシズム全開の贔屓は、度が過ぎているような気がするんですよね(ちなみに盟友・UTA氏関与の楽曲も多しw)。前作での均整の取れた選曲に、心底惚れ惚れした時代が前提としてあるだけに尚のこと、ね。

[ 続きを読む ]
関連記事

阪井あゆみ 『Precious』

2010年06月21日 19:30

Precious 【初回限定盤】  

雑誌「CanCam」の専属モデルでもある女性シンガー:阪井あゆみのニューアルバム『Precious』(10.06.16)をレビュー。これまでにリリースしたシングルのA面曲及びc/wを網羅した、歌手デビュー後初となるアルバム作品です。

1. ex-lover
2. Home Sweet Home
3. re-set (ALBUM VERSION)
4. 悲しみを愛しさで
5. 横顔
6. tears

7. Strike One
8. STRONG BODY
9. ユー・メイ・ドリーム

10. Fun to the night
11. ありがとう~I miss you~
12. 恋咲き
13. KONAYUKI
14. Precious

[ 続きを読む ]

Crystal Kay 『FLASH』

2010年06月20日 20:44

FLASH(初回生産限定盤)(DVD付)  

Crystal Kayのニューアルバム『FLASH』(10.06.16)をレビュー。
CMで話題の楽曲を含む、全7曲収録のミニアルバムです。

1. Intro-Genesis-
2. FLASH
3. Victoria

4. Never say goodbye
5. Happy
6. I pray
7. Outro

昨年8月のシングル『After Love-First Boyfriend-feat.KANAME(CHEMISTRY)/Girlfriend feat.BoA』を皮切りに、LIVEにリリースにと、自身のデビュー10周年を精力的に駆け抜けてきたクリちゃん。そんな彼女が、7月のデビュー11年目に向けて、「WILD STYLE」=「ワルスタル」なる、如何にも勇ましい"ネクスト・ステージ"を提唱。アグレッシブなダンスチューンや柔和なスローなど、一見従来と何ら変哲のないラインナップですが、そこには彼女がこの1年で築き上げてきた強靭なヴァイブスと、現在進行形の「攻め」のアティテュードとが融合した、目覚ましいほどに真っ新な世界が広がっておりました。
[ 続きを読む ]
関連記事

イベントレポ 『P×9cafe 3rd Anniversary R&B SP 三浦大知/宏実/HI-D/YOUNGSHIM』

2010年06月19日 21:03

 

昨日、枚方にあるクラブ:P×9 cafeのイベント『P×9cafe 3rd Anniversary R&B SP』に、友人3人と行って参りました!3周年記念イベントということで、ゲストが三浦大知、宏実、YOUNGSHIM、そしてHI-Dと超豪華!どのお方も、俺が兼ねてから愛してやまないアーティストだったので、イベント当日の数日前から興奮しっ放しでございました。そして親交の深いアーティスト同士が集結していることもあって、LIVEはサプライズ感溢れるコラボレーションの嵐!とことんいいものを見せて頂いたので、この感動が、少しでも見てくださる方に伝われば幸いです!



◆RhYfU◆
まず、二部のSHOWCASEで登場したRhYfU。
大阪を代表する男性R&Bシンガー・真之介氏のもとで鋭意修行中の勢いあるシンガーさんです。
この日は洋楽トラックをベースにしたLIVEではお馴染みの楽曲から、ラストには同じく大阪のクラブシーンで活動する女性シンガー:Licanaを招き、Ne-YoとRihannaによるデュエット『Hate That I Love You』のカバーも熱唱!(写真参照)完全に意表を突かれたコラボレーションに、着いて早々ヤラれちゃいました。
[ 続きを読む ]
関連記事

