スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBSマンスリーチャート:2012年5月

2012年05月31日 18:00

◆JBS MONTHLY CHART -2012 May-◆

<SINGLE CHART>


No.1 Dream On feat. 三浦大知 / 福原美穂


No.2 Our Promise / HEAT_CZR


No.3 Two Hearts / 三浦大知
[ 続きを読む ]
関連記事
スポンサーサイト

MoNa a.k.a. Sad Girl 『Never Say Never』

2012年05月30日 20:49

 
<アルバムレビュー>
MoNa a.k.a. Sad Girl 『Never Say Never』 (2012/5/23)

1. Girlz do it better
2. Azucena

3. Haa-Hoo
4. Come back to me feat. Tommy-C
5. R.I.P
6. The best day of my life

7. Interlude
8. Bang feat. Surelo
9. Fuck love
10. I don't care!!
11. Asian Funk feat. GIPPER, 大地, Yow & タブゾンビ
12. Futuro

13. Never say never
[ 続きを読む ]
関連記事

StandOut!! #4:imalin 『Love Will Tell』 & 『until』

2012年05月29日 20:00

 

毎回フレッシュなミュージシャンに焦点を当てる『StandOut!!』、第4回目は気鋭のトラックメイカー/プロデューサーとして多方面から信頼を得るimalinをフィーチャー。2010年にシングル作「Wonderful Life」、2011年春には初のEP作品『imalin Presents...MUSICA』を発表し、才能溢れるヴォーカリストとの華麗なるコラボレーションも相まってここ数年着実なステップアップを図ってきたimalinですが、このほど同時リリースされた約一年ぶりの新作「Love will tell」「until」は、そんな彼のグルーヴ溢れる音楽性の象徴とも言うべき二曲であるとともに、新たな可能性もゾクゾクと感じさせるフレキシブルな内容に仕上がっています。

[ 続きを読む ]
関連記事

ライブレポ:『松下優也 LIVE TOUR 2012 ~2U~』 @Zepp Divercity

2012年05月28日 19:00



昨日行われた「松下優也 LIVE TOUR 2012 ~2U~」のファイナル公演に行ってきました。
場所は、今春オープンしたばかりのZepp Divercity。女性を中心に熱狂的なファンが多く詰めかけていたこのライブで、彼は歌に踊りにと天性の才能を発揮し、全22公演のラストを締めくくるに相応しい躍動的なパフォーマンスで魅せてくれました。
[ 続きを読む ]
関連記事

シングル・レコメンド:Tina 『Starting Over』/西野カナ/Natural Radio Station feat.宏実/D-AI

2012年05月26日 19:00

 
◆Tina 『Starting Over』
『PRIDE』以来2年3ヶ月ぶりとなるTinaの新作は、圧倒的な歌唱が全面に打ち出されたソウル・バラード。叫びのごとく歪んだギター・サウンドとの融合により、シンプルな構成や歌詞の持つメッセージにおいてもリアルな力強さが発揮され、長きに渡ってキャリアを積んできた彼女ならではの”深み”が冴え渡ります。また母の日をテーマにBENNIE KのYUKI“Jolly Roger”が書き下ろした「Mother's Day」や、ラッパーのAnarchyを招いた虚無的ミドル・トラック「Sincerity」などカップリング曲の方も充実しており、久しぶりのTinaの歌声を噛みしめるのに打ってつけの1枚です。7月4日には、通算4枚目のオリジナル・アルバム『A Song For You』の発売も決定しており、さらなる飛躍に期待がかかります。
[ 続きを読む ]
関連記事

PV紹介#125:EXILE 『ALL NIGHT LONG』/安室奈美恵 『ONLY YOU』/Crystal Kay/加藤ミリヤ/Vimclip/石川マリー etc

