スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JASMINE 『Complexxx』

2013年08月29日 23:51



<アルバムレビュー>
JASMINE 『Complexxx』 (2013/8/28)

1. High Flying
2. Best Partner
3. Addiction
4. Touch me on the Beach
5. B*TCH*S
6. I Hate You
7. Weekend High
8. ONLY YOU

9. Realize
10. ONE
11. HERO
12. I’ll be there
[ 続きを読む ]
関連記事
スポンサーサイト

安室奈美恵 『SWEET 19 BLUES』

2013年08月27日 23:39

 

<アルバムレビュー>
安室奈美恵 『SWEET 19 BLUES』 (1996/7/22)

1. watch your step!!
2. motion
3. LET'S DO THE MOTION
4. PRIVATE

5. Interlude~Ocean way
6. Don't wanna cry (Eighteen's Summer Mix)
7. Rainy DANCE
8. Chase the Chance (CC Mix)
9. Interlude~Joy
10. I'LL JUMP
11. Interlude~Scratch Voices
12. i was a fool
13. present
14. Interlude~Don't wanna cry Shymphonic Style
15. You're my sunshine (Hollywood Mix)
16. Body Feels EXIT (Latin House Mix)
17. '77~
18. SWEET 19 BLUES
19. ...soon nineteen
[ 続きを読む ]
関連記事

YU-A、初となるベスト盤『SINGLE COLLECTION』を11月に発表

2013年08月24日 12:19



艶っぽい歌声で魅せる女性シンガーのYU-Aが、初のベスト・アルバム『SINGLE COLLECTION』を11月27日にリリースすることが発表されました。
[ 続きを読む ]
関連記事

KAORU 『Dreamer』

2013年08月16日 12:00



<アルバムレビュー>
KAORU 『Dreamer』 (2013/6/5)

1. Dreamer
2. Come Back Joe

3. Too Much Baby
4. So glad
5. I'm Leavin' Tonight

6. I Promise
[ 続きを読む ]
関連記事

BENI 『Red』

2013年08月12日 19:00



<アルバムレビュー>
BENI 『Red』 (2012/7/31)

1. intro
2. REASON
3. さつきあめ
4. OUR SKY
5. FLY HIGH
6. Concrete Rose
7. Red

8. ANGEL
9. sweet danger
10. sands of time

11. Home Sweet Home
12. 永遠
13. AM 2:00
[ 続きを読む ]
関連記事

9月27日(金)開催!ライブ・イベント『FRESH RHYTHM vol.2』第一弾告知解禁!!

2013年08月11日 22:03

さて本日は、9月27日に渋谷VUENOSで開催させて頂くライブ・イベント
「FRESH RHYTHM vol.2」の第一弾告知を解禁させて頂きます!

今年6月に開催させて頂いた第一回目も、
各所から集まって下さった新進気鋭のシンガーの皆様と遊びに来て下さったお客様のお陰で、とても刺激的なひとときを過ごすことが出来ました。

Vol.2はそのスケールをさらに上回る勢いで
より多くの人と”フレッシュなライブ・ショウ”を共有したいと思っていますので、
ぜひチェックしてください!!

そして今回もやります、出演シンガーさん募集プロジェクト『COMING FRESH!』
これは、歌える場を探している強い信念をお持ちのシンガーの方に応募して頂き、
その方々の中から当日の『FRESH RHYTHM』を一緒に盛り上げてくださる出演シンガーの方を選出するというもの。歌ものシーンでご活動している方々の魅力をクローズ・アップし、一緒に駆け上がっていくのが『FRESH RHYTHM』のモットー。僕の知らない素敵なシンガーの方もまだまだたくさんいらっしゃるかと思うので、この機会にご一緒し、唯一無二のライブ空間を作り上げられたらと思っています!

もちろん、Vol.1に出演・応募してくださった方も大歓迎です!お陰様で今回も個性豊かなシンガーの方々がスターティング・メンバーとして集結してくださいましたので、「我こそは!」というシンガーの方がいましたら、以下の詳細をお読みの上ぜひふるってご応募ください!一夜限りのメンバーなので、良い緊張感のもとで色んな発見が出来るはず!一緒にがっつり盛り上げていきましょう!お待ちしております!




