FC2ブログ



YURI 『LoveRespectHarmony』

2012年01月12日 19:00

   

YURI 『LoveRespectHarmony』 (2012/1/11)

1. クリア! with トータス松本
2. The Perfect Vision

3. My Friend withAI
4. GODDESS ~新しい女神~ with 久保田利伸
5. 奇跡を望むなら… with JUJU
6. the Sound of Carnival

7. LOVE LOVE LOVE
8. YOU GOT THE LOVE
9. Voice

10. IF ~english version~

新人アーティスト、しかし実力はすでに折り紙付。
2011年にメディア各所でデビューの件が報道され一躍注目を浴びたYURIは、これまで数多くの著名アーティストのサポートを担当してきたほか、学生時代にはゴスペルチームの一員としてかのブルーノートのステージにも降り立った経験のあるやり手の女性シンガー。そんな彼女の正式デビュー盤にあたる本作には、久保田利伸、AI、JUJU、トータス松本といった彼女の歌声に支えられながらキャリアを積み重ねてきた錚々たる布陣が、今度は彼女の門出をバックアップしようとこの一枚に集結。それぞれの持ち歌を、あくまでもYURIの個性を引き立てることを前提とし、時に豪快に、時にしなやかに歌い繰り広げています。新曲は僅か一曲のみというほぼ純正なカバーアルバムですが、先述の著名アーティストの甲斐甲斐しい健闘ぶりはもちろん、趣向が凝らされたアレンジの数々、そして何と言っても、YURI自身の表情豊かな歌唱が強い求心力を発揮し、聴き手をどこまでも飽きさせません。ボーカル一つで、原曲側への敬意をこんなにも繊細に表現できるなんて、やはりそれ相応に地盤を固めてきた彼女ならではというか、取って付けたようなものではない本物の貫禄が備わっているのだなとつくづく感じさせられます。末恐ろしいとは、まさに彼女のこと。メジャーデビューという大きな船出を迎え、彼女の快進撃が満を持して始まろうとしています。


【PICK UP REVIEW】

1. クリア! with トータス松本
トータス松本が昨年リリースしたシングル曲を、オリジナルに引けを取らないエネルギッシュさで痛快にカバーした本作のリードチューン。流暢な英語でかっ飛ばすYURIのボーカルは、歌い出しから一気に虜になること請合いの一級品クオリティ。トータス松本とのユニゾンも違和感一つなくて(オリジナルのアーティストなので当然っちゃ当然の話なのですが)、むしろ二者のあまりの息の合いように圧倒されます。

2. The Perfect Vision
ご存じMINMIのカバー。アレンジではスパニッシュ・フレーヴァーがより強調されていて、それがまたYURIの艶やかな節回しに良い塩梅で絡んでいます。個人的に抱いたイメージは、「舞踏会を訪れた絶世の美女」という幾分ミステリアスなもの。

5. 奇跡を望むなら… with JUJU
リズムを極力排除し原曲以上の流麗さを誇るのは、JUJUの出世曲のカバー。
二者の情感溢れるハーモニーワークがとにかく素晴らしい出来。小細工無しで対峙している様がよく表れています。

6. the Sound of Carnival
久保田御大の原曲を忠実に消化しつつ、堂々たるオリジナリティも確かに吹き込んだ本作きっての名カバー。ラテン情緒を纏ったメランコリックなアレンジも一役買っています。THE COMPANYの名仕事、此処に在り。

9. Voice
MIHIRO~マイロ~のカバーということで思わず意表を突かれたのですが、蓋を開けてみると何とも精巧過ぎる全編アカペラの構成。これには参りました。歌詞も英語に書き替えられているため、YURIが完全にこの楽曲の世界を制覇している印象。圧巻の重厚さです。

10. IF ~english version~
YURI唯一のオリジナル楽曲として収められた本作のラストナンバー。
耳馴染みの良い爽やかなメロディを背に、YURIの本領を目一杯体感出来ることでしょう。
やはりと言うべきか、カバーという枠組みを取り払っても十分に光りますね、彼女。



*アメブロ版JBS 、始動⇒http://ameblo.jp/jbsken1/
Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community

ブログパーツ
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事