スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBS MASTERPIECE #4「ライジングプロダクション」:SPEED/hiro/HITOE/ISSA/MAX/知念里奈 etc

2015年02月28日 21:31




SPEED「Starting Over」 (1997/5/21)

1. Walk This Way 2. Body & Soul 3. Luv Vibration
4. STEADY
 5. RAKUGAKI 6. サヨナラは雨の日・・・
7. Go!Go!Heaven (Album Version) 8. I Remember
9. Kiwi Love 10. Happy Together 11. Starting Over

12. Starting Over~Walk This Way


新垣仁絵、上原多香子、今井絵理子、島袋寛子で結成され、同世代を中心に絶大な人気を誇ったSPEED。特に黄金期とも呼ばれる90年代は他の追随を許さぬほどの活躍だったわけですが、中でも200万枚に迫る売り上げを記録した1stアルバムは、ティーン特有の甘酸っぱいバックボーンと大衆性に長けた名曲が冴え渡る正真正銘のマスターピース。大ヒットシングル3曲の存在感は言うに及ばず、ヒップホップ調のアプローチがすこぶるクールな序幕M-1、うら寂しいテイストのM-6、後生にも語り継がれるソウル・バラードM-11など、R&Bやブラコンを消化したアーバン系のクリエイションが、みずみずしいヴォーカル・ワークとともに精彩を放ちます。
[ 続きを読む ]
関連記事
スポンサーサイト

清水翔太『ALL SINGLES BEST』&JBS選『マスト・シミショー』

2015年02月26日 22:44

 

<アルバムレビュー>
清水翔太『ALL SINGLES BEST』 (2015/2/22)

<ディスク1>
1. HOME
2. I miss you -refrain-
3. DREAM
4. 君さえいれば feat. 小田和正
5. さよならはいつも側に
6. Diggin’ On U
7. love
8. My Treasure
9. 冬が終わる前に
10. 桜 -Additional Track-
11. マダオワラナイ

<ディスク2>
1. YOU&I
2. GOODBYE
3. 君が好き
4. 「アイシテル」
5. 366日 feat. 仲宗根泉(HY)
6. 君が暮らす街
7. SNOW SMILE
8. WOMAN DON’T CRY
9. 美しき日々よ
10. 春風 -Bonus Track-

[ 続きを読む ]
関連記事

X4『XVISION』

2015年02月24日 22:48

 

<アルバムレビュー>
X4 『XVISION』 (2015/2/22)

1. Theme of XVISION
2. FIRE
3. Bang A Gong
4. Future, Super, Duper, Nova
5. 最後の言葉

6. 三日月
7. Raindrop
8. Little Longer
9. Heaven
10. I Don't Know Your Name
11. LOST GAME
[ 続きを読む ]

シングルレコメンド:MISIA「白い季節/桜ひとひら」/Flower/KG/頑なP

2015年02月23日 20:09

 
MISIA「白い季節/桜ひとひら」
ドラマ・タイアップ付きの2曲を両A面に据えたMISIAのニューシングル。「白い季節」は、MISIAの伸びやかな高音が響き渡るスロウ・ナンバー。壮大なサウンド・ワークしかり、近年の彼女を取り巻く王道のアプローチが丁寧に凝縮されています。M-2の「桜ひとひら」は、WHITE JAMのSHIROSEがソングライターとして関与したバンド風アレンジのミドル。こちらも、和の情緒をおのずから発生させるMISIAの歌心ありきの1曲に仕上がっています。ほかにも新曲が2つ収録されているのですが、中でも「真夜中のHIDE-AND-SEEK」は必聴。「THE GLORY DAY」などでたびたびタッグを組んできた鷺巣詩郎によるゴージャスなファンク・アレンジが素敵過ぎる!
[ 続きを読む ]
関連記事

アルバムレコメンド:GENERATIONS from EXILE TRIBE/bmr presents The Truth/山口リサ/シェネル/Serial-8

2015年02月21日 19:23


GENERATIONS from EXILE TRIBE『GENERATION EX』 (2015/2/18)

1. Sing it Loud 2. EVERLASTING 3. HIGHER
4. Always with you
 5. My Only Love 6. Pump It 7. REVOLVER
8. Think of you 9. NEVER LET YOU GO 10. Make It Real
11. I Remember 12. STORY 13. 花