2012年05月25日 02:00

◆EXILE 『ALL NIGHT LONG』
RPGさながらの世界観が圧巻なEXILEのニューシングル。
 
[ 続きを読む ]
関連記事

StandOut!! #3:RICHICA 『This One』

2012年05月24日 19:42



音は時として、人の持つ性格や、その背景に根付く緻密なバックボーンまでもを鮮明に象る。荒ぶるギターで怒り、囁くようなピアノの音色で悲しさ、といった具合に様々な手法で楽曲を飾り立てるサウンドたちは、アーティストからリスナーへ、伝えたい感動をスマートに受け渡す重要なパイプの役割を果たしていると言っても過言ではないだろう。今回この「StandOut!!」で紹介する女性シンガー:RICHICAも、表情豊かなサウンドとの表裏一体の関係に親しみ、日々邁進している新鋭アーティストの一人だ。それを裏付けるように、このたびリリースされた1stアルバム『This One』では、エッジの効いたオーガニックな音群を味方に自ら溌剌と思いを届けるありのままの彼女が見て取れ、感情を表現することの意義深さをつくづく実感させられる。
[ 続きを読む ]

SONOMI 『I』

2012年05月23日 19:00

 
<アルバムレビュー>
SONOMI 『I』 (2012/5/23)

1. 何とかなる
2. 感情リテラシー
3. ai ai ai
4. ツモリツモッテ
5. 明日会いましょう
6. A Day (Bonus Track)
[ 続きを読む ]
関連記事

SHUN 『TEEN SOLDIER』

2012年05月22日 20:09


<アルバムレビュー>
SHUN 『TEEN SOLDIER』 (2012/5/8)

1. Go Ahead
2. Beautiful World
3. Move On Up
4. No More Love
5. TEEN SOLDIER

6. Critical Mind feat. AISHA
7. Yellow Black Boy
8. I’m Stronger feat. LITTLE

9. チャレンジャー
10. STAY
11. Never Ending Story
[ 続きを読む ]

LISA 『Family』

2012年05月21日 19:30


<アルバムレビュー>
LISA 『Family』 (2012/5/16)

1. New Days
2. Smile Again feat. JAMOSA
3. Your Birthday
4. 瞳をとじて

5. Pages...
6. color
7. Angel feat.ZANE
8. Never Alone
9. Winter Sky
10. Family
11. Only You mix LISA / FIREWORK DJs (bonus tracks)
12. So Bright feat. LISA / YUMMY (bonus tracks)
13. www.~World Wide Wisteria~ Collaboration with LISA / 杏子 (bonus tracks)
14. BREAK FREE feat. LISA / 中村舞子 (bonus tracks)
15. Back Stage Pass feat.LISA / CLIFF EDGE (bonus tracks)
[ 続きを読む ]
関連記事

シングル・レコメンド:福原美穂『Dream On feat.三浦大知』/SHINee/青山テルマ/Happiness/8utterfly×TSUYOSHI/Davira

2012年05月21日 00:53

 
◆福原美穂 『Dream On feat. 三浦大知』
ニューアルバム『The Best of Soul Extreme』の発売が6月に決定した福原美穂の最新シングル。今回は、若手エンタテイナーのトップをひた走る三浦大知との同学年コラボが実現。勇壮なシンセ・サウンドが鳴り響く中、抜群のボーカルワークを武器に熱いメッセージを投げかけます。そして今回は、カップリングもすこぶる粒揃い。福原の繊細な表現力に圧倒される同曲のピアノ弾き語りver.、そして昨年発表されたAIとのコラボレーションが、ソリッドかつ超クールなR&Bサウンドに再構築された「O2 feat. AI -Seiji Basement Mix-」と、ブラックミュージックに身を投じる福原の意欲をこの一枚で表現したかのような充実の内容になっています。


[ 続きを読む ]
関連記事

福原美穂 ニューアルバム『The Best of Soul Extreme』を6月リリース

2012年05月20日 13:31

  

三浦大知とのコラボが実現した最新シングル「Dream On feat. 三浦大知」も好評を得ている福原美穂が、6月13日におよそ二年ぶりとなるフルアルバム『The Best of Soul Extreme』を発売することが分かりました。
[ 続きを読む ]
関連記事

