FC2ブログ



CIMBA 『Memory Lane』:シングルレビュー特別篇

2011年10月18日 19:00

  

Memory Lane / CIMBA

<決意を胸に 未来を繋ぐ勇者の第二章>

昨年リリースしたフルアルバム『Words and Notes』や、同作収録の配信シングル「REPLAY feat. Mr. Low-D, DJ LAW」「奇跡 feat. 宏実」が軒並みロング・ヒットを記録。くわえて今年は、外部とのコラボレーションも数多くこなし、着実にその名を世間へと轟かせている男性シンガー:CIMBA。そんな彼がこのほど発表したのが、”CIMBA第二章”と銘打たれたミディアム・ナンバー「Memory Lane」。自らの踏みしめてきた歴史を顧みつつ、これから突き進むべき未来へも熱く胸を馳せる誇り高きこの曲は、果たしてどのような因子によって紡がれたのか。CIMBAの現在<いま>を投影した珠玉の一作、当サイトオリジナルの解釈を以て掘り下げてみようと思います。




CIMBA's Ego
 
~解き放たれし三つの魂~






◆詞◆

CIMBAと言えば、まず忘れてはならないのが、徹底された世界観で構築された歌詞。
楽曲の大本である奥深いコンセプトのみならず、その独特の言い回しや、主人公の心の機微を鮮明に落とし込むテクニックは、日本のR&Bシーン屈指のクオリティといっても過言ではないでしょう。本作「Memory Lane」のキーワードは、ずばりタイトルにもある「記憶」、そして「感謝」。家族/友人/恋人など、ヒトが人として生きていく上で自ずと築き上げていく誰かとの絆を現代という立ち位置からふと回顧し、その内にこみ上げる必然的な感謝と慈しみを、CIMBAらしい飾らないタッチで凛々しく述懐しています。先の「奇跡」やアルバム『Words and Notes』収録の「何度でも君に恋をする」など、直向きなラブソングの名手として知られるCIMBAですが、自身の存在理由を踏まえ、交わってきたあらゆる関係性を肯定したともとれる本作は、ある意味それら以上に大きなスケールで、普遍的な愛の象徴として高い説得力を発揮。今こうして着々とキャリアを積み上げている彼ならではの逞しい精神が、力強く活かされているように感じます。

◆音◆
歌詞に変革が訪れたように、彼が織り成す音楽性にも少なからずの変化が。
トラック・メイキングは、長年彼と共に”アーティスト:CIMBA”を形成し続けている竹馬の友:T-SKが担当。透明感ある音色や洗練されたプロダクトなど、近年CIMBAが打ち出してきた楽曲の数々をいいとこ取りしたような作りになっており、ファンならずとも彼らの本領を推し量るに相応しい楽曲だと思います。しかしながらメロディにおいては、これまで以上にポップス調へと傾きを見せ、より大衆と対峙しようと取り組む二者の気概を再確認。もともと、俗に言うJ-R&Bを昇華したオリジナリティで好評を博していたCIMBAだけに、自らそれに輪を掛け、”CIMBAイズム”をより不動のもとしたこの曲の格好良さったらありません。

◆声◆
CIMBA最大の持ち味であると同時に、個性の塊として聴き手を惹き付けてやまない歌声。
今回は、いつにも増してメロディにメリハリがある分、慎ましやかなトーンで歌うAメロ、徐々に感情を露わにしていくBメロ、そして空を仰ぐように勇壮に響かせるサビと、セクションごとの表情の使い分けをはっきりと見て取ることが出来ます。この抑揚ぶりは、かの名曲「REPLAY」にも通じるものがありますね。とりわけ終盤のフェイクは、その荒削りな節回しも相まって見事K点越えのクオリティ。紆余曲折を経て現在を生きる男の叫び、ぜひその耳で体感して頂きたいです。


人間が本来持つ泥臭さと不器用さ、そして強さを、ありのままの感性を費やし本作「Memory Lane」で表現し抜いたCIMBA。痛みも喜びも全力で噛みしめるこの曲は、この場所から続いていく彼のセカンド・ストーリーを大きく支え、盛り立てていくに違いありません。10月21日には、その序章にあたる昨年12月以来のワンマン・ライブも決定。新たなるCIMBA覚醒の瞬間に、心して挑むべし!


Memory Lane - Single - CIMBA

◆Official Blog⇒http://ameblo.jp/cimba/

Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. GloomyーK | URL | -

    いつも詳しいレビュー尊敬です!!

    CIMBAさん間違いないです!

  2. ケンイチ | URL | -

    >>Gloomy-Kさん
    いつもご覧頂きましてありがとうございます!
    今回のシングルは、彼にとって大きな節目の役割を果たしているように強く感じました。第二章、今後の動きが楽しみですね!

  3. 56 | URL | -

    今回は、本当に素晴らしい記事ですな!
    そうそうそう、それが言いたかった!って事が全て綴ってある。
    楽曲と併せて記事にも説得力を感じました。

    あ、最後にひとつ…
    歌詞の『オレ』の歌い回しが最も似合う歌手だと思うww

  4. Takke | URL | I9hX1OkI

    力入った記事ですね(^-^)
    読みながら「わかるー!」と思いながら読みました!

    なんだろう、ショート版のYouTube見てる頃はポップな曲って印象だったんだけど、聞いていくたびにBメロからや流れにどはまり。

    そして、CIMBAも素晴らしいけど、T-SKのトラックには脱帽っす。

  5. ケンイチ | URL | -

    >>56さん
    いつもありがとうございます!
    嬉しいです。

    確かに「オレ」は、今やCIMBAならではの一人称になってますよね。
    嫌味な感じもせず、むしろ等身大な感がよく出ていて歌詞にも感情移入しやすいです。

  6. ケンイチ | URL | -

    >>Takkeさん
    共感して頂いて嬉しいです!!

    ポップはポップでも彼のカラーに染められたポップさなので、全体を見渡すと特にその良さが引き立ちますよね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事