およそ1年3ヶ月ぶりに届けられた2ndアルバム。LDH系列のアーティストの場合、収録曲の大半を既発曲で占めるケースも少なくない中、本作は半数以上が新曲で構成されており、その時点で好感度は抜群。しかもそれらのほとんどが先鋭的なダンス・ポップの様相を呈しており、ニュージャックスウィングの毛色を含んだ「EVERLASTING」、爽やかなメロディ・ラインを配した純コンテンポラリーなアッパー「HIGHER」、男臭さを滾らせたマッシヴ・トラック「Pump It」など、新天地も申し分なく味わうことが出来ます。みずみずしいアイドル性も適材適所で忍ばせてあるあたり、他のLDHファミリーとの差別化をいよいよ本格的に図ろうとしているのかもしれません。
[ 続きを読む ]
関連記事

Especia『Primera』

2015年02月19日 21:35



<アルバムレビュー>
Especia『Primera』 (2015/2/18)

1. We are Especia ~泣きながらダンシング~
2. Interlude
3. West Philly
4. Sweet Tactics
5. シークレット・ジャイヴ
6. Skit
7. さよならクルージン
8. Security Lucy
9. Outro
[ 続きを読む ]

(2/18追記)「JBS MEETING FINAL」開催決定!!

2015年02月18日 21:02




<3月18日 追記>
「マイクリレー」への参加表明の受け付けを終了させて頂きました。
たくさんのご応募、ありがとうございました!







<2月18日 追記>

「JBS MEETING FINAL」への参加を希望されるアーティストさま・音楽関係者さまで、イベント内にてPRを行ってくださる方、また当日実施を予定している「マイクリレー企画」にて1曲歌唱して頂ける方を募集しております。JBS休止前最後の開催となるこの機会を、少しでもお役に立てて頂けると幸いです。イベントそのものも楽しい内容になること必至なので、お気軽に遊びにいらしてください。参加を希望される方は、以下の事項をよくご確認頂いた上で、所定の窓口よりご連絡ください。ご応募、心よりお待ちしております!

なお、一般の方のご応募につきましては、2月18日(水)をもって一旦締め切らせて頂きます。たくさんのご応募、本当にありがとうございました!

【概要・注意事項】

・若干名の募集となります。ご応募の数次第では募集を終了させて頂く場合がございますので、参加をご希望の方はなるべくお早めにご表明ください。
・会場のシステムと交流会という趣旨上、一般の参加者さまと同様、お一人さまにつき¥2,000の料金をご負担頂きます。あらかじめご了承ください。
・PRコーナーは、マイクを介してのスピーチ形式を予定しております。自己紹介、活動方針、リリース/ライブのスケジュールなど、PRに関する事柄をご自由にお話しください。フライヤーやCD等、宣材用資料の持ち込みおよび配置も可能です。
・当サイトとの関係の有無、実績などは一切問いません。日頃より音楽に強い愛着を持たれている方や、コアな趣味をお持ちの音楽ファンの方にも多数ご来場くださいますので、この機会にご自身のPRの場としてご活用頂ければと存じます。
・「マイクリレー企画」では、音源でのライブを予定しております。参加してくださる方は当日、ご自身の歌唱される音源の収録されたCDを必ずお持ち込みください。
・歌唱の順番や時間帯に関しては、あらゆる面を考慮した上で、すべてこちらで決定させて頂きます。あらかじめご了承ください。
・自前マイクの持ち込みには対応致しかねます。
・「マイクリレー企画」にご参加頂く方の名前の公表などは、こちらからは企画実施まで一切しない予定です。
・イベントそのものの概要に関しましては、下記の「JBS Meeting Q&A」をまずご確認ください。
・当日の都合が特定の日にちまで判明しない場合や、何かご不明な点がございましたら一度私までご相談ください。

【応募方法】
・以下の項目をご明記の上、JBSメールフォームよりご応募ください。
同じ要領で、TwitterのDM(相互フォローしている方のみ)、Facebook(白原ケンイチ)のメッセージ、LINE(面識のある方のみ)でも受け付けております。

・代表者さまのお名前(アーティスト名可)
・同伴の方を含めた合計人数
・代表者さまの連絡先(お電話番号/必ず連絡の取れるメールアドレス/LINEアカウント *あればで結構です)
・当日持ち込む予定のもの(PR用資料、フライヤーなど)
・JBSへのコメント(任意)
[ 続きを読む ]
関連記事

