スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORKS #05:松尾潔 【ビデオで辿る松尾潔ヒストリー Part.2】

2011年06月10日 19:00

昨日に引き続き、本日も『松尾潔特集』をお送りします。
段々年代が新しくなってくるので、ピンと来る楽曲が続出するかと・・・!
それでは、早速ご覧下さい。

*Part.1を未見の方は、そちらからご覧頂くことを推奨します。⇒こちら

◆ビデオで辿る松尾潔ヒストリー Part.2◆

◆K 『Girlfriend』
2005年7月2日発売。Kといえば、ドラマ『1リットルの涙』主題歌としてヒットを記録した『Only Human』も松尾氏によるものですが、個人的にこの曲のノスタルジックな雰囲気が大好きなので、あえてこちらをチョイス。



◆仲間由紀恵 with ダウンローズ 『恋のダウンロード』
2006年3月15日発売。超の付く意外どころですが、それ故に松尾氏の振れ幅の大きさが際立つというか。


◆JUNE 『Baby It's You』
2006年11月15日発売。Voices of KOREA/JAPAN⇒東方神起⇒Kと着実に韓国人とキャリアを深めてきた松尾氏の次なる相手が彼でした。もっと評価されるべき一曲。


◆EXILE 『Lovers Again』
2007年1月17日発売。売り上げのみならずメディアでも大きく取り沙汰され、松尾潔の大衆的手腕を存分に知らしめた記念碑的楽曲です。


◆DOUBLE 『残り火 -eternal BED-』
2007年12月5日発売。Part.1でもご紹介した『BED』の続編でありリメイク。主人公が歩んだ末路は、儚さを越えてもはや美しい。


◆田中ロウマ 『Boyfriend/Girlfriend feat. melody.』
2008年4月30日発売。歌手を引退したmelodyとの甘酸っぱいコラボレーション作品です。一方のロウマも現在歌手活動が停滞気味なので、一刻も早い復帰を願います。


◆クレンチ&ブリスタ 『Wonder... feat. May J.』
2009年4月1日発売。『Loves Again』あたりからの系譜である”ビターな切なさ”を全面に押し出した名曲。両者の個性もよく捉えていると思います。


◆JUJU 『桜雨』
2010年2月24日発売。昨年の春を艶やかに彩ったJUJUのシングル曲。ちなみに、後にスマッシュ・ヒットとなる『この夜を止めてよ』も松尾氏が手がけています。


◆BENI 『Heaven's Door』
2010年8月11日発売。松尾氏プロデュース楽曲の中でも珍しい”苦手曲”で、あまりさしたる思い入れはございません、悪しからず。


◆三代目J Soul Brothers 『Best Friend's Girl』
2010年11月10日発売。先日アルバムをリリースした三代目J Soul Brothers。正直まんまEXILEテイストなのですが、楽曲自体は極めて上質な仕上がり。


◆Happiness 『KISS ME』
2011年2月9日発売。EXILE擁するLDHが輩出した少女ユニット。曲調しかり歌声しかり、ピュアさ満開ですな。


◆平井堅 『いとしき日々よ』
2011年5月4日発売。特集ラストは、ドラマ『仁-JIN-』の主題歌としてもオンエアされている彼の最新シングル。バラードとしてのスタンダードさを追求した、日本人なら誰もが心温まるであろう珠玉の一曲です。






以上、二日に渡って全26曲をご紹介してきました。
皆さんの思い出の1曲はありましたでしょうか。
彼が呈してきた音楽の変遷をこうして広げただけでも、この十年余りの間にシーンがどれほど激動してきたかがよくお分かり頂けたかと思います。しかし重要なのは、彼にとってはそのいずれもが正解であり、間違いなど一つもないということ。今後もワン&オンリーなプロデューサーの一人としてあらゆる方面からシーンを掘り下げ、我々リスナーを活性させる代え難い原動力であって頂きたいです。


◆Official⇒http://www.nevertoomuch.jp/top.html

ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

  1. タカ | URL | -

    ども 松尾潔さん大好きです 美メロis松尾KC潔

    個人的には Lovers Againで一番名前が 広まったと思ってます

    思い出の曲は

    残り火-Eternal BED-

    WHY

    です もはや男性が書く歌詞とは思えないくらい素敵です

    最近だと 久保田利伸×松尾潔×May J.の『君のとなりに』が 良かったです

  2. けろたん | URL | -

    わたいも

    松尾さん大好きです。。。
    K、JUNE、ロウマくんは、さいこ~です

    JUNEってグループに属したって一回何かでみたんですが、、、(グループ名も忘れちゃいました)、今、何やってるですかね??

  3. ケンイチ | URL | -

    No title

    >>タカさん
    おっしゃるとおりですね。本当美麗な曲が多くて。
    『Lovers Again』は、松尾氏にとっても新境地開拓だったのかなと今になって思います。実際あれ以降、テイストの幅が広がりましたしね。

    『君のとなりに』いいですよね!
    今回は記事の構成上紹介することは出来なかったんですが、俺も凄く気に入ってます。

  4. ケンイチ | URL | -

    No title

    >>けろたんさん
    最高ですよね~ロウマは早いとこまたリリースしてほしいなぁ。。

    それとJUNEですが、今はWAZZ UPという音楽グループに所属しています。
    メイサの曲を手がけたりとクリエイター方面でも活躍していて、意外に多才なんだなぁとw

  5. ぶる~ | URL | -

    No title

    ケンイチくんが城田優「HEART OF GLASS」を取り上げたときに真っ先に浮かんだのが、
    JUNE「Baby it's You」カップリングの「ディスコティック☆ロマンティック」なんだよね。
    どちらも「男性歌謡R&B」の傑作だと思いますv-10

  6. ケンイチ | URL | -

    No title

    >>ぶる~さん
    そうなんですか!
    おっしゃるとおり、両曲とも絶妙な歌謡加減ですよね。
    和モノらしさがあって好きです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。