ニューシングルレビュー:久保田利伸/Manami

2010年06月18日 20:13

LOVE RAIN~恋の雨~  
◆久保田利伸 『LOVE RAIN~恋の雨~』
アルバム「Timeless Fly」が依然好評な久保田氏のニューシングルは、「ロンバケ」以来実に14年ぶりの月9主題歌。久保田節全開ともいえる透明感のある歌謡ナンバーで、「雨」と冠されているのが嘘のように、爽やかなグルーヴで満ち溢れた1曲になっております。「J-R&Bの草分け」の名にかけて、あらゆる手法を尽くしてディープなR&Bを展開した「Timeless Fly」から一転、ドラマ主題歌とはいえ、再びこうして芳醇なアーバン・ポップスに回帰してくれたことを、俺自身、非常に嬉しく思います。コテコテのR&Bもいいけど、やっぱり彼のセンスは、こうした明快なナンバーでこそ、存分に威力が発揮されると思うんですよね。シンプルな起伏ながら個性の滲み出たメロディーライン、こざっぱりとしたコーラスワーク、そしていつだってジェントルなリリック――。万人に愛されてやまない彼のスタンダードな魅力が、この1曲に集約されているといっても過言ではないので、是非ご賞味を。。c/wには、例のアルバム「Timeless Fly」の導入部を担っていたスムース・トラックのフル・バージョン『Timeless Affection ~Full version~』を収録。こちらも磐石たる出来です。そして余談ですが、今回のジャケット、可愛らしくて好きですw


[ 続きを読む ]
関連記事

JASMINE、アルバム『GOLD』のジャケット&収録曲解禁!

2010年06月16日 21:39



今年に入ってから、当ブログでも積極的にピックアップさせてもらっているJASMINEですが、
先日待望となる1stアルバムのリリースがアナウンスされ、そして今回、そのジャケット写真と収録曲の概要が、公式サイトで発表されていたのでご紹介!

まず、アルバムタイトルは『GOLD』に決定。
デビュー以来、毎シングルで何らかのコンセプト・カラーを打ち出して来た彼女の集大成は、「金色」となりました。


それでは次に、神々しいジャケットの方を、ちゅどーーん!(©真之介)

[ 続きを読む ]
関連記事

ニューシングルレビュー:EXILE/May J./CIMBA/Lily.

2010年06月16日 12:30

FANTASY  
◆EXILE 『FANTASY』
業界初の「ダブル・マキシシングル(笑)」と謳われ話題のEXILEの新作。
インストも含め全8曲の新曲を収録という、とにかくボリューム盛りだくさんのミニアr・・・ダブル・マキシシングルになっておりますはい。主な収録曲は、サッカーW杯日本代表の応援ソング『VICTORY』、シリーズの完結編となるかが注目される意気盛んなR&Bチューン『24karats -STAY GOLD-』、平和祈願を込めたATSUSHIソロ曲『願い』、TAKAHIROのへなちょこ歌唱の衝撃が清涼感押しのトラックによって軽減されたアップ『My Station』などなど。中でも特筆すべきは、新生J Soul Brothers出身の2人・NESMITHとSHOKICHIがメインを執った『Make it Last Forever』!EXILE加入後も、少ないながら歌唱の出番を与えられてきた2人ですが、ここまで彼らの潤沢なボーカリゼーションをダイレクトに感じられた曲というのは、それこそJ Soul Brothers以来のような気がするんです。Lil'showyの手による抜かりない美麗トラックもさることながら、R&Bとポップスの狭間を巧妙に行き交うメロディーラインがまた絶品で、「やっぱりJ Soulは継続させるべきだったっしょ~」と、今更ながら痛恨がるほどでした。大仰さ甚だしい「ハレ~ルヤ~♪」に出端をくじかれた方も、騙されたと思って、一度チェックされることをお勧めします。


[ 続きを読む ]
関連記事

S'capade 『S'capade』

2010年06月15日 19:00

S’capade(初回生産限定盤)(DVD付)  
SOUL'd OUTのサウンド・ブレインであるShinnosukeのソロプロジェクト:S'capadeのアルバム『S'capade』(10.06.09)をレビュー。Sowelu、傳田真央、土屋アンナなど、各方面から女性シンガーを招いた、全13曲収録です。

1. Theme Of S’capade
2. Boogie Woogie Ruby feat.Mye from VANILLASKY
3. HOT BODY feat.Sowelu
4. Dirty Beauty feat.土屋アンナ

5. Mid Night Sweet feat.傳田真央
6. E.D.E.N. feat.Miki michelle,IQ
7. Paradise Garage feat.加賀美セイラ
8. Serious feat.Laylah
9. 忘れないで feat.alan
10. Every 4 U feat.AZU
11. Don’t Leave Me feat.高杉さと美
12. B Side feat.千代
13. Starry Magic feat.吉田愛璃


