FC2ブログ



シングル・レビュー:2011年2月<全19作品>

2011年03月06日 19:02

さて本日は、更新を休止していた2011年2月にリリースされたシングル(CD/配信)全19作品を中心に、ダイジェスト形式で一挙にレビューしていこうと思います。作品によって、書きたい量に差があったので、纏めるのに結構苦労しました・・・汗 それでは、早速ご覧下さい! 

◆レビュー作品リスト◆

◆Atsumi 『忘れないよ』
◆AYUSE KOZUE 『Cry for you / 君のせい~U KNOCKED MY HEART~』
◆KREVA 『挑め』
◆倖田來未 『POP DIVA』
◆SIMON 『Zoo Rock』
◆JASMINE 『ONE』
◆JP2HAITI 『光-hikari-』
◆JAMOSA 『何かひとつ feat.JAY'ED&若旦那』
◆CIMBA,L&J,MICHIYA,TSUYOSHI&真之介 『MORE SUGAR SHACK』
◆So'Fly 『i BELIEVE~星に願いを~』
◆DA PUMP 『Can't get your love』
◆露崎春女 『Sacrifice』
◆西野カナ 『Distance』
◆pua 『今でも... (The Way It Is)』
◆Baby M 『伝えたい~one way road~』
◆真崎ゆか 『Last Kiss feat.KG』
◆松下優也 『Paradise』
◆Ms.OOJA 『It's OK』
◆山口リサ 『モノクローム』

◆Atsumi 『忘れないよ』
山木隆一郎主宰のレーベルより発表した配信曲。
エモーショナルさを含んだ歌声で、意外にも印象は上々。
「泣きうた」戦法を巧みに則った正統派楽曲なり。


◆AYUSE KOZUE 『Cry for you / 君のせい~U KNOCKED MY HEART~』
TOY'S FACTORY離脱後初となるAYUSE嬢新作。
AYUSE流「切なソング」を執った『Cry For You』も出色ですが、個人的には、キャッチーにキメる胸キュン・ミドル『君のせい』の方が好み。バウンシーなビートを用い、単なるポップ・チューンで終始させない彼女のクリエイティビティたるや健在。

◆KREVA 『眺め』
彼らしい明快なフロウと、心揺さぶるライン満載の新作。
イカついループ・トラックも後押しし、彼の毅然としたラップ・スタンスがまざまざと窺えます。MCUとLITTLEが集結した、c/wの同窓Remixも極めて秀逸で思わずニヤリ。


◆倖田來未 『POP DIVA』
何かと話題なこの曲。
結局のところ、彼女のキャラクター性にもばっちりフィットしたキ○ガイ系ダンス・ナンバーで、私個人としては嫌になるほどはまってしまったわけですが。やっぱり彼女はアップを歌ってこそ、間違いないっす。

◆SIMON 『Zoo Rock』
エレクトロ・フロウでシンギング・ラップの地平を切り開く意欲作。
かの50CENTからも一目置かれていることを意識してか、とことんUSナイズされたアプローチで攻めてきましたね。BL製トラックの耳馴染みの良さも相まって、聴き手を選ぶことは極力なさそう。来る5月リリースのアルバム『TWICE BORN』の仕上がりにも注目です。

◆JASMINE 『ONE』
かのStargateプロデュースでやけに気合が入っておりますが、
ちょっとばかしパワー不足な気がしなくもない。
アフリカンな佇まいのLIVE ver.には魅せられてるのになぁ。
”せっかく手にした1人分のチャンス”、次に期待しています。

◆JP2HAITI 『光-hikari-』
ようやくドロップに漕ぎ着けた、ハイチ救済ソング。
さすがにこれだけの面子が揃うと、迫力が違うね。
ただ、中盤以降の詰め込み感に関しては、賛否が大きく分かれそう。
優美で神々しいHookとの均整が、あまり取れていない気がします。

◆JAMOSA 『何かひとつ feat.JAY'ED&若旦那』
ドラマ主題歌で話題のJAMOSAのシングル。横柄なのか真摯なのか判然としないリリックや小気味悪い字余りメロなど、若旦那の押しつけがましい俺様プロダクションが奏功(横行)し、失笑必至のブチ上がり激励ソングに仕上がりました。販促的意義を除いて、”何かひとつ”でも彼女に得るものがあったのなら是非教えて欲しいね。

◆CIMBA,L&J,MICHIYA,TSUYOSHI&真之介 『MORE SUGAR SHACK』
男性R&Bシーンの要:SUGAR SHACK FAMILYが、テーマ・ソングともいえる楽曲をリメイク。『Perfect Man』を歌い上げた面々がアップをこなすのは新鮮に映りましたが、その反面、パート割りのアンフェアさが少々鼻につく感じで。特にTSUYOSHIは、圧倒的な存在感を備えているが故、もう少し良い意味での”遠慮”を利かせた登板でお願いしたかった。