PV紹介#124:平井堅 『告白』/MAY'S 『SKY』/KG/SONOMI/Chara/C&K

2012年05月18日 15:00

◆平井堅 『告白』・・・5月30日発売の平井堅の一年ぶりのとなるニューシングル。妖艶な平井さんワールド炸裂です。
 
[ 続きを読む ]
関連記事

4周年ご挨拶&アニバーサリー企画 『あなたの人生を変えた一曲』『今もっとも大好きな一曲』集計結果発表

2012年05月16日 21:00



このサイトを始めて数年。
本当に多くのことを学ばせてもらいました。
良いものをより良く表現するにはどうすればいいのか。
作品の意図はどのように紐解いていくのがベストなのか。
そもそも、伝えるとはどういうことなのか――
まだその全ての答えが導き出せたわけではないのかもしれません。
でもそういった事柄一つ一つと真摯に向き合い、
音楽との親和性を高めようと日々努力しているのは紛れもない事実であり、
四年前の自分と比べての決定的な成長の表れでもあります。

また音楽だけでなく、
数え切れない同志や関係者の方との出会いにも恵まれたことで、
本来の自分にはない要素をたくさん吸収することが出来ました。
特にこの一年は、上京を果たしたことで不安や葛藤に多々見舞われる中、
皆さんとの交流や温かいお言葉の数々が自分自身の原動力になったと同時に、
「まだまだ限界を感じてはいけない」と気を引き締める大きな契機にもなりました。
本当に、ありがとうございます。

本日、5月16日付けでこの「Japanese Black Style」は開設4周年を迎えました。
紆余曲折ありましたが、根っからの三日坊主でただの音楽馬鹿でしかなかった一人の男が、
長い道のりをここまでせっせと歩いてきたのだと思うと未だに不思議で仕方ありません。
でもそれこそが自分の築いてきた成果なのだと思うと、
照れくさい反面、少し誇らしい気持ちにもなるのです。

僕は今、主張をすることよりも、「誰かに伝えること」を最優先に考えた活動を行っています。
もっともそれは、ライター業をやらせてもらっているからだけではなく、
ごく単純な発想として、誰かに伝えなければ意味がないことに気付いたからです。
目に見えないものであるが故に、時として歪曲されてしまう音楽の真価を、
綺麗事ではなく、あくまでも自分らしい思想とスタイルで瑞々しく伝えたい。
このポリシーこそが、今も、そしてこれからもずっと根差していくであろうこのサイトの在り方です。

やけに生真面目な心境を吐露してしまって心苦しい部分もあるのですが。
5年目に突入したこのタイミングで、自分という人間とあらためて対峙する必要があると思い、
今回こうして表明する場を設けさせてもらいました。
他のリスナーの皆さんと同じく、日本のブラックミュージックをこよなく愛しているからこそ、
僕なりにけじめと区切りをつけたかったんですよね。

日々流動的に変化を遂げる音楽シーンと同様に、
このサイトも少しずつではありますが成長しつつあります。
明日には、今日とはまた一味違うJBSがお見せ出来るよう
これからも直向きに、そして前向きに活動していく所存なので、
引き続き応援して頂けると嬉しいです。

今後ともJBSとケンイチを、何卒よろしくお願いいたします!

2012年5月16日
Japanese Black Style 白原ケンイチ

P.S. 
このたび、コウキ氏が管理人を務める音楽サイト『Next Star Music』
僕のインタビュー記事が掲載されました。
僕のような人間をわざわざ取り上げてくださり、感謝してもしきれない思いで一杯です。
一つの節目を迎えた今の心境を僕なりに語らせて頂いたので、
興味のある方がいましたら、そちらの方もあわせてご一読頂けると嬉しいです。
インタビュー記事
[ 続きを読む ]
関連記事

StandOut!! #2:HEAT_CZR 『Our Promise』&『魔法の絨毯』

2012年05月16日 00:12



将来有望な新鋭アーティストをご紹介する『StandOut!!』
第二回目となる今回は、5月16日に実質のソロデビュー作「Our Promise」と「魔法の絨毯」を同時配信リリースする女性シンガー:HEAT_CZRをピックアップ。彼女の存在を一躍リスナーに知らしめたのは、2010年と翌2011年にプロデューサーであるU-Key zoneが発表したコラボレーションアルバム『Advent of UKZ』。同氏の浮遊感溢れるクリエイティブなサウンドワークを下敷きに、HEAT_CZRは「DO YOU HAVE THE PRIDE?」、そして「Hypnotism」の二曲の歌唱と作詞を担当し、耳の肥えた音楽ファンを中心に大きな衝撃をもたらしました。また、彼女が聴く者を惹きつけてやまない最大の理由が、その小柄な身体から繰り出される”歌声”。しなやかさと力強さが共存する変幻自在のボーカルは、二児の母という彼女の実生活での姿をそのまま投影したような母性溢れる品質で、楽曲ごとに多彩な感動を我々に授けてくれるのです。
[ 続きを読む ]