昨年11月に、配信シングル「Every 4 U feat.AZU」をもって始動した今プロジェクト。
以降「女性ボーカリストのみを客演に迎える」という形態でコンスタントに作品を生み落とすも、プロモーション量の少なさからか、今ひとつパッとしない印象も否めませんでした。が、そんな中いよいよ、CD媒体でのアルバムリリースを遂行。シーンを司る中堅どころから無名の新人、更には異色ともいえる突飛な取り合わせまで、彼のアクロバティックなトラック上で躍る、計12人の女性シンガーの絢爛ぶりにどれほどの話題が集まるのか、注目しています。
[ 続きを読む ]

いろいろ雑記:Licana/CIMBA etc

2010年06月10日 19:30

  
まず告知、というか宣伝なのですが、この度、クラブミュージックを取り扱う雑誌『FLOOR net』さんの最新号内の特集「KOREAN MUSIC なう」に、「協力」という形で、微力ながら参加させて頂きました!

URLはこちら⇒www.factry.co.jp/floornet/137/c1.htm

雑誌どころか、メディア自体に自分が参加するのは今回が初めてて、お話を頂いた際に、「果たして自分なんかが役の立つのかな」と少々消極的だったのですが、今回お声をかけてくださった佐藤公郎氏が、非常に温かく真摯なご対応をしてくださったおかげで、何とか今自分の持っている限りの力を注ぎ込むことが出来たように思います。本当に、ありがとうございました。

内容は、今をときめく、K-POPシーンを代表するアーティストの紹介記事。
俺のブログでもPUSHさせてもらっている4 Minuteをはじめ、勢いを感じさせる新鋭が数多く掲載された、超強力なラインナップになっておりますので、よかったら書店にて、チェックの方よろしくお願いいたします!

ちなみに↑の画像は、参加したという証拠写真w 俺の名前とこのブログのURLを、クレジットとして掲載して頂きました。恐縮です。



先日ニューシングルレビューの中でご紹介した、three NATIONのMC・ZANE氏
その彼のブログにて、先日俺のブログが紹介されました。ありがとうございます!

URLはこちら⇒http://www.zane.jp/codex/archives/668

こないだのCIMBA氏に続き、アーティストの方に俺の名前を出して頂けて、音楽をこよなく愛しているが故に、このブログを運営している立場としては、本当に感慨無量です。しかも前々からご覧になって頂いていたとか・・・嬉しすぎる!アーティストの方に限らず、こうやって俺のスタンスを、少しでも理解してくださっている方が確かに存在するということは、運営を継続していく上で、非常に励みになりますね、まったく幸せ者っす俺は(´∀`)

[ 続きを読む ]
関連記事

Jine 『If I Said』:ニューシングルレビュー特別篇

2010年06月09日 20:00



≪驚愕の世界観、絶異の余韻。これぞ、彼らにしかできない"R&B"≫


先月、デジタル・シングル「Superhero」を以て表舞台へとカムバックした、J-R&B界のリーサルウェポンことJine。
その彼らが、早くも次の配信曲『If I Said』を、本日・6月9日にドロップ。イントロを聴いた瞬間から五感がざわつき始め、聴き終わる頃にはもう完全に虜。「これでこそJine!最高や!」と高らかに喧伝せずにはいられない、磐石の逸品に仕上がっています。

[ 続きを読む ]
関連記事

松下優也 『I AM ME』

2010年06月09日 12:00

I AM ME【初回生産限定盤】  

俳優としても活動する、松下優也のニューアルバム『I AM ME』(10.06.03)をレビュー。
一昨年にリリースした「foolish foolish」以降の全てのシングルを収録した、自身初となるアルバム作品です。

1. Prologue ~I AM ME~
2. YOU
3. foolish foolish

4. Interlude I
5. Mr."Broken Heart"
6. LAST SNOW
7. 声にならなくて feat.Sista
8. Agitation

9. Interlude II
10. ふたり
11. 願いがかなうなら… -Album Version-
12. Trust Me

13. first snow feat.Sista
14. その時までのサヨナラ
15. Interlude III
16. Hallucination
17. Kiss me
18. Honesty