『Japanese Black Style presents FRESH RHYTHM vol.2』
日時:2013年9月27日(金)18時オープン(予定)
場所:渋谷VUENOS 東京都渋谷区道玄坂2-21-7 
アクセスマップ⇒http://vuenos.com/venue/access
料金:前売り2,500円(ドリンク別)/当日3,000円(ドリンク別)

日本の歌ものシーンが誇る新進気鋭のシンガーを徹底的にクローズアップするイベント、それが「FRESH RHYTHM」!今年6月に開催した記念すべき第一回では、熱意を携えたシンガーたちが全国各地のあらゆる方面から集結。その一夜限りのフレッシュなパフォーマンスをきっかけに、会場では好みのアーティストを発掘するなど二次的ムーヴメントがそこかしこで発生した。そして2013年9月、その感動と刺激を再び巻き起こすべくVol.2の開催が決定!出演者のレアな楽曲を収録したコンピレーションCDの先着配布や「COMING FRESH!」なる出演シンガー募集の企画など、若手シンガーの魅力を120%楽しめる試みが前回の好評を受けて再度スタンバイ!出演者だけでなくその場に居る全員が一体となって盛り上がれる、画期的かつ機能的なライブ・イベント。その真髄がここにある!

◆当日のステージを一緒に盛り上げてくださる出演シンガーの方を大募集!◆
「FRESH RHYTHM」は、歌に熱を注いでいるシンガーの方を全力で応援させて頂くイベントです。歌うことが好きで仕方無い、誰にも負けない個性がある、描いたビジョンのために音楽を発信している・・・そんなポジティブな信念を持って活動しているシンガーの皆さん、ぜひ一緒にイベントを作り上げませんか?当日のステージ出演をはじめ、同イベントは皆さんの音楽を最大限バックアップさせて頂きます。この機会に、あなたの音楽と熱意を自由にアピールしてください。たくさんのご応募、お待ちしています!

・募集対象:熱意を持って活動されているシンガーの方(性別・年齢・キャリアなど不問)
・応募方法:指定のメールアドレスより必要事項をご記入の上エントリーしてください。イベント運営側で選考させて頂き、後日ご連絡させて頂きます。
・待遇:出演時間の確保のほか、Japanese Black Style関連媒体でのPRなど貴方様の音楽と魅力を最大限ピックアップさせて頂きます。
・必要事項:シンガー名/性別/参考となる音源(用意できる場合)/アーティスト写真/自己PR(意気込み)など
・応募先:fresh.rhythm.jbs@gmail.com
・詳細
http://groovinrb.blog32.fc2.com/blog-entry-1789.html
・応募締め切り:8月20日(火)

◆前回の「COMING FRESH!」枠通過者からのメッセージ◆


◇TOKINE◇

「COMING FRESH!」に応募される皆様!TOKINEです!私は前回、同企画の応募枠として出演させて頂きました!上京して数ヶ月、歌わせてもらえる場所とも中々巡り会えず・・・。そんな中で出会い、応募したのが「COMING FRESH!」でした。このような形で出演させて頂いたのは初めてでしたので、すごく緊張した事を覚えています(笑)!ただ、だからこそ普段のステージでは味わえない通過者としての使命感が芽生え、お客様に何かを感じてもらうという事についてもより深く向き合えたり、ステージに立たせてもらえることへの感謝を一層に感じたり、たくさんの感覚を体験する事が出来ました!「FRESH RHYTHM vol.2」の開催に向けてまた新たに募集が始まったわけですが、この時を待ちわびていた方、応募締め切りギリギリでこの募集を見つけた方、応募を迷っている方、その他にも色んなシンガーさんがいらっしゃるのではないかなと思います。それがどんな形であっても、それぞれのそうした思いこそが「FRESH RHYTHM」というイベントの源だと私は思っています!私自身もvol.2に向けて気を引き締めて励みたいと思っています!皆さんにお会い出来る日を心待ちにしていますっ!!!