◆So'Fly 『i BELIEVE~星に願いを~』
久々のシングル作。
特有の大衆テイストは健在ですが、GIORGIO13によるプロダクションそのものは、心なしかおとなしくなった気がする。西野カナやAYUSE KOZUEのプロデュースを経て、センスが移り変わったのかもね。それかいせk・・・何でもないです。

◆DA PUMP 『Can't get your love』
こちらもご無沙汰。ISSAのハイトーン・ボーカルをこれでもかというほど活かしたパッショナブルなアッパー・チューンで、なかなか攻めてきているなという印象。ただ如何せん、c/wの『if...arekarabokuha』がThat's 拍子抜けなクオリティで残念。タイトルを見て、勝手に「アンサー・ソング」だと解釈した私が馬鹿でした。

◆露崎春女 『Sacrifice』
4月にアルバム『Now Playing』の発売を控える露崎氏の配信作。
BACH LOGICとの異色の取り合わせが実現したタイトル曲はまずまずの出来なのですが、c/wとして収録されているカバー作4曲の出来がとにかく素晴らしい。どれも馴染み深い曲だけに、得も言われぬ表現力を再確認するには持ってこいです。

◆西野カナ 『Distance』
新鋭プロデュース・チーム:MATS LIE SKARE & FAST LANEを迎えた爽快チューン。「会いたい」というワードの使用を控えるも、依然としてリリックの病的な恋愛依存ぶりは変わらないですね、良い意味で。ほかにも、ビヨ様「Single Ladies」贔屓なお遊びアップ『Call Me Up』など、過小評価されがちな彼女の才能を裏付ける佳曲がこの1枚に。

◆pua 『今でも... (The Way It Is)』
Bruce Hornsby&The Rangeの『The Way It Is』ネタを盛り込んだ女性シンガーの配信作。甲高さばかりが先行するボーカルを差し置いても、全体的に単調なトーンなので、どうも今ひとつグッと来ない。何か辛気臭いんだよね、ネタ元の所為とかではなくて。


◆Baby M 『伝えたい~one way road~』
舌足らずな発声を活かした清純R&B調ポップス。
個人的に、彼女の歌声には魅力を感じているので、今後はもう少し派手に切り込んでいってほしいな。『Bhuti』とかとは、また違う路線で。


◆真崎ゆか 『Last Kiss feat.KG』
コラボレーション・キング:KGとのデュエット・ソング。
R&Bテイストの中にさりげなく織り込まれたエッジーさが心憎いです。
彼女、正直まだまだだけど、c/wのコミカル・ダンサー『Strawberry』では新境地も見せてくれたことだし、これからも見守っていく余地はありそう。

◆松下優也 『Paradise』
自身が俳優を務めるドラマの主題歌。アップ・ナンバーが続いているのは喜ばしいことですが、リリースを重ねる毎にポップ色が濃くなっている気がしなくもないので、そこのところは少し危惧しています。3曲あるc/wの中では、BRIGHTとSHUNが参加した痛快な電子ポップ『Secret Love』が白眉。サウンドの意外性がもうばっちりです。

◆Ms.OOJA 『It's OK』
Ms.OOJAのメジャー・デビュー・シングル。
YA-KYIM『Happy the globe』がちらついて仕方ないポジティブなタイトル曲に加え、DJ OLDE-Eによる旧作MIXや、インディ時代のカバー『会いたい』も収録し、この1枚で彼女のキャリアが掻い摘んで把握出来る仕様になっています。

◆山口リサ 『モノクローム』

コシのあるビートと気品溢れるサウンドで、懐かしき90's R&Bへと華麗に立ち帰った超魅力的な1曲。メロディーの歌謡塩梅も、今回はかなり程よくキマってます。新しいものを目がけていくスタンスも今の時代大切ですが、たまにはこうやって、腰を下ろすかのように過去を顧みることもきわめて重要。よくぞリリースしてくれました。




◆◇お知らせ◇◆
この度、mixiで自身のアカウントを開設しました。⇒こちら
また、当ブログ『Japanese Black Style』のコミュニティも、思い切って開設しました。⇒こちら
今後、企画の提案や意見交換の場として、活用していければと思っていますので、よろしくお願い致します!

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぶる~ | URL | -

    総まくり乙です~。
    この中で私的に拾い物だったのはAtsumi。
    そんなにR&B濃度は高くないけど、正統派ないい声してると思います。注目。

    >Ms.OOJA 『It's OK』
    そう!!『Happy the globe』似てるよね!!www
    もう少しHipHop寄りの楽曲で来るかと思ってたので意外でした。

  2. ケンイチ | URL | -

    >>ぶる~さん
    俺も声には惹かれるものを感じました。>Atsumi

    Ms.OOJAは、もっと派手に飛ばしてくれても良かったんですけどねw
    『Happy the globe」に似るぐらいなら尚のことw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/1007-4799baf4
この記事へのトラックバック


最近の記事