FC2ブログ



ライブレポ 『meajyu ワンマンライブ2011 [M]』

2011年07月16日 19:00



昨日、渋谷のclub asiaで開かれたmeajyuのワンマンライブ[M]に参加して参りました。
5月にリリースされたアルバム『M』のコンセプトになぞらえ、四季をテーマに織り成された今回のライブ。ステージ転換にはファッションショーやDJプレイといった演出も導入され、申し分ないボリュームでした。また、元来のファンの方もたくさん訪れていたようで、公演中には何度も、至る所から「meajyu~!」という黄色い声援が飛び交っていました。では、以下にてセットリストと公演レポ、早速ご覧下さい。

<SET LIST>
~Spring~
1. Simple Things
2. シアワセノカタチ
3. Spot Light Girl / GANMA feat.meajyu
4. a.ri.ga.to.u / GANMA feat.meajyu
5. Keep On Lovin' Me
~Summer~
6. Let It Go
7. HERO~誰かのために~ / FALCO & SHINO feat.meajyu
8. 今想うよ...君に~Count The Ways~
9. glory days / YUKALI feat.meajyu
10. Your Supporter
~Autumn~
11. My Mind
12. episode / Junear feat.meajyu
13. 泣いてもいいから(Acoustic Ver.)
14. This Song For You
15-17<meajyu×Floor on the Intelligence SPメドレー>
~Winter~
18. 過ぎ去ったはずの想い
19. 帰り道の途中 / Special Callling HI-D×meajyu
20. 24
21. next to U
22. Secret Lover
<ENCORE>
23. Thank You


 ステージ中央のスクリーンにアルバム『M』のロゴが映し出された後、まずは”Spring”の公演がスタート。
meajyuは、かの「Dreamgirls」を思わせるグロッシーなドレス姿で登場し、『Simple Things』『シアワセノカタチ』を立て続けに披露しました。その後のMCでは『2ヶ月半ぐらいの練習の成果を出せるように頑張ります』と語ったmeajyu。その宣誓どおり、『Keep On Lovin' Me』では小道具としてステッキを使用したテクニカルな振り付けを見せるなど、兼ねてからブログなどでも意気込んでいたダンスの上達ぶりをまざまざとアピールしていました。

 DJプレイを挟んで転換した”Summer”では、暑さほとばしる季節らしいアグレッシブなパフォーマンス(『Let It Go』)で、容赦なく会場をロック。そこから『今想うよ...君に~Count The Ways~』でしっとりとしたアプローチを仕掛け、FALCO & SHINOやYUKALIらゲスト陣とは和気藹々と生の空間を満喫していました。特に親友であるYUKALIとは、プライベートさながらのノリでガールズ・トークを敢行。ああいった着飾らない一面も、今やmeajyuを語る上では欠かせないキャラクターの一つ。純粋に微笑ましかったです。

 ちびっ子ダンサーズも登場したファッション・ショーを経て突入した第3ステージ”Autumn”。
meajyu流ソウル・ミュージックの決定版ともいえる『My Mind』のほか、Junearを迎えた名曲『episode』の披露、ギタリストとともに『泣いても良いから』をアコースティックに聞かせるなど、聴き所満載のセクションでした。ハイライトは『幸せって、笑顔から生まれるものだそうです。だから私は、辛いときこそ笑っていられるポジティブな人間でいたい。皆さんも笑顔を忘れないで』と観客に訴えてからマイクを取った『This Song For You』。このMCのおかげで、meajyuの歌心がより色鮮やかに飽和し、本公演の中でも1、2を争う名場面となりました。

 田中隼人のハウス・プロジェクト:Floor on the Intelligence主導のダンシング・タイムで一気にヒート・アップした会場を待ち受けていたのは、張り詰めた空気が切ない”Winter”。最後のゲスト・アーティストとして登場したHI-Dとの『帰り道の途中』のほか、プロデューサーであるT-SKが手がけた『過ぎ去ったはずの想い』『24』など、身に沁みる名曲が相次いで繰り出されました。本編ラストの『Secret Lover』では、meajyu自身が『私の代表曲です』と豪語。本人の強い思い入れに引き寄せられた結果、最後のひと時まで余すことなく堪能出来ました。

 アンコールでは『ライブの初っ端から泣くかなと思っていたけど、実際は全然余裕がなくて(笑)』とはにかみながら正直な心中を吐露したmeajyuでしたが、最後の曲となる『Thank You』に差し掛かると、今にも目から溢れ出そうな感情を堪える彼女の姿が。ファンへの感謝と、共に歩んでいこうという思いの丈を詰め込んだこの楽曲で迎えたエンディングに、さぞありのままの感慨を見出したのでしょう。いつ如何なるときも、歌を通して真っ直ぐに想いを伝えてくれるmeajyuらしいそんな一幕に彩られながら、彼女自身も念願だったワンマンライブは終了。今回の節目を越え、さらに輪をかけてしなやかな魅力を培っていくに違いないと、meajyuの実力にあらためて期待せざるを得なくなった素敵な時間でした。

◆Official⇒http://meajyu.com/
◆Blog⇒
http://ameblo.jp/meajyu/
◆アルバム『M』のインタビューは
こちら


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. Takke | URL | -

    どもども

    お疲れ様でした。
    Meajyuのワンマン楽しかったですね☆

    ゲストも豪華でワクワクしたし、特にjunearとのepisodeは個人的に大好きなので嬉しかった(^-^)

  2. ケンイチ | URL | -

    >>Takkeさん
    お疲れ様でしたー!
    おかげで充実した時間を送ることが出来ました♪
    「episode」は俺も大好きだったので、感動も一入でした。
    やっぱりあの曲は名曲だ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事