スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVEレポ:三浦大知 『「D.M.」SPECIAL IVENT』

2011年12月28日 19:02


昨日、三浦大知のイベント『DAICHI MIURA / 「D.M.」SPECIAL IVENT』に行って参りました。このイベントは、Amazonでイベント参加券付きのアルバム「D.M.」を購入した方が対象で、予想を上回る応募人数の多さに、ライブは計三部にも渡って行なわれたのだとか。ちなみに僕は、一番遅い時間の第三部に参加。Amazonがアーティストと手を組んでライブを開催するのは今回が初めてだそうです。会場の横浜ブリッツは大入りだったし、今後もこうした機会が増えるかもしれませんね。では早速、追記にてセットリストと詳細レポをどうぞ!


<SET LIST>
1. Turn Off The Light
2. Touch Me
3. RUN WAY
<MC1>
4. The Answer
5. Only You
<MC2>
6. Black Hole
7. SHOUT IT

ライブは、「2011年ラストのライブへようこそ!」という大知の威勢の良い掛け声とともに、現時点での最新シングル「Turn Off The Light」で幕開け。初っ端からキレのあるダンスで颯爽と魅了してくれました。「Touch Me」では、小刻みな動きが印象的な振り付けを軽やかな身のこなしで披露。やっぱりこの曲のコレオグラフの格好良さは間違いない!続くアルバム曲「RUN WAY」では、バックダンサーが一旦引き上げた代わりに、大知がステージを縦横無尽に駆け回ってオーディエンスを精一杯盛り上げていました。

一回目のMCでは、開口一番に「楽しい!!」と自らライブをエンジョイしていることをアピールし、「この一年色んなことがありましたが、その中で自分なりに成長も出来た。今日は、皆さんへの感謝の気持ちをしっかり伝えたいと思います」と大知らしい真摯なメッセージをファンへ伝えていました。そして「メロウな、まさにこの季節にぴったりな感じ」と前置きし、名曲「The Answer」と、先日の「D.M.」収録曲のアンケート結果でもトップに君臨した「Only You」を立て続けにパフォーマンス。特に「Only You」については、後のMCで「良い曲だなぁ」と大知自身も得意顔で話していた通り、冬には打って付けの哀愁漂うミディアム・ナンバーに仕上がっています。いざライブで観て、あらためてその繊細な魅力に取り憑かれてしまいました。

それらを歌い終えると、「今回のアルバムは、ライブを意識して作りました。色んなジャンルが入っているので、長ーく聴いてもらえたら」と新作「D.M.」についての簡単なPRを皮切りに、この日二回目のMCがスタート。「皆さん、来年の抱負はありますか?」とファンへと質問を投げかけ、「もし皆さんが目標を立てて進んでいる途中で壁にぶち当たったとき、大知の音楽を側に置いてもらえるような2012年にしたいです」「2012年は”理屈じゃないもの”をテーマに活動していきたい」などと、いつものように謙遜した物腰で自身の抱負を力強く語る大知を目の当たりにし、彼に限りない希望を託したのは僕だけではないはずです。そうして迎えたクライマックス。あらかじめ大知本人の口から「良い悪いを超越して”凄い”」と強調された「Black Hole」を、ここへ来て待望のパフォーム。赤や青の照明を随時転換させ、Nao'ymtが作り出した孤高の音世界を前衛的なステップとコレオグラフで完璧に表現していました。特に以前から話題を呼んでいた間奏のブレイク部分。あそこのパートがとにかく得も言われぬクオリティで、ただただ圧巻でした。大知の真髄がしっかりと息づいていた気がします。そして迎えたラスト・チューンは、まさに大知の思惑どおりライブの定番曲になること請合いの「SHOUT IT」。観客と大知が一体となって拳を振り上げる光景が非常にエネルギッシュで、最後の最後で凄まじい熱量を浴びせられました。ファンとの厚い信頼が生んだスペクタクル、とでも言いましょうか。格好良かったな~みんな。

そして「2012年もよろしくお願いします!」と観客へ向けて挨拶し、約1時間のライブは終了。帰り際に、出口で待機していた大知君と順にハイタッチして帰ってきました。僕なりに、色んな気持ちを込めて臨ませてもらったつもりなのですが・・・ちゃんと届いてくれていればいいな。


なお現在、Urban NEXTシリーズで知られる西崎信太郎氏が、自身のブログで「D.M.」の感想を募集中。集まった感想は、大知君本人にも届けられるそうなので、筋金入りの「D.M.」リスナーはご応募してみてはいかがでしょうか。


*アメブロ版JBS 、始動⇒http://ameblo.jp/jbsken1/
Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. mikadai | URL | -

    横浜ブリッツ行ってきたのね~羨ましい♪

    先日梅田タワレコのリリイベ行ったんだけど、
    最前列で凄く近くて幸せだったよ~(^^)

    「Black Hole」のパフォーマンスは本当に圧巻!
    あの難曲を踊りながら歌いこなせるのは
    大知君以外いないと思う!

    大好きな「Only You」も聴けて嬉しかった(^^)
    アカペラも交えてくれたし♪

    「Illusion Show」「Love is like a bass line」の
    パフォーマンスもぜひ見たいわ~o(^∇^)o

  2. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>mikadaiさん
    もうほんと大知君大人気ですよね!
    あちこちで行なわれているイベントも大盛況みたいだし、自分の事のように嬉しいです!
    「Black Hole」はPVで観た以上に衝撃的でした。
    照明も効果的に使われていて、一気に引き込まれました。

    「Illusion」と「Love is like a bass line」、僕もアルバムの中で特に好きな楽曲なので、パフォーマンスを期待していたんですが・・・まあ、次また大知くんを観られる機会に期待します!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。