◇HighT from 京都◇
京都を中心に活動しているHighT(ハイト)と申します。前回の「FRESH RHYTHM」に「COMING FRESH!」通過者として参加させて頂きました。応募の理由としては、シンガーとしての横の繋がりを広げたかったこと、そして何より自分がどれほどのシンガーなのか挑戦したかったということの2つです。実際に出演させて頂いて本当に刺激になりましたし、同時に新しい発見もいっぱいありました。各地方の頑張ってるアーティストさん達とのコネクションも出来て、自分の中で今までにないわくわくする体験が出来たと思ってます。自分をもっと大きくしたい、挑戦してみたいと少しでも思った方は絶対応募してみるべき!このイベントは素晴らしいよ!自分から動きましょ!!

◆第一弾出演シンガー◆

<GUEST LIVE>
LEO

<LIVE(五十音順)>
憲嗣
Gendy
J.Speaks
ジェニー・ブランチ
柴田トオル
TSUNEI
TOKINE
浩督
MyuA from 名古屋
Ready Candy Camp

<MC>
ケンイチ (Japanese Black Style)


presented by Japanese Black Style
http://groovinrb.blog32.fc2.com/



では次に、現時点で出演が決定している素敵なシンガーの方々をJBSの目線でご紹介!





<GUEST LIVE> LEO

アルバム「EMOTION」のライナーノーツやイベント「Sounds Good!!! 〜Japanese R&B Party〜」など様々な場所でお世話になっているLEOさんが、この度ゲスト・シンガーで登場してくださいます!「SUGAR SHACK」でのご活躍はもちろん、ソロとしても数多くの名曲を発表。その誰もを唸らせる直向きなパワーが、この『FRESH RHYTHM』をより華やかな空間に染め上げてくれるはず!お楽しみに!

2005年からソロ・シンガーとして活動をスタートさせ、今までに巡り会った事のない唯一無二の歌声と、R&Bを愛するマインドを武器に、 幾多の共演・客演 をこなしキャリアを形成。日本のR&Bシーンを代表するFull Of Harmony、LL BROTHERS、三浦大知、HI-D、JAY’EDなどの アーティストを中心に発足した史上最高のプロジェクトイベント"SUGAR SHACK“の中核を担う男性R&Bヴォーカリストのシンボルとして抜擢され、進化を遂げ磨き上げられた歌声は、宝石のような輝きを放ち真価を発揮。R&Bシーンのステータスというべき万人を魅了し続けるLEOが、待望の1stフル・アルバム”ONE VOICE”を2012年にリリース。新人では異例のiTunesチャート総合9位を記録し、鮮烈なデビューを果たした。アルバムリード曲「君がくれたもの」はLEOの代名詞となった。1stアルバムリリースをきっかけに、全国各地でのライブを展開し、その名を着実に広めた。その余韻が未だに残る中、同年11月には、シングル「光」をリリース。そして、次の一手に選んだのが究極のバラード「愛しくて」。 同曲は2nd Full Album「EMOTION」に先駆けて、2012年12月にレンタル/配信限定でシングルリリースされ、ミュージック•ビデオには、バラエティーでもお馴染みの“ユージ”が出演。ロングヒットを記録した。
アルバムデビューから1年が経ち、2013年2月、2ndステージの幕開けを飾る待望の2ndフル•アルバム「EMOTION」をリリースし、iTunes R&B/ソウル アルバムチャートで第1位を獲得し、リード曲「愛しくて」はレコチョク 邦楽ヒップホップ•R&B•レゲエランキングでウィークリー1位を獲得した。
日本のR&Bシーンをリードしてきたクリエイター・チーム“TinyVoice,Production”によるバックアップで表現された迫真のサウンド・クオリティとLEOのコラボは常に進化を遂げている。

オフィシャルサイト
オフィシャルブログ
ツイッター



憲嗣

昨年11月にソロデビューを果たし、今や多方面にファンを持つ憲嗣。
同い年として考え方や音楽性にリスペクトできる部分も多く、彼が『FRESH RHYTHM』に関わってくれることで予期せぬ刺激が発生するような気がしてなりません。遊びに来て下さる方は、これまでに発表された3つのシングルの予習をお忘れなく!