HI-D 『GREAT SECOND』

2012年05月14日 19:47


<アルバムレビュー>
HI-D 『GREAT SECOND』 (2004/9/8)

1. INTRO -rain drop-
2. Guess who's back
3. 夢のキオク
4. Give me some more
5. Without you
6. Floor Banger feat. Q
7. Losing myself
8. so deep (interlude)
9. Deeper
10. SNAKE EYE feat. DELI

11. Tight Rope feat. CRYSTAL MOVEMENT
12. I like dat girl feat. KENTA5RAS from 妄走族
13. GET BACK IN LOVE
14. What kinda man would I be
[ 続きを読む ]
関連記事

Chara 『Junior Sweet』

2012年05月13日 17:16


<アルバムレビュー>
Chara 『Junior Sweet』 (1997/9/21)

1. ミルク
2. やさしい気持ち (しあわせ・ヴァージョン)
3. しましまのバンビ

4. 私の名前はおバカさん
5. タイムマシーン
6. 勝手にきた

7. どこに行ったんだろう?あのバカは
8. 私はかわいい人といわれたい (オリジナル・ヴァージョン)
9. Junior Sweet
10. 花の夢

11. 愛の絆
12. せつないもの
[ 続きを読む ]

Sowelu 『Heads or Tails?』

2012年05月12日 01:00


<アルバムレビュー>
Sowelu 『Heads or Tails?』 (2005/7/20)

1. Uh with HI-D and JUN 4 HOT from  FIRE BALL
2. Get Ready -Nite 2 Remember- feat.Sowelu & BIG-O
3. Let's go faraway feat. MICRO from HOME MADE家族 (Mine-Chang Remix)
4. Do You Remember That ? (DJ HIGH-D Remix)

5. No Limit feat. P-CHO from DOBERMAN INC (BACH LOGIC Remix)
6. He is not for me (OCTOPUSSY Remix)
7. 暁ニ想フ feat. Miss Monday (HIEDA Remix)
8. Play That Funky Music feat. urb
9. cloudy feat. Masaya Wada (Taishi Fukuyama remix)
10. love for two
[ 続きを読む ]
関連記事

PV紹介#123:Sowelu 『29 Tonight』/YU-A/ゴスペラーズ×May J./Da-iCE/Mr.Low-D etc

2012年05月11日 13:00

◆Sowelu 『29 Tonight』
突然の活動休止を先日報告したSoweluのラストアルバム『29 Tonight』のタイトルチューン。作曲は小室哲哉が担当。
[ 続きを読む ]
関連記事

JBS Timeslip #16 『2000年5月』:平井堅/嶋野百恵/MONDO GROSSO feat.bird/Tyler/Kirari etc

2012年05月10日 21:30



懐かしの「あの頃」に立ち返る懐古企画『JBS Timeslip』、今回は12年前の2000年5月をフィーチャー。2000年と言えば、ミレニアム(千年紀)にあたる記念すべき年。音楽シーンでもその流れにあやかろうと、ミレニアムにちなんだ壮大な作品が多く生み出されていましたよね。当時の僕は12歳で、右も左も分からないような若造そのものでしたが、幼いながらも世間の祝賀ムードとどこか混沌とした情勢を感じ取っていたためか、この頃の記憶がやけに鮮明に残っているんですよね。まあもっともそれは、この時代を彩った良質な楽曲による部分が大きいんですけど!というわけで、そんなアニバーサリーな期間に世に送り出された楽曲たちを早速ご紹介!


