スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AISHA 『AISHA.EPⅡ』

2011年07月14日 19:00

   

AISHA 『AISHA.EPⅡ』 (11.4.27)

1. Heartbeat
2. I Wanna Rock You
3. Love Again
4. STAY

5. I Wanna Rock You (mabanua Remix)
6. Love Again (DJ Hasebe Remix)

昨年暮れ、ミニ・アルバム『AISHA.EP』で突如としてメジャー・フィールドに降り立った若き歌姫:AISHA。日本人離れした迫力抜群のボーカリゼーションを武器に、リード曲『Fallin' 4 U』では米HIP HOP界のレジェンド:DMC相手にスリリングな掛け合いを繰り広げるなど、話題性にも事欠かない至極のR&B盤であった。そしてそれら有能なファクターは、今春満を持してリリースされた本作『AISHA.EPⅡ』へも堂々と継承され、新たな楽曲との邂逅によって格段にパワー・アップを遂げることとなる。

本作に渦巻く決定的なバックボーンは、言うなれば「トライアル精神の尊重」であろう。村山晋一郎(加藤ミリヤ、宏実など)や浅田将明(BoA、AZUなど)ら、前作でも才気煥発の活躍を果たしたトップ・クリエイターが再結集し、R&Bの枠組みに留まらないオーバーグラウンド値高い楽曲をAISHAに宛がった。駆け出しに等しいAISHAにとって、多角的に音楽を噛み砕いていくことは最優先同然の事項であると推し量れるが、未知数の可能性を秘めたシーンの寵児は、周囲の期待どおり、いやおそらくはそれを遙か上回る形で溌剌とした体現を試みてみせた。その結果として、AISHA自らの表現力も目覚ましく向上。常に緩急付けを怠らず、くわえて自前の発声癖の魅せ方がすこぶる鮮明になったあたり、どうやら本作で、独自のフィーリングをばっちり掴んだようだ。

表面だけクールにあしらった有象無象が横行する現代に、これほどまでに楽曲との合致を歌声で確立し得るR&Bアーティストはそういない。絶滅危惧種となりつつある”本格派シンガー”の地位を欲しいままに、AISHAは今日も、明日も歌い続ける。

1. Heartbeat
その名の通り、高鳴る鼓動を快活な裏打ちリズムで巧みに表現したRyosuke“Dr.R”Sakai(Tiara、傳田真央など)制作のアップ・ナンバー。R&Bの慣例にならったフロア贔屓な歌詞は大半を英語が占め、ハーフの血筋であるAISHAならではのセンスが根強く発揮されている。ちなみに、作詞は本楽曲が初挑戦となった。

2. I Wanna Rock You
グルーヴィーなホーン取り巻く熱烈ファンク・ナンバー。
けたたましく震えるボーカルと、スムースに波紋を広げるコーラスとの絶妙な対比が味わえるフックは必聴ものだ。

3. Love Again
村山晋一郎とシンガーソングライター:為岡そのみが手を組んだ本楽曲では、恋する乙女の悩ましい心情をチャーミングにアプローチ。AISHAの表現力をもっともスマートに感じられたのが他ならぬこの楽曲で、後半にフィーチャーされた甘酸っぱいフェイクともども、愛くるしさ余る等身大の魅力が溢れ返す。

4. STAY
前作の『Free Your Mind(En Vogue)』に続き、AISHAは本作でも90'sクラシックにカバーで迎え撃った。ほんのりと懐かしさ漂う清涼トラックをたゆまぬ歌唱で真っ向から消化。原曲に引けを取らない充実のクオリティである。



『AISHA.EP』REVIEW
◆Official⇒http://www.aisha-online.com/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 56 | URL | -

    彼女の存在を知ったのは、JBSでした。
    海外アーティストが絶賛してるコメントを見て、どれどれと動画拝見しましたが…まぁ~パワフルでしたね!!
    日本人離れしてるって、この事やなと思いました。
    がしかし、幅広く日本受けするかと言うと難しいんかなって印象もありましたね。
    ブラックをひしひしと感じる彼女の歌唱は、国内でレアな存在でしょうけどね。
    もっと認知されて欲しい。

  2. ケンイチ | URL | -

    >>56SKさん
    おーそれは何とも嬉しいお言葉!

    日本ウケは、正直言ってかなりの時間を要すると思います。
    あとはタイミングかな。
    運を味方に付けられるアーティストになるといいですね。

  3. ぶる~ | URL | -

    はっきり言って「I Wanna Rock You」は「今年度ベスト1」級の衝撃を受けましたよ。むちゃくちゃかっこいい!
    ・・・でも今の若い世代には受けないのかなあ(泣
    カバーの曲の選び方からして90'sの香りが強い彼女。
    へんに売れセンに走らず、この路線を貫いて行って欲しいです。

  4. ケンイチ | URL | -

    >>ぶる~さん
    ほんと日本人離れしてますよね~彼女。
    カバーもそうですが、感性が今の日本の若者とはまるで違うというか。
    とは言いつつ「Love Again」みたいに胸キュンなラブソングも入っていたりするので、ほんと抜け目ないんですよね。
    早くフルアルバムが聞きたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/1097-d1b1822b
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。