JBS Timeslip『2002年2月』:EXILE/嵐/安室奈美恵/w-inds./久保田利伸/ゴスペラーズ/中島美嘉/小柳ゆき/唐沢美帆 etc

2015年02月17日 22:55



今回の「JBS Timeslip」は、13年前の2002年2月をピックアップ。R&B界隈のアーティストのみならず、J-POP街道を直走るスーパースターまでもがクールな名曲を生み出していた、安定期にして黄金期。さっそく、その目覚ましい健闘ぶりを順に見ていくとしましょう。

【シングル】

 
EXILE「Fly Away」
前身にあたる初代J Soul Brothersのカヴァー曲を、3rdシングルとして発表。夢を高く志した内容は、現在のEXILEのコンセプトにも通じるものがありますよね。
[ 続きを読む ]
関連記事

シングルレコメンド:GENERATIONS from EXILE TRIBE/森大輔/ELLIE/ZIN/Edgar×8utterfly

2015年02月15日 23:15

 
GENERATIONS from EXILE TRIBE「Sing it Loud」
間もなくリリースされるアルバムに向けた先行シングル。キャッチーなミドル・ナンバーを得意とする彼らですが、今回は「HOT SHOT」以来となるソリッドなダンス・ナンバー。EDMから派生した近未来的なシンセ・サウンドを用い、スピード感でもって威勢の良さを伝えてくれます。トリッキーな表情を見せるブレイク部分にも注目です。カップリングには、メンバーの片寄涼太が作詞を手がけた勇壮なミドル「STORY」を収録。
[ 続きを読む ]
関連記事

JBS presents「濃厚ラヴ・ソング」

2015年02月14日 20:37



今日は、年に一度のバレンタイン・デー。そこでJBSからも、思わずうっとりしてしまう”濃厚ラヴ・ソング”のプレゼンテーションを。曲調やヴォーカルに熱と愛のこもった全14曲をセレクトしました。恋人がいる人もそうでない人も、チョコレートよろしく甘い気分に酔いしれながらお楽しみください。

F.O.H「IN MY LIFE」
まずは天下無敵の彼らの楽曲から。クワイアをバックに従えた荘厳なヴォーカル・ワークが絶品。
[ 続きを読む ]
関連記事

JBS MASTERPIECE #4「グループ出身アーティストのソロ作」:YORK/上新功祐/YU-A/ZOOCO/Asami/MIHIRO etc

2015年02月14日 00:18




YORK「Proof to live」 (2008/2/6)

1. Phoenix 2. Proof to live 3. ZERO feat. AK-69 a.k.a.Kalassy Nikoff
4. SOLDIER 5. 演じきる覚悟  6. I feel loneliness for a beautiful thing
7. An important thing feat. HOKT 8. NO NO NO 9. PAIN
10. GIANT SWING 11. WHITE LUV duet with BIG RON
12. A face of the bottom 13. GANGSTA LUV 2008
14. DO OR DIE 15. SOLDIER feat. AK-69 a.k.a.Kalassy Nikoff
16. 最後の傷跡


EXILE ATSUSHIの呼びかけによって2004年にデビューを飾ったR&Bコーラス・グループ、COLOR。その一員としてハスキーな歌声を響かせていたYORKは、後にウェッサイ方面との親交を深め、ヒップホップとの太いパイプを持つ勇猛なシンガーへと成長を遂げるに至ります。その硬派で男気のある精神は、ソロでの1stアルバムの時点で顕著に現れており(そもそも曲名からして超シリアス)、メロウとハーコーの両概念を器用に使い分けながら独自の立ち位置を確立。往年の名曲ネタを潜ませた楽曲が見受けられたりと、ブラック・ミュージックに対する憧憬もなみなみと注がれているので、生粋のファンならずともまず手に取ってみるが吉です。

[ 続きを読む ]
関連記事

Sky's The Limit『Naked』

2015年02月12日 21:41



<アルバムレビュー>
Sky's The Limit『Naked』 (2014/12/7)

1. おくりもの
2. 上を向いて歩こう~明日があるさ
3. Only Human
4. 楽園
5. Sorry Seems To Be The Hardest Word
6. 君をさがしてた~New Jersey United~
7. The Day (Naked Ver.)
[ 続きを読む ]

KIRA『LISTENER KILLER』

2015年02月11日 20:12

 

<アルバムレビュー>
KIRA『LISTNER KILLER』(2015/2/4)