◆平井堅 『why』
当時の平井堅は「楽園」で人気に火が着いて、このシングルを機にさらに飛躍するのか否かという重要なタイミングに直面していました。で、結果は言うまでもなくスマッシュヒット。MAESTRO-Tによるスムース&メロウな音使いは、J-POP界に一石を投じたすこぶるリッチな仕上がりで、今でもこの曲のファンは後を絶たず。
[ 続きを読む ]
関連記事

Ms.OOJA 『HEART』

2012年05月09日 21:00


<アルバムレビュー>
Ms.OOJA 『HEART』 (2012/5/9)

1. Intro
2. Be...
3. My Way
4. ジレンマ ~I’m your side~
5. Interlude ~ロックミーベイビー~

6. I gotta feel
7. Forbidden Love
8. 最後の言葉
9. get over
10. One way Drive
11. I can change
12. Letter
13. RE;BORN
[ 続きを読む ]
関連記事

Crystal Kay ユニバーサル移籍第一弾アルバム『VIVID』を6/27に発売

2012年05月08日 21:34

 

昨年12月のシングル「Superman」を機にユニバーサルへの移籍を果たしたCrystal Kayが、移籍後初となるアルバム作品『VIVID』をリリース!さらに同作に先駆けて、6月6日にはシングル「Forever」が発表されることが分かりました。
[ 続きを読む ]
関連記事

Sowelu 最新作『29 Tonight』をもって活動休止へ

2012年05月08日 18:15



今年の4月でデビュー10周年を迎えたSoweluが、今月30日に発売するニューアルバム『29 Tonight』をもって活動休止に入ることが分かりました。
[ 続きを読む ]
関連記事

新コーナー 『StandOut!!』始動!初のEP『HEARTBEAT』を発表したKYOtaroをピックアップ!

2012年05月07日 20:00



本日より新企画『StandOut!!』がスタート。
このコーナーでは新人を中心に、ネクストブレイクに期待のかかるJBSイチオシのアーティストをご紹介!さらにはアーティスト本人にも登場してもらい、インタビューを通して音楽性やキャリアをガッツリと掘り下げていきますので、新しいアーティストに出会いたい貪欲な音楽リスナーの皆さまはぜひご覧ください!

記念すべき第一回目は、大阪を拠点に活動するシンガーソングライター:KYOtaroをフィーチャー。2006年から本格的なライブ活動を開始した彼の音楽は、愁いを帯びたエモーショナルなボーカルと、聴く者を惹きつける都会的かつ甘美なサウンド・メイキングが大きな特徴。日頃の精力的な活動ぶりも相まって、今や関西のクラブシーンでは絶大な存在感を誇る有力なシンガーなのです。
[ 続きを読む ]

シングルレコメンド:三浦大知 『Two Hearts』/橋本江莉果 『Flowers』/KUNI 『All Right!!!』

2012年05月05日 12:00

 

◆三浦大知 『Two Hearts』
先日の武道館ライブも大盛況の内に終わった三浦大知のニューシングルは、青空のように澄み渡ったメロディに心温まるミディアムスロウナンバー。従来のダンスナンバーに代表される派手なサウンド装飾が控えられている分、大知自身に備わった天賦の歌声が最大限まで引き立てられており、彼の魅力を普段よりも一段と瑞々しく味わうことが出来ます。”理屈じゃないもの”を提唱している昨今の彼らしい直向きな作風で、作詞も彼が担当。飛ぶ鳥落とす勢いの中、こうした正統派バラードでもバッチリとステップアップを図る彼の才能たるや、底知れず。もう一つの新曲「Burning Weakness」は、ファルセットを駆使して「弱さをさらけ出すことは格好悪いことじゃない」と訴える大知流メッセージソング。こちらも必聴のクオリティになってます。
[ 続きを読む ]
関連記事

ライブレポ:『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2012 「D.M.」』@日本武道館

2012年05月04日 21:00



破竹の勢いで躍進を続ける日本屈指のエンタテイナー:三浦大知の記念すべき初武道館ライブに行ってきました!会場には彼の晴れ姿を一目観ようと多くのファンが訪れ、こちらも開演前から一気にテンションが高揚。まさに準備万端ともいえるコンディションでたっぷりと魅了されてきました!
[ 続きを読む ]
関連記事