 1987年生まれ、神奈川県は横浜出身の男性R&Bシンガー。
幼少期の頃からジャンルを問わず様々な音楽に触れ、中学時代にはライブ活動を開始。その後、高校生の時分に聴いたBOYZ II MENやJodeciに衝撃を受け、R&Bに傾倒する。

在籍していた専門学校の生徒800人の中からメンバーとして抜擢され、アカペラユニット:腹筋学園を結成。同グループではコーラス/ベース/リードを担当し、テレビ番組「ハモネプリーグ」にも出演した。同番組には4大会連続の出場を果たし、その内2回は決勝へ進出。9大会目の決勝では審査員特別賞を受賞した。「ハモネプ」出演後、腹筋学園としてテレビ東京「ゴッドタン」「ナメたらあかん!ジェッタシーはダサぁない!アレンジさえすればホンマはカッコええんやで!!対決」など様々なメディアにも露出。憲嗣もメンバーの一人として、一躍注目を浴びる。

 次に憲嗣は、2人組ボーカル・ユニット「ICE」を結成。渋谷で行われたオーディション・イベント『SEED』では、結成わずか半年足らずでイベント過去最多の集客数を記録し、優勝の座を獲得。2010年11月には、レコチョク/iTunesから1年限定でオリジナルソング『Good-bye』『Treasure』を配信した。

2012年6月からはフリーになり、R&Bに特化したソロ・アーティスト「憲嗣」として新たな活動を展開。以降は作詞作曲の全てを自ら担当するなど、セルフ・プロデュースの色を強めている。元来より培われてきた甘美なシルキー・ボイスで男性としてのリアルな感情を表現した音楽性は、「腹筋学園」、はたまた「ICE」のkenjiとは一線を画した側面を覗かせており、女性ファンならずとも虜にさせる孤高の魅力を放つ。

ソロとしてのリリースは、iTunseのR&B/ソウルチャートで30位まで上り詰めたデジタル・シングル第1弾『DON’T CRY』(2012年11月)を皮切りに、2013年3月には早くも次なる楽曲『Devote to you』を発表している。同曲のセクシーな心情描写はR&Bリスナーの心を瞬く間にかっさらい、同年7月にリリースされた、R&Bプロデューサー:西崎信太郎が監修したコンピレーション・アルバム『RISING STARS 2』にも異例の収録を果たしたほど。

また同月には、憲嗣として3作目となるデジタル・シングル「君と過ごした日々」も発表された。郷愁に満ちた和情緒の中で輝く彼なりの純粋なストーリー性は、切なくも前向きなラヴ・ソングとして、解禁早々あらゆる方面で話題を集めている。

歌声、ソング・ライティング、生き様・・・そのすべてにおいて、同世代きっての存在感を発揮している憲嗣。彼が音楽シーンを制する日も、そう遠くはないだろう。

オフィシャルブログ
ツイッター



Gendy

8月7日にリリースされた2作のシングルも好評なGendy 100kmあらためGendyさんが、『FRESH RHYTHM』のステージに登場!西崎信太郎さんプロデュースによるコンピレーション『RISING STARS』シリーズの参加でもお馴染みですね!9月18日には1stアルバムのリリースもスタンバイしているということで、タイムリーなライブをがっつりお見舞いしてくれそうな予感大!

作詞・作曲・編曲を手掛け、自らの世界観をありのままに表現する新世代シンガーソングライター“Gendy (ゲンディ)”。高校時代は陸上競技100mに没頭し、長野県大会、北信越地方(富山県、石川県、福井県、新潟県、長野県)大会で優勝、インターハイに出場する。自身の持つ最高タイムは10秒66。

2012年7月、男性ソロアーティストとしてデビュー。新人ながら楽曲が評価され、映画主題歌を含め多くのタイアップに抜擢、各種(CD・配信・USEN)チャートで上位にランクインした。

2013年9月18日に豪華タイアップ曲を多数収録した待望の1stアルバム『感恩報謝』をリリース。

オフィシャルブログ
ツイッター



J.Speaks

今年6月の『FRESH RHYTHM』に続き二回連続の出演となるJUN君ことJ.Speaksさん。
前回の出演ではアカペラで始まる圧巻のステージを展開し、たくさんのお客さんから熱い支持を獲得しました。それを受けて今回、再び『FRESH RHYTHM』に力を貸して頂きたいと出演をお願いした次第です。果たして魅惑のヴォーカル・ワールドは、Vol.2でどのような”フレッシュ”をもたらしてくれるのか、期待しましょう!