2008年のデビューから、実に1年8ヶ月。
甘いマスクで女性ファンからの支持も厚い松下君が、待望の1stアルバムを完成させました。
全18曲というボリューム十分の内容には、これまでに彼が歩んできた時間の軌跡そのままを落とし込んだ既発曲の数々が、さもこの瞬間を待っていたとばかりにズラリ。まさに「半ベスト盤」と呼ぶに相応しい、正真正銘の集成作品です。


[ 続きを読む ]
関連記事

PV紹介 #54:DJ KOMORI feat.日之内エミ/Crystal Kay/w-inds. etc

2010年06月07日 21:19

◆DJ KOMORI 『Blue Magic feat.日之内エミ』・・・6月23日リリースのKOMORI氏の邦楽MIX「WHAT'S R&B? 2010」から、リードトラックのPVが到着。日之内ちゃんフックアップで嬉しい限りなんですが、どうせならPVにも出演してほしかったなぁ~。まぁビデオの作り自体は、非常に夏っぽい毛色で好感なんですけど。


◆Crystal Kay 『FLASH』・・・6月16日リリースのCrystal Kayのミニアルバム「FLASH」から、タイトルチューンのPV。ひっさびさに踊ってる彼女を見たら、なんか凄くテンションが上がりましたわ~。一般公募したエキストラのダンサーの見せ場も十分。


◆Soulja 『月光~GOD'S CHILD~ feat.鬼束ちひろ』・・・6月16日リリースのSouljaのアルバム『Letters』から、鬼束ちひろの神曲サンプリング楽曲のPV。まぁ、曲を聴く前にある程度の見当が付くとは思うんですが、ほんと最悪な出来っすw PVこそ原曲の荘厳な世界観が踏襲されてはいるものの、Souljaのラップがそれらすべてを台無しにしちゃってて、まったく勘弁して欲しいですわ~。総すかん食らうのは必至だろうなこりゃ。。


その他のPVは追記をご覧下さい。

[ 続きを読む ]
関連記事

ニューシングルレビュー:スポンテニア/黒木メイサ

2010年06月06日 19:30

JAM  
◆スポンテニア 『JAM』
2007年を最後に活動が停滞していた女性シンガー・名取香りを、しれっと正式メンバーに加えた新生スポンテニアのニューシングルは、"脱・泣きうた"を大胆に図った、フロア受け必至のダイナミックなエレクトロチューン。随所に散りばめられたキャッチーなギミックと、名取香りの妖艶かつアグレッシブなボーカルとがこの上なく痛快に呼応し合っており、一度触れたら最後、中毒の泥沼から抜け出せなくなります。Jeff MiyaharaとBACH LOGICの究竟コンビがこぞって参加していることも、今楽曲のクオリティの高さをスムーズに頷かせる特筆すべき点ですが、何よりも安直な楽曲の乱発で、「共感されてナンボ」だった昨今の自分たちの所業を自ら一蹴してのけてみせた、彼らのその奮起ぶりが勇ましすぎるわけです。今のところ売れ行きはあまりよろしくないようですが、名取香りという強力な助っ人も投入したことですし、これから本格的なイメージチェンジに向けて、是非とも精進して頂きたいところ。つかみは完璧ですよ!

c/wには、AYUSE KOZUEチックな香り嬢のボーカルが後引く歌謡ミドルダンサー『WHY』と、立体感あるフロウとミステリアスなトラックが交錯するヘビーなエレクトロ『NOW OR NEVER』を収録。どちらも現在のパンクな彼らを体感するにはもってこいの良曲です。




[ 続きを読む ]
関連記事

J.B.S.アンケート 『あなたが好きな「宏実」の曲は何ですか?』概要

2010年06月06日 10:00



えー既に、ブログ右のプラグインにて開始させてもらっているんですが、
昨日より久々に、『J.B.S.アンケート』を実施させてもらっています。

今回のテーマは、『あなたが好きな「宏実」の曲は何ですか?』(実施期間:7月5日まで)。
その名の通り、現行J-R&Bシーンに燦然と輝く歌姫・宏実の楽曲をいくつか挙げさせてもらっているので、
その中(該当する曲がない場合はその他)から1曲を選んで、ご投票くださいませ。
その際に、その曲をお選びになった理由なども、コメント欄に添えてご投票頂けると非常にありがたいです。