ライブレポ:『CIMBA LIVE TOKYO vol. 2』@渋谷WWW

2012年05月04日 18:13



去る5月2日、渋谷WWWで開催されたCIMBAのワンマンライブ『CIMBA LIVE TOKYO vol.2』に行って来ました。先日発表されたアルバム『LAST MAN』を引っさげたツアーの初日を飾ったこのライブでは、同作の収録曲を中心に20近い曲数を披露。MCも多く盛り込み、彼のライブ史上もっともボリュームに長けた一夜となりました。
[ 続きを読む ]
関連記事

福原美穂×三浦大知 シングル「Dream On」のミュージック・ビデオが公開

2012年05月02日 12:52

 

5月16日に発売される福原美穂のニューシングル「Dream On feat. 三浦大知」のミュージック・ビデオがこのほど公開されました。
[ 続きを読む ]
関連記事

JBSアニバーサリー企画 『あなたの人生を変えた一曲』&『今もっとも大好きな一曲』募集!

2012年05月01日 20:00

 

2012年5月16日付けで、当サイト『Japanese Black Style』は開設四周年を迎えます。
それを記念しまして、いつも当サイトをご覧になってくださっている皆さんから、
『あなたの人生を変えた一曲』、そして『今もっとも大好きな一曲』を募集します!

今年のJBSアニバーサリーのテーマは「今とあの頃」
現行のシーンを日々追いかけるのが当サイトのモットーとも言うべき側面ですが、
その一方で、国産のブラックミュージックに親しみ出した頃の初心も常に持ち続けていたいと思いながら今日まで活動してきました。そうすることで、きっと得られるものも多いと信じているので・・・。
今回のアニバーサリーでは、その両方に焦点を当てながら取り組んでいこうと思っていますので、皆さんにもこの機会に自分自身の「現在」と「基礎」を象っている楽曲を選んでもらい、僕と一緒になって自分の音楽スタイルを再確認してもらえたら嬉しいです!

参加資格はもちろんなし。男性でも女性でも、リスナーさんでもアーティストさんでも、たくさんの方からのご応募お待ちしています!参加して頂ける方は、下記の要項を読んで頂いた上で、JBSメールフォーム(お問い合わせ内容/ご用件の欄にコメントをお願いします)、Twitterのリプライ機能、そして当記事のコメント欄の三つの方法の中からご応募をお願いします!ご応募頂いた曲は、16日の集計記事にてお名前と共にすべて掲載させて頂きますので、よろしくお願いします!

◆募集要項◆
・あなたの音楽ライフの転機になった曲(たとえば、「J-R&Bにハマるきっかけになった!」「この曲で音楽の聴き方が変わった」など)と、ご応募頂く時点でもっともご自身が好きな曲をそれぞれ一曲ずつ選定してください。
・選曲(洋邦/ジャンル)にも特にルールはありませんが、少なくともどちらかのテーマに邦楽を選んで頂けると、ご覧になる皆さんも共感しやすくなるでしょうしベターかなと思います。
・よろしければ、ぜひ選定した理由の方もお書き添えください。
・アルバム作品は、原則的に対象としていませんが、曲の選定理由にアルバムを関連づけるのはもちろん可です。
・締め切りは5月13日(日)、掲載日は5月16日(水)を予定しています。


どちらのテーマとも、おそらく皆さん誰もが一曲は当てはまると思います。
また今回のアニバーサリーのメイン企画でもあるので、どなた様もぜひお気軽にご参加頂けると嬉しいです!「今」と「昔」を紐解けば、きっと意外な発見に繋がるはず!たくさんの方からのご応募、お待ちしています!


*アメブロ版JBS 、鋭意更新中!⇒http://ameblo.jp/jbsken1/
Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community

ブログパーツ
[ 続きを読む ]
関連記事

JBSマンスリーチャート:2012年4月

2012年05月01日 00:00

◆JBS MONTHLY CHART -2012 April-◆

<SINGLE CHART>


No.1 22 / CIMBA


No.2 My Way / Ms.OOJA


No.3 Picture Perfect / 清水翔太 (4)
[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。