日本語と英語をネイティブに操り、独特の声から生み出される心地よいメロディ…
幼い頃から影響を受けていたSOUL MUSICをベースに、SOULとPOPを絶妙なバランスで混ぜ合わせ、心地良いフローで表現する本格派ヴォーカリスト。
飾らない等身大の視点から描かれる愛や平和へメッセージから、媚薬のようなUrban Love Story・最新鋭で刺激的なGROOVEのCLUB MUSICまでを取り込み、ソウルフルなヴォーカルで仕上げるMUSIC FANTASISTA それが、J.Speaksである。
またソロ活動以外では、TinyVoice,Productionに所属し、BIG BANG・2NE1からSKY-HI(日高光啓from AAA)まで手掛ける気鋭のクリエーターSUNNY BOYとのユニットHi Bridzとしても活躍している。

オフィシャルブログ
ツイッター



ジェニー・ブランチ

”極上ガールズ・ポップ”をコンセプトに、独自のぶっ飛んだ世界観をいくつも提案するジェニー・ブランチさんも出演決定!あの手この手で聴き手の感覚を刺激するその手法はいつだって予測不可能。もちろん、『FRESH RHYTHM』当日のパフォーマンスも・・・。僕自身、彼女がどう吹っかけてくれるのかワクワクしております!

西海岸の自由な空気の中で生まれ育つ、カナダ、アメリカ、中国での生活を経て、
三ヶ国語を使いこなしながら、19歳より活動の拠点を東京に移し、
翌年より渋谷を中心にライブ活動及び自身オーガナイズイベントを続けている。
一度聴いたら耳に残る声と、日本離れのステージパフォーマンスで会場を湧かしている。
今後目が離せない彼女の『極上ガールズポップのデコレーション』を召し上がれ!

オフィシャルブログ
ツイッター



柴田トオル

つい先日、デビュー作となる「Sweet Sign」と「All Your Feel」をリリースするや否やチャートでも好成績を記録した柴田トオル。若手シンガーソングライター随一とも言えるヴォーカルとセンスを兼ね備え、いちファンとしても今回の門出が一つの節目となりました。『FRESH RHYTHM』では、もっとも”フレッシュ”に近いシンガーらしい底意地が発揮されること請け合いです。

1988年生まれ、秋田県出身のシンガーソングライター。
大学生時代に聴いたソウルミュージックの偉人たちにインスパイアされ、歌うことを追求し始める。言葉、メロディの一つ一つに想いを込め、独自の世界観を表現したその楽曲は、聴く人に香りや情景さえも浮かばせる。またソウルフルに、繊細に歌い上げるその歌声は心へとまっすぐに語りかけ、惹き付けてやまない。

オフィシャルブログ
ツイッター



TSUNEI

某イベントを通じて知り合ったTSUNEIちゃん。
エモーショナルな歌声から繰り出される楽曲はどれも深みがあって、一瞬にして場の空気を変えてしまうほど。普段はヒップホップ勢との絡みが多いとのことで、シンガー勢揃いの『FRESH RHYTHM』では本人すらびっくりするようなまだ見ぬ個性が飛び出すかも・・・!?


ソウルフルな歌声と、豊かな表現で主にソロで活動。
ジャンルを問わず、さまざまなアーティストとの楽曲にも参加し、音楽だけでなくインターネット番組やラジオ番組などにも出演している。ライブは神奈川・東京を中心に、千葉・静岡・新潟などその活動の幅を広げている。

オフィシャルブログ
ツイッター



TOKINE

J.Speaksさんと同じく『FRESH RHYTHM』第一回に引き続き出演してくださることになったのは、ここ最近精力的なライブ活動が続いているTOKINE。今回Vol.2開催にあたって、『COMING FRESH!』出身者としてメッセージも頂戴しました(上記原稿参照のこと)。多彩な楽曲と瑞々しい歌声の取り合わせに圧倒された人も多いはず!今回の”フレリ”でもばっちりキメて頂きましょう!