というのも今回のアンケート、今夏に行う予定の「とある企画」と強く連動しており、
是非ともこのブログをご覧になって下さる皆さんのご意見が、少しでも多く頂ければなぁと思っている次第でして。
名曲多しの彼女なので、その中から1曲に絞るというのは非常に難儀なことだとは思うのですが、
よろしければ清きご一票の方を、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
尚、今回の対象楽曲は、宏実主導のもののみとさせて頂いてます(客演している楽曲は除外)。



≪宏実≫
R&B Singer-songwriter。強から柔まで、自在に操る彩り豊かな「Rainbow Voice」でR&Bファンのみならず多くのリスナーを魅了する。4歳の時より生田流箏を始め、幼少期から音楽に触れ育つ。高校卒業後Bostonに留学、現地で2年間半、現地大学に通う傍らボイストレーニングを受ける。帰国後、2005年より日本での活動を再開。2006年、R&BプロデューサーNao'ymtのコラボレーション企画『wit'』に参加し、iTMSにて楽曲配信し、R&Bファンの中で話題となる。(2008年4月、CD発売。) 2008年5月、1stミニアルバム『True Colors』発売。聴く人をみな虜にしてしまうような歌唱スタイル、宏実独特の、ストレートかつ等身大の歌詞が共感を呼び、大好評となる。また、他のアーティストからも多く支持を受け、多数の作品にFeaturing参加している。2009年6月24日、1stフルアルバム『RAINBOW』発売。続けて9月には1st Single『愛されたい』、そして12月2日には、冬向けの甘くて心温まる曲を集めた『HOT CHOCOLATE』をレンタル・配信でリリース。(以上、公式ブログより引用)

◆Official Site⇒http://hiromisrainbow.syncl.jp/
◆Official Blog⇒http://ameblo.jp/hiromisrainbow/



ブログパーツ

関連記事

BENI 『Lovebox』

2010年06月05日 21:15

  

BENIのニューアルバム『Lovebox』(10.06.02)をレビュー。
前作「Bitter&Sweet」から僅か9ヶ月のスパンでドロップされた、移籍・改名後2枚目となるアルバムです。

1. Lovebox Intro
2. ユラユラ
3. サイン
4. 瞳とじて
5. ギミギミ
6. Girl's Night feat.JAMOSA
7. a million jewels
8. 君じゃなきゃ
9. bye bye
10. MOVE

11. break the rule
12. he is mine
13. マイ・フレンド
14. Message
15. ずっと二人で unplugged version

天賦ともいえる美貌の持ち主・BENIさん。
その誰もが羨むビジュアルも戦略のひとつに掲げながら、昨年以降、着実に躍進を経てきています。
そんな彼女の新作には、今井大介や3rd Productions.といった鉄板の面々をはじめ、STYや葛谷葉子ら、魅力溢れる布陣も初参加。「"BENI 第2章"を締めくくる恰好の作品になるのではないか」と、リリース前から、それはそれは期待に胸膨らませていました。

[ 続きを読む ]
関連記事

COMA-CHI 『Beauty or the Beast?』

2010年06月04日 19:30

Beauty or the Beast?   

COMA-CHIのニューアルバム『Beauty or the Beast?』(10.05.26)をレビュー。
配信ヒット3曲を含む、全10曲収録です。

1. Beauty or the Beast?
2. TIME 2 PARTY feat.AK-69

3. boyz!boyz!
4. ギュッと抱きしめて♡
5. spextacy ~U.F.O.!!~

6. イエナイ
7. Love symphony feat.JAY'ED

8. Heaven
9. STEP UP!
10. oneness

「クール、そして男勝りなラップで大衆を畳み込む」という固定的なイメージも、MCらしからぬ柔な母性と、MCならではの流麗な抑揚を兼備したハイブリッドなボーカルを強く打ち出して以降は、次第に鳴りを潜めつつある彼女。昨年2月のメジャーデビュー以降、今作を含めて、既に3枚ものアルバム(うち1枚はコンセプトアルバム)をドロップしてきたわけですが、昨年暮れから続けざまにリリースされた配信シングルは、いずれも「メロディー」が核を担ったボーカルありきのもので、そのキャッチーぶりに心躍っていた反面、『「RED NAKED」でこれ見よがしに晒していた、ハーコースタイルのCOMA-CHIにはもう会えないのかな・・・』と少し寂しい気持ちに駆られていたことも、この機会に正直に吐露しておきます。

