スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBS Timeslip #08 『2001年5月』:平井堅/倖田來未/Crystal Kay/三木道三/餓鬼レンジャー etc

2011年06月02日 19:00

この企画を行なう度に学生時代の卒業アルバムを開きたくなるどうも、ケンイチです。
というわけで、少し遅くなりましたが先月分の『JBS Timeslip』、今回は10年前の『2001年5月』へと遡りたいと思います。当時を謳歌してきた人にとっては堪らない名曲揃いなので、覚悟してください。あああー戻りてえ!

では参ります。時代を彩った全16曲、とくとご覧下さい!

◆平井堅 『KISS OF LIFE』・・・テニス+銀髪がただただ印象的。そういえば堅さん、最近この髪色に戻りましたよね。


◆倖田來未 『Trust Your Love』・・・倖田さんの2ndシングル。初期を代表するプチ・ヒット作なり。


◆Crystal Kay 『Girl's Night』・・・頼むからこの頃の音楽をもう一度かまして欲しい。ハイ・レベルすぎるわクリちゃん。


◆三木道三 『Lifetime Respect』・・・『愛のあるSEXに精出したり♪』のくだりは当時衝撃だったなぁ。


◆唐沢美帆 『Way to love』・・・結局、唐沢さんは歌手復帰しないんですかね。


◆KICK THE CAN CREW 『スーパーオリジナル』・・・やさぐれた感じが良いね。てかみんな若いなおい(笑


◆スケボーキング 『TOKYO LV』・・・もうここら辺は、当時からシーンに目を向けてた人ならこぞって聴いてたんじゃないかな。


◆餓鬼レンジャー 『火ノ粉ヲ散ラス昇竜』・・・上昇っ!上昇っ!未だにカラオケ行くと連れが歌う件。


◆AI 『U CAN DO』・・・BMG時代のAIはマジで神懸かってた。


◆BoA 『ID;Peace B』・・・この楽曲で日本デビュー。彼女ももう十年選手なんですね。俺も年取るわけだ。


◆BENNIE K 『SCHOOL GIRL』・・・続いてはBENN・・・えっ、誰?


◆m-flo 『Prism』・・・何とまあ可愛らしいアニメーション!


◆DABO 『ZERO』・・・大坊はこの頃から全盛期突入でしたね。


◆Luv Tina 『Baby Blue』・・・えらく年季の入った画質ですが、ご愛敬を。


◆Skoop On Somebody 『Still』・・・色褪せない名曲。


◆ACO 『星ノクズ』・・・色々とぶっ飛んでるよねこの人のセンスは。


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. yuh | URL | SRVNgQw.

    No title

    Girl's Night, TOKYO LV, ID;Peace B, prism
    わー懐かしすぎる!
    スケボーキングとか大好きだったなー。なんで解散したんだろ。
    大のBoAファンとしては10年にもなるのかと思うと感慨深いですね。このころのように勢いづいてほしいなー
    Crystal Kayはこの時代にこの曲。やばいですよねー。あのころより今の方がこういう曲を受け入れられると思うんですけどねー。ガッツリしたPOPなR&Bが欲しいです。
    で、m-floですよ。やっぱLISAですよねー彼らにはLISAなんです。と言いたくなります。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. キャ | URL | -

    あああ

    戻りてぇぇー

  4. そうる2000 | URL | -

    No title

    んーーー懐かしいなぁ!
    やっぱ個人的にはくりちゃん、唐沢さん、m-floこの3曲最高だなぁ・・・。
    唐沢美帆は、こないだちょろっとKiichiの曲に顔出しただけで、本格的には一人で歌わないのかなぁ・・・。まだ年齢的にもギリいけると思うんだけどなぁ。三十路になってから復活した傳田さんみたいな例もあるし。

    最後に一言。
    クリちゃん、倖田くみ、BoAが若っww

  5. ケンイチ | URL | -

    No title

    >>yuhさん
    BoAの10年キャリアには、この記事書きながらかなり衝撃を受けました。
    『VALENTI』とかももう9年前とか信じられないです。。。

    この頃ほど本格的でなくてもいいから、せめてこの頃のような「すげぇことやってやるんだ!」っていう威勢を見せて欲しいですよね。>クリちゃん
    最近はどうも保守的になっちゃってる印象なので。。

    m-floは翌年ロクなリリースがなかったことを考えると、LISA在籍のキャリアは本当に短かったんだなぁと痛感します。それでいながらあれだけの存在感を残せたのもまた、彼女がいたからこそなんでしょうね。

  6. ケンイチ | URL | -

    No title

    >>???さん
    ですよね~。
    VlidgeのKiichiとも曲やってましたが、結局ちゃんとした活動はしないんでしょうか。。

    あと例の件、ご表明ありがとうございます!
    昨日こちらからご連絡させて頂いたのですが、ちょうど本日、正式な募集要項を掲載するので、よろしければそちらの方をご参考にして頂けると有り難いです!

  7. ケンイチ | URL | -

    No title

    >>キャさん
    同じく!!!笑

  8. ケンイチ | URL | -

    No title

    >>そうる2000さん
    青春真っ盛りだったので、懐かしい反面少し哀しかったり・・・w

    唐沢さんは結局ソロはなしなんですかね。
    というか今や、歌手どころかタレントとしてもめっきり見る機会減ったしなぁ。。

    BoAやクリちゃんの若者全開ともいえる当時のチャキチャキ感が好きですww

  9. cozey | URL | XQHZ9Q/.

    No title

    こんにちは。
    スケボーキングとか懐かしいですね♪この頃はアンダーグラウンドだったものが、いろいろと世間の耳に触れていったという印象があります。
    Crystal Kayの「Girl's Night」は、個人的には今も色褪せていないですね~。こういう感じの曲をもう一度(エレクトロニカも悪くはないけど)聞きたいな~。
    ACOはこの辺りのキワキワ感が好きだったな~。「material」は「Lady Soul」と同じくらい聞き込んだな~と。両方とも名盤だと個人的に思っています。

  10. ケンイチ | URL | -

    No title

    >>cozeyさん
    そうですね。HIP HOPがちょうどこの頃世間一般の耳にも十分浸透し出したような気がします。事実この年とか、あと翌年にHIP HOP系ヒットが多いんですよね。

    『Girl's Night』のような音楽性をやってほしいのが本心なんですが、正直『あの時代だからこそ出来た音楽』だとは思うんですよね。あれはあれであの頃の流行だったわけで。。

    ACOは確かにキワキワしてましたねw ここからはしばらく後になりますが、『ya-yo!』とかも好きでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/1071-1f3595ed
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。