大阪出身の21歳のシンガーソングライター。
9歳の頃に興味本位で始めたダンスで音楽の楽しさを知る。
11歳から地元大阪のスクールに通い、ボーカルレッスン・ダンス・ゴスペルを学ぶ。
2012年に本格的にデビューを目指して活動拠点を大阪から東京に移し、ボイストレーニング・ダンスを続けながら積極的にライブ出演を行う。同世代からシンガーソングライターとして、歌だけでなくファンションやアートからも共感を得るアーティストを目指す。

ツイッター



浩督

西東京のクラブ・シーンを背負って立つ浩督さんも、『FRESH RHYTHM』に相応しい熱意の持ち主。先月には、初となるプロデュース・アルバム『TASTE OF HONEY』が発表されたばかり。周囲のシンガーからの信頼も厚い兄貴分ですから、当日のパフォーマンスもさぞかし頼もしいものになるのではないでしょうか。

東京都出身。作詞/作曲/トラックメイキング/ヴォーカルディレクション/ミキシングを自身でこなす男性Singersongwriter。2010年10月15日には、1stMiniALBUM【EPISODE-1】を全国CD発売。発売後2週目にて、某大手サイト注目売上げランキング邦楽R&B部門にて、4位にチャートイン。今年2013年5月からは、浩督プロデュース作品を三作品連続配信リリース。そして、7月26日には女性シンガー6組をプロデュースした自身初のProduce ALBUMをリリースし、タワーレコード渋谷店などでリリース記念としてインストアLIVEも開催。甘く切ない独特な唄声でアップテンポからミディアム、スローと唄いわけ、LIVEパフォーマンスでは盛り上げることを忘れない、あまり日本では存在しないアーティストとして、日本のR&B/HIP HOPを代表するプロデューサーやアーティストからは今後面白い存在とお墨付きである。

オフィシャルサイト
オフィシャルブログ
ツイッター



MyuA from 名古屋

東海は愛知県から参加を果たしてくれるのはMyuAさん。
先日JBSでもレビューさせて頂いたばかりですが、その艶っぽい歌声はヒトコトで喩えるなら”スキャンダラス”。何かしでかしてくれそうな予感がぷんぷん致します。新作『24』をご鑑賞の上、うっとりするようなステージングを存分にお楽しみください!!


長崎県出身,愛知県在住
幼少期より音楽に触れる環境に育つ。

2005年  POPS,FUNKバンドを結成し、オリジナル楽曲の制作に取り組む。シンガーソングライターとして活動を開始。同時期にラジオ番組の出演、エキストラなどを経験。
2008年  Ray Charles「Song for you」などに衝撃を受け、BLACK MUSICをバックボーンにした制作にシフト。ソロシンガーとしての活動を開始。養われたセッション感覚で独創的なメロディラインを生み出す。
2010年  東海エリアのアーティストが集結したコンピレーションアルバム"EXISTENCE PROOF 1"に参加。
2011年  DJ 530プロデュースによるMIX CD "HOT STOCK"、
      第2弾"HOT STOCK vol.2"に参加。
2012年11月 FM愛知(偶数月第2、第3火曜日21:00〜放送) ラシ゛オ番組「LIFEES MUSIC」のパーソナリティーを務める。
2012年12月 1st. digital single 「I LOVE」 レコチョク、iTunes にて配信
2013年2月  2nd.digital single 「Tempo I」 レコチョク、iTunes にて配信
2013年7月  3rd.digital single 「I'll be there」各社一斉配信
2013年8月7日  1st. album「24-Twenty Four-」 全国発売

ジャンルにとらわれず、『いいものはイイ』がモットーのスタイルだ。基本的に渋いもの好みである。どこか切ない繊細なVoiceで表現するMyuAの世界。

オフィシャルブログ
ツイッター



Ready Candy Camp

女子6名で結成されたReady Candy Campは、カヴァー隆盛の現代にまたがり、独自のオリジナリティを極めつつある注目のユニット。MIX CDでのカヴァー歌唱のほか先日にはオリジナル曲を3曲同時に正規リリースするなど、他とは一線を画した活動形態がとても新鮮。6人が織り成す意気盛んなフォーメーションを、『FRESH RHYTHM』でどうぞご堪能あれ!

