FC2ブログ



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPECIAL INTERVIEW:為岡そのみ 【DRAMATIC】

2011年03月10日 20:00



歌手に作家にと、多岐に渡って活動するシンガーソングライター:為岡そのみのニュー・アルバム『DRAMATIC』が、先日CDリリースされた。前作よりも幅を利かせたサウンド群と、己から滾々と湧き出る言の葉をさらけ出した、珠玉の全10曲。それぞれの物語において、まるで目の前で起こっているかのような嬉しい錯覚に陥るのは、如何なる虚構に対しても決して妥協を許さない、彼女本位の作品であるが故だ。本稿では、”歌い手”と”作り手”、その両方に立つ彼女の視点を交えながら、今作の基根を背負って立つ、聴き紛うことなき劇的な世界観を紐解いていく。



---まず、タイトルに『DRAMATIC』と名付けた理由からお聞かせ頂けますか。

為岡そのみ(以下T)
:今回、ドラマのような濃い内容の音楽を表現したいなと思ったんです。それも、”歌詞”っていうよりは、”音”の部分で表現したいという思いが強くあって。

---前作よりも、R&Bとしての間口がグッと広まっていますよね。新しさを感じる曲もあれば、オールド要素満点の曲もあって。

T:前作は、割とトラックありきの上でメロディーを乗っけることが多かったんですが、今作では、自分でゼロから作ろうと構えていたので、違いははっきり出たように感じています。なので、”自分らしい作品”としても、実は今作の方がしっくり来るんです。間口の広さは必然的ですね。普段、洋楽が好きなんですが、小さい頃はずっと邦楽を聴いて育ったから、良い意味でその両方のテイストが今も身体の中に共存していて、それが今作にも反映されているかなと。

---では、収録曲を順に追っていきたいのですが、まずは1曲目の『黒い髪』。

T:この曲は、10年ほど前から存在している作品なんですが、その間にアレンジが様変わりし、現在の形になりました。”DRAMATICな世界の幕開け”にぴったりだったので、「絶対1曲目にしよう」と、制作当初から決めていた曲です。

---芸術性の高い曲ですよね。

T:間奏で三拍子になっていたりと、不思議な世界観なんですよね。私も凄く気に入っています。

---続いて、リード曲でもある2曲目の『FAITH』。昨年、『REVENGE』でタッグを組んだU-Key zoneさんの書き下ろしということですが、この楽曲を彼が手がけることになったいきさつを教えて頂けますか。

T:まさにその『REVENGE』を一緒に制作したときに、彼自身も「凄く新鮮なものが出来た」と言って下さったんですね。私もそう感じて、「また何か一緒にやりたいね」って話していたんですけど、ちょうどその頃アルバム制作の話があって、U-Key君にお願いしたら、「是非!」ということで書き下ろして下さったんです。曲が上がってくるまではドキドキしていたんですけど、聴いた瞬間、思わず「これはっ!」と唸っちゃいまして。今回、”新しい挑戦”という意味も込めて、リード曲にさせて頂きました。

---彼の音楽性に迷いがない分、為岡さんも心置きなく制作や歌唱に打ち込めたのではないでしょうか。

T:そうですね。『REVENGE』もそうだったんですが、私のイメージを分かってくれた上で、あえて斬新なものを提案してくださるので、凄く感謝しています。今回、そこに私の声と節が合わさって、また新しい”為岡ワールド”がお届け出来たんじゃないかなと思っています。

---PVの方にも話を向けたいのですが、何か思い出深いエピソードはありますか。

T:12月の午前中に撮影したんですが、相当寒かったんですよね。でも、「冬!」っていう仕上がりにはしたくなくて、あえて薄着で頑張りました(笑) あとは、”空と海”が凄く綺麗に撮れているので、その辺りにも注目して欲しいです。

---そして、次の『告白』もU-Keyさんによるアレンジで。本当、相性抜群ですよね。

T:U-Key君には本当に感謝しているし、U-Key君の方も、「凄く良い勉強になる」と言って下さっていて。お互いがお互いを刺激し合えている凄く良い関係だなと、私自身思っています。

---歌詞の内容は、学生時代に抱いた恋心がベースになっていますが、これフィクションなんですよね?もの凄いリアリティーで。

T:ありがとうございます。実話のものもあるんですが、フィクションのものもたまにあります。まず、ストーリーを文章で書き起こして、そこから詞にしていくことが多いんですけど、難しいですね、詞の作業は。まだまだ勉強中です。

---4曲目の『Lost in Love』でも、泡沫的な恋を歌っていらっしゃいますね。

T:この曲はフィクションですね。シチュエーションのイメージは、”恋人と別れて、田舎に帰って泣いている”瞬間を切り取った感じ。

----今回割と、こうした”未完成な恋愛”を歌った楽曲が多いように思うんですが、今作の作詞作業で、特に気を配ったことは何かありますか?

