スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DJ HASEBE 『Manhattan Records “The Exclusives” Japanese R&B Hits』

2011年08月17日 19:30



ManhattanRecords “The Exclusives” Japanese R&B Hits / DJ HASEBE (11.8.3)

1. Intro / Old Nick
2. Love Shines feat. Sugar Soul & Zeebra / DJ HASEBE
3. 24/7 -Twenty Four/Seven- / DREAMS COME TRUE
4. Believe Yourself / 露崎春女
5. Baby Baby, Service - Tasetes Like Champagne Mix / 嶋野百恵
6. ずっと二人で -DJ HASEBE REMIX- / BENI
7. Friday / Old Nick
8. Bitter and Sweet / CHIHIRO
9. Smile in Your Face feat. MURO / BOO
10. SIS.LINC / Eye Candy
11. Saturday / Old Nick
12. Saturday Night / World Famous Old Nick Team feat. MiChi
13. Life / MIHO
14. L.O.T. (Love Or Truth) / m-flo
15. BED (DOUBLES) feat. Mummy-D from RHYMESTER & Kohei from MELLOW YELLOW / DOUBLE
16. 今すぐ欲しい / 倖田來未
17. Sunday / Old Nick
18. Hikari -DJ HASEBE Remix- / Can'no
19. 情熱 / UA
20. このままで feat. Ryoji / SOUL LOVERS
21. Last Piece / Kirari
22. Monday / Old Nick
23. 一人じゃないのよ / SONOMI
24. Junior Sweet / Chara
25. Garden feat. Kenji / Sugar Soul
26. 耳もとにいるよ…~ Ring the bells~ / 傳田真央
27. SOULS / bird
28. Tuesday / Old Nick
29. I’ll Be There / Tina
30. Keep In Touch / Cheyenne
31. いえないことば / EMI MARIA
32. 素直になれる ~Maestro-T's Innocent Remix feat. KREVA / MINAMI
33. Wedesday / Old Nick
34. Cherish our Love / Love Tambourines
35. つつみ込むように・・・(DJ WATARAI Remix feat. MURO) / MISIA
36. CRY FOR YOU / JAY’ED
37. Say That You Love Me / AK
38. Thursday / Old Nick



優れた洞察力と革新的な活動で、常にシーンへムーヴメントを提唱し続けて来た男:DJ HASEBEが、自らも深く根を張ってやまないジャパニーズR&Bにフォーカスを当てたミックスCDを、このたびManhattan Recordsより発表した。収録曲は、俗に”クラシック”と呼ばれる90年代後半から00年代前半にかけての名曲を主流としつつ、中にはアナログ盤にのみ収録され、現在はきわめて入手困難となっている音源や、現在第一線で活躍するアーティストが歌う比較的新しいナンバーも織り交ぜられ、J-R&Bの歴史を懐かしくも幅広く掘り下げられる内容となっている。日々定義が曖昧になりつつあるR&Bだが、独自のセンスを注入したフロアライクな流れと、その筋のリスナーなら必ず聴いたことがあるであろう往年のナンバーをあえて積極的に取り込んだ本作は、その在り方と楽しみ方の両面をすこぶる合点の行く形で伝えてくれる、言わばJ-R&Bの指南書そのものなのである。

そして、忘れてはならないのが、かつて「今すぐ欲しい」「Siva1999」などの楽曲をHASEBEとともに送り出し、国内のクラブシーンに多大なる影響をもたらしたSugar SoulとZEEBRAが、本作収録の「Love Shines」と名付けられた新曲で、じつに11年越しの顔合わせを実現させている点だ。今回は、サポート役としてJeff Miyaharaも登板。フレッシュさも感じさせる取り合わせによって、これまでの妖しさ引き立つ楽曲とは異なる、肯定的かつ爽快なミディアム・ナンバーに仕上がった。とは言え、ありのままに愛をさらけ出す歴代スタンスや、国内R&Bらしさを窺わせるサウンドの色調などには何ら変化はなし。本作ではまずこの曲で、成熟した彼らの品格と、温故知新と呼ぶに相応しいJ-R&Bのたゆまぬ底力を、心して噛みしめてみて欲しい。



ブログ・ランキングに参加しています。よろしければ応援よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 56 | URL | -

    正に俺のような、偏ったアーティストしか聴かなくてR&B好きです♪とか言ってる半ばミーハーに、歴史と土台を教えてくれるような作品でしたw
    正直、知らなかった曲の方が多くて…(汗)
    日本のR&B語るなら、せめてコレ位は、知っておけよ!!…と天から声が(笑)

    ケンイチ君の、全曲赤の満点大絶賛も必然だわ、コレ。
    ただただ、カッコいいよ☆
    渋谷のマンハッタン行った時、BGMでかかって、君が身体揺らしてるの見て触発されましたw
    HASEBEさん、ド素人リスナーながら学ばせて頂きました!ありがとうございました!!
    と叫びたい。

  2. ケンイチ | URL | -

    >>56さん
    J-R&Bが好きな人でも、昔の作品まで掘る人はなかなかいないものなんですよね。なので尚更、この作品が有意義で実用的なミックスとして機能してくれるような気がします。

    >>渋谷のマンハッタン行った時、BGMでかかって、君が身体揺らしてるの見て触発されましたw

    あら、恥ずかしい。そんな現場見られてたとは・・・w
    鉄板ものばかりではあるけど、どれも時代に流されることのない良質な曲ばかりなので、思わず体揺らしたり口ずさんじゃうんです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。