ただ今作を聴いて、彼女のことを少しでも軽んじた自分自身が、途端に滑稽に思えてきて、恥ずかしくなりました。というのも、アルバム用の新曲5曲が、どれもパワーバランスに長けた、主張性のあるキラーチューンばかりだったんですよね。これには10曲という低ボリュームからくる先入的な物足りなさも、遙か彼方に吹っ飛びましたw 「彼女にとってはラップも歌も、自分の思惑を伝達する上での大切な手段の一つであって、それに口出しする権利なんて、俺なんかにあるわけなかったんだ・・・」と、少し大袈裟ですが、そう気付かせ、素直に改心させてくれるほどに確固とした説得力を伴って、今回俺の胸に飛び込んでこられたのです。やっぱり、高なんて括るものじゃありませんね。なんてったって、ヤツは「COMA-CHI」、なのですから。

[ 続きを読む ]
関連記事

LIVEレポ 『EMI MARIA 2010 Release Party 「-CONTRAST-」』

2010年06月03日 20:00



昨日、友人2人と、EMI MARIAのLIVE『EMI MARIA 2010 Release Party 「-CONTRAST-」』に行って参りました!表題のとおり、3月にリリースしたアルバム「CONTRAST」のリリースを記念したもので、場所は大阪梅田のライブハウス・Shangri-la。オールスタンディングで最大400人収容というかなり小規模なキャパで、かつ整理番号が奇跡の一桁台だったため、言わずもがな最前列の中央でたっぷり拝んできましたよ!客層は、20代とみられる男女がほとんどで、中には貫禄のあるB系オジサンの姿もw ホーム・グラウンドである大阪でのLIVEだけあって、クラブシンガー時代から彼女を見守ってきた方たちが、彼女の"晴れ舞台"を一目見ようとたくさん集まっていたようです。


ただ最前列というところまでは運が良かったのですが、それ故にステージ床に貼られているセットリストや構成を記した紙、いわゆる「カンペ」が、自分の立っている位置から丸見えの状態でございまして、開場から開演までの間に、「知りたい・・・でも知りたくない~ソンヲスル~」と、自分の中で必死に欲を堪えてましたw いくら小規模なLIVEとはいえ、ああいうのはもう少し配慮してほしいよなぁ。般若やJAY'EDといった、ビッグ・アーティストが参戦することもふとしたことで目に飛び込んできてしまい、LIVE特有の期待感も半減しちゃいました。何でわざわざ開演前にネタバレされなきゃいけないんすかw(ちなみに後から知ったんですが、一応HPの方で事前告知はあったようです)


では、気を取り直して本編レポでーす。


[ 続きを読む ]
関連記事

JASMINE、いよいよ1stアルバムをリリース!/安室奈美恵シングルetc

2010年06月02日 11:00



いよいよ出ます!

JASMINE待望の1stアルバムが、7月21日にリリースされることが分かりました!
タイトルや、収録曲等の詳細はまだ明らかになってはいませんが、デビューシングル「sad to say」から、最新シングル「Dreamin'」までのシングル曲すべてが収録されることは判明、更に初回盤には、「色」をテーマに独自の世界観を切り開いてきた、全シングル曲のPVが収められたDVDが付属するとのことで、これは間違いなく初回盤が買いです!

デビューから僅か1年で、着実にファンの心を掴んできたJASMINE。
その彼女の駆け抜けてきた煌びやかな軌跡が、この1枚に集約されているといっても決して過言ではないので、シーンの動向に目がない方は、迷わずチェックしたいところ。

個人的には、代々のシングルを強力にバックアップしてきたJeff Miyahara氏が、果たしてどのくらいの割合で関与しているかが非常に気になります。彼今本当に絶好調ですからね~もしも全曲が彼によるプロデュースでも、今回ばかりは全然許せちゃいそう。

今月下旬には、「Zepp SAPPORO」を皮切りに、初となる本格LIVEツアーがスタート。
しかもフリーLIVEとはまた、太っ腹ですよねぇ。俺も参戦予定なので、当選した方は楽しみましょう!

◆Official⇒http://www.jasmine-world.net/


[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。