ここ最近、様々なアーティストが作品リリースし、より一般認知された“カヴァー・アルバム”。
ランキングでも、上位にカヴァー・アルバムが何作も入るなど、とても好調なチャートアクションを見せる現在、「Ready Candy Camp」は、そんなカヴァー・ムーブメントから出てきた泣き歌系アーティスト6人を母体とした最強ディーヴァ・プロジェクト。

2012 年4 月リリースの彼女達がボーカルを務めたカヴァー・アルバム「セツナ系泣き歌R&B〜BEST 50LOVERS COUNT DOWN 〜」は、配信サイトiTunes Store 2012年アルバムダウンロードランキング6位やmora 2012年アルバムダウンロードランキング1位、またTSUTAYACDレンタルランキング(邦楽:オムニバス)でも1位を獲得。
更に同月にリリースした「ひゃくLOVE mix - one hundred LOVE all genre best -」では、2万枚以上のセールスを記録するなど、10代・20代の女性を中心に彼女らの名前は一躍注目を集めた。

そして2013年4月、邦楽・洋楽カヴァーと、オリジナル3曲をDJミックスした、プレデビューアルバム「R&B Candy Camp -BEST COUNTDOWN 40 DJ MIX EDITION-」をリリース!

オリジナル楽曲では、BENIや倖田來未、LOVEなどに作詞提供しているタイラヨオを迎え、
「好きすぎて」は、片思い中の女子学生限定!好きだけど、言えない、、、同級生に恋する究極せつなキュン・ラブソング、「私だけだって言ってよ」では、エゴイスティック・ガール必聴!もっと私のことだけを見て!と女性の不安、そして彼に対しての一途な気持ちを表現した大人のラブソングに仕上がっている。そして、「TAKUNOMI」は、メンバーが作詞をし、前2曲とはうって変わった、バッドな気持ちをハッピーに変える女子会パーティーソング!

遂にカヴァーのディーヴァ達が、J-R&B/カヴァーシーンに新たな風を吹き入れる!

オフィシャルサイト
オフィシャルブログ
ツイッター(AKANE)
ツイッター(AZUSA)
ツイッター(EMI)
ツイッター(KANA)
ツイッター(CHIZURU)
ツイッター(MARI)



ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ

[ 続きを読む ]

MyuA 『24』

2013年08月11日 00:23

 

<アルバムレビュー>
MyuA 『24』 (2013/8/7)

1. BUTTERFLY
2. I LOVE

3. SAY"good bye"
4. 1&ONLY
5. Tempo I

6. SEXY GAME
7. Don't look back (Interlude)
8. I'll be there
9. 祈り (Interlude)
10. 手紙
11. "Thank you"
[ 続きを読む ]

LL BROTHERS 『Large Long Big coLLection』

2013年08月09日 23:00



<アルバムレビュー>
LL BROTHERS 『Large Long Big coLLection』 (2013/8/7)

1. Get It Poppin'
2. Do You Remember
3. I Luv It

4. Paradise
5. She's So Amazin'
6. Get On My "D"
7. Lovesick~笑顔の裏で~

8. 戻らない日々~Good bye my love~
9. Damn Girl!
10. Na Na Na Na ~DOG in me~

[ 続きを読む ]
関連記事

浩督 『TASTE OF HONEY』

2013年08月08日 23:00



<アルバムレビュー>
浩督 『TASTE OF HONEY』 (2013/7/24)

1. キャンバス feat. Yoshimi
2. TSUNDERE feat. SADE.W

3. LUV a wo;man feat. Riia.B.swear
4. Rhythm Nation feat. 緒形リア
5. いつか・・・ feat. Keisha
6. Someday, Someone... feat. 野澤アイラ
[ 続きを読む ]
関連記事

MIX CD『JAPANESE BLACK STYLE』レビューリレー:14. mochA 『Black■Box』

2013年08月05日 19:55



<当サイト監修CD『JAPANESE BLACK STYLE』レビューリレー>
14. mochA 『Black■Box』

初収録作品:アルバム『mochA Presented By Electreet』
発売日:2009/12/2

<JBSチャート成績(いずれも楽曲部門)>
2009年12月:7位
2010年1月:8位
同年 上半期:5位
同年 年間:4位
[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。