T:あまりないですね。基本的に、曲と歌詞は一緒のタイミングでポンッと出てくることが多くて、今回も普段どおりのスタイルで書きました。

---5曲目の『スペース・シップ』ですが、こちらは打って変わって、90'sを彷彿とさせるR&Bナンバーで。

T:はい、好きな音楽を存分にやらせて頂きました。この曲を手がけたOkaerio君とは、前作でも一緒にやらせて頂いたんですが、いつも良い感じに仕上がるんですよ。聴いてきた音楽が似ているということもあってか、とても馬が合うんです。



---とまあ、ここまで様々な観点で独自のR&Bを打ち出してきたわけですが、6曲目の『ありがとう』では、明快なポップスにも挑まれているんですよね。

T:「結婚ソングにしよう」という元々のコンセプトがあって、そこから歌詞を書きました。友達の結婚式でもよく歌わせて頂いています。前作にはないテイストだったので、初めは発表するのがちょっと怖かったんですけど、歌入れもいつも通り自然にやれたし、アルバム全体を通して聴いて以降は、「こういう曲があってもいいのかな」と前向きに思えるようになりました。

---そして、本編ラストとなる『DRAMATIC』。ここに来てはじめてバラードがお目見えするわけですが。

T:やっぱりバラードは、歌っていてしっくり来るものがあるんですよね。まわりの皆さんもやファンの方も、「バラード、良いよね」と言ってくださることが多いんです。

---今回は、この本編のほかに、前作『MOVIN' ON』に収録されている楽曲のリアレンジ版も3曲収録されています。まず、『movinon』のJazztronik Remix

T:同じ事務所でもあるJazztronikの野崎さんに、「Remixをお願いしよう」ということになったんですね。まさに”念願叶って”という感じで。で、結果凄く良い作品に仕上げてくださったので、先輩には感謝しています。

---ド直球なハウス・アレンジなので、さぞかしLIVE映えしそうですね。

T:凄く盛り上がりますね、ジャズトロのファンの方は特に。ファンの方からは、今作の発売前から「いつ出るの?」というご意見をたくさん頂いていました。

---続いて、超がつくほどの名スロー『U & Me』のOkaerio Remix。原曲の方もOkaerioさんが手がけていらっしゃるので、実質のセルフ・リメイクですね。

T:『MOVIN' ON』がリリースされて間もないときに、「為さんこんなん作っちゃいましたー」って、Okaerio君が送ってきてくれたのがこのRemixだったんです。前作の収録曲の中では、『Crying for you』と並ぶ人気曲なんですけど、原曲とはまた違った雰囲気が出ていて、素敵ですよね。

---そんな『Crying for you』のスタジオ・ライブ・バージョンが、ラストに。

T:ピアノ一本で弾き語ったこのバージョンの評判が良くて、「なら、このアルバムに入れよう」ということで収録しました。

---今回、この曲と『DRAMATIC』の計2曲でピアノの弾き語りを行っていますが、今作の制作にあたって、その辺には結構こだわりがお有りだったんでしょうか。

T:いえ、特にこだわりはなかったですね。普段、バラードを作るときはピアノ一本で作っていくので、そんな肩の力が抜けた過程を皆さんに、という感じです。

---全曲の質疑を終えましたが、特にお気に入りの楽曲や、思い入れの強い楽曲がありましたら教えて下さい。

T:最初の3曲は気合が入ってますね。たくさんの方のお力があってこその曲というか。

---今回のアルバム、ずばりどんな方に聴いて頂きたいですか?

T:色んな方に聴いて頂きたいですね。私のファンの方、凄く幅広いので。私よりも年上の方が多いんですよ、男性の方とか。

---品がありますものね、為岡さんの作品って。

T:ありがとうございます(笑) 車の中でも、部屋の中でも、場所も問わずに聴いてくれたら嬉しいです。

---今作の発表を経て、今後の抱負みたいなものは出て来ました?

T:1年ごととか、コンスタントに作品をリリースしていきたいとは思っています。常に上を目指して、アートな作品を、個性のある音楽を発表していきたいですね。

---では最後に、今後の活動予定を教えて下さい。

T:3月19日に、渋谷の「FAMILY」でライブをします。その後も、今作のリリース・パーティーを、3月21日に「Motion Blue 横浜」で、3月30日に大阪の「京橋 Beronica」でそれぞれ行うので、是非遊びに来て下さい!



◆Official Blog⇒
http://ameblo.jp/sonomi222/

■Discography■
◆1st ALBUM 『MOVIN' ON』
◆2nd ALBUM 『DRAMATIC』


  


■BACK NUMBER■
『SPECIAL INTERVIEW:T-SK』
『SPECIAL INTERVIEW:Licana』
『SPECIAL INTERVIEW:CIMBA』

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. julie | URL | -

    為岡Sonomi is always one of my favorite!!!

    I read this interview again and again!!!

    It's really professional and great interview, thank you for everything you did^^

  2. ケンイチ | URL | -

    >>julieさん
    thanx!
    そう言ってもらえて嬉しいです!
    これからも、応援して頂けるよう頑張ります!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/1010-7ab310bb
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。