1. LISTENER KILLER -Turn It Up!-
2. HELLO!
3. JEALOUSY
4. ナデシコSOUL
5. Ready Go! feat. APOLLO
6. Change The Flow

7. 片想い
8. F.A.N.T.A.S.Y feat. HISATOMI
9. Carrier Bag
10. 最後のグッバイ with TAK-Z feat. SHINGO★西成
11. SOMEDAY~もう二度と恋なんかしない~
12. 当たり前の日々に
13. ミスターファ☆カー
14. 運命のひと -Promise-
15. ナデシコSOUL REMIX feat. MINMI

[ 続きを読む ]

Mye『No More Rain』

2015年02月08日 22:55



<アルバムレビュー>
Mye「No More Rain」(2015/1/28)

1. No More Rain
2. Mama said…feat.大神:OHGA
3. カサンドラ
4. きっと、もっともっと。
5. My Secret

6. 色とりどりのLOVE
[ 続きを読む ]
関連記事

CICADA「BED ROOM」

2015年02月06日 23:28

 

<アルバムレビュー>
CICADA「BED ROOM」(2015/2/4)

1. ふたつひとつ
2. Naughty Boy
3. 君の街へ
4. 夜明けの街
5. フリーウェイ

6. 月明かりの部屋で
7. Colorful
8. 雨模様

9. あなたの影
10. 熱帯魚
11. door
[ 続きを読む ]

JBS MASTERPIECE #3「コンピレーション・アルバム」

2015年02月05日 22:44



JBSの置き土産こと「JBS MASTERPIECE」のコーナー。第三弾となる今回は、企画の主旨によって内容が様変わりする「コンピレーション・アルバム」を特集。すっかり埋もれてしまっている作品も含めて、全8作をご紹介して参ります。
[ 続きを読む ]
関連記事

和製ニュー・ジャック・スウィング特集 Vol.2:WANDS/MAX/鈴木あみ/野猿/V6/BoA/AZU/MAY'S/三代目J Soul Brothers/東京女子流 etc

2015年02月03日 23:12



2012年に企画して反響を頂いた「和製ニュー・ジャック・スウィング」の続編を、およそ3年ぶりに実施!ベーシックな作品に関しては前回の記事を参考にして頂くとして、今回は知る人ぞ知るナンバーも含めたタイムレスな名曲を補足としてご紹介。J-POPとニュー・ジャック・スウィングの親和性の高さをつくづく思い知らされること請け合いです。ではさっそく、ひとつひとつチェックしていくとしましょう。
[ 続きを読む ]
関連記事

【お知らせ】Japanese Black Style 更新休止のご報告

2015年02月02日 21:23



いつもJBSをご覧頂きましてありがとうございます。今日は皆さまにご報告があります。誠に勝手ながら、私ケンイチが運営を務めるこの「Japanese Black Style」は、2015年3月末をもちまして無期限の更新休止とさせて頂くこととなりました。
[ 続きを読む ]
関連記事

アルバムレコメンド:三代目J Soul Brothers「PLANET SEVEN」/Sugar's Campaign/J-DAD/米倉利紀/入江陽

2015年02月01日 21:02


三代目J Soul Brothers「PLANET SEVEN」 (2015/1/28)

1. Eeny, meeny, miny, moe! 2. R.Y.U.S.E.I. 3. S.A.K.U.R.A.
4. Glory 5. C.O.S.M.O.S. ~秋桜~ 6. Link
7. Wedding Bell ~素晴らしきかな人生~ 8. Summer Dreams Come True
9. All LOVE 10. 風の中、歩き出す 11. O.R.I.O.N.
12. O.R.I.O.N. -Maozon @ASYtokyo remix- (Bonus Track)


春夏秋冬のシングルを一挙に収めた5thアルバム。リード曲としてミュージック・ビデオも制作されたM-1は、高ぶるホーンの音色とリスナーを煽動する歌詞が印象的なアッパー・チューン。R&Bをモチーフにしたトリッキーな音組みである分、ノリ至上主義のEDMとは一線を画したソウル余る節回しをぜひともお見舞いしてほしかったのですが、あいにく双方の歌唱にややもたつきが見られ、そこは玉に瑕。しかしながら、ヒットの方程式に甘んじず、それでいてインパクトのある挑戦を叩きつけた点に関しては心の底から評価したいです。彼らに倣い、こちらも潔く次に期待。なお、実質的な新曲は今市・登坂の各ソロを含めて3曲のみなので、真新しいアプローチに胸を馳せる”オリジナル・アルバムならでは”の構えではなく、2014年に巻き起こした彼らの快進撃を今一度振り返る目的で端から聴いた方が、うんと味が出て楽しめるかと思います。
[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。