FC2ブログ



JBS PLAYLIST #7 『あなたが選ぶ2011年ベストソング7』発表会

2012年01月18日 19:30



皆様参加型企画『JBS PLAYLIST』
7回目の今回のテーマは『あなたが選ぶ2011年ベストソング7』ということで、昨年リリースされた楽曲の中から皆さん独自の方法で、7曲を選んで頂きました!お陰様で、19名もの方からプレイリストをご応募頂いたので、早速ご紹介していきたいと思います。JBS読者が選ぶ、「2011年の音楽ライフを揺るがした7曲」や如何に!?

参加者一覧(五十音順/敬称略)
ASAINA
イチ
Ichhy
KAZ
カズマ
Gloomy-K
皇之助
こばやん
56(fivLo)
C
SHIROW
スズキ
そうる2000
Takke
ちょき
dnal
hirontier
ぶる~
YUTTY



◆ASAINA's PLAYLIST◆(2)
2011年、震災があり、色んなアーティストのチャリティソング、励まし、応援歌がありました。歌の力を思い知らせてくれました。ベストソング⑦曲紹介します!!
1. 証。 / ハジ→
2011年1位は、これしかない!!今年は、震災があり励ましの応援歌が沢山出た中で、この曲が最高に響きました!!自分の仕事で息詰まった時も。かなり聞きました。
2. どうして二人は・・・。/ LEO
2011年、最高のR&Bアーティストに出会いました!LEO最高、切なさと男の色気が、2012年もSUGAR SHACK FAMILY楽しみですね!!
3. 遠くても 遠くても/ Skoop On Somebody
槇原敬之の大名曲「遠く 遠く」をサンプリング。SOSのサンプリング第二弾!名曲をいい感じにリメイク!!素晴らしい♪
4. I Believe / SHIN HYE SUNG x 清木場俊介
2011年最高のデュエット曲、清木場さんのEXILEにいたころが懐かしい、シン・ヘソンの甘い声もいいね!!
5. I Still... / SHIKATA
NATURAL8のリーダーSHIKATAのメジャーデビュー曲!!待ちに待ってた曲、ハイトーンヴォイス最高!!2011年裏方の仕事が多かっただけに、2012年いい曲を期待してます。
6. Can't Stop Luvin' U/ LUVandSOUL
LUVandSOULの復活、待ってました!昔の曲をすべてリメイクしてalbum出して欲しいですね!男性コーラスグループとして楽しみですね!!
7. Pray 4 U Pray 4 Me / RnB Connection
チャリティーソングですが、2011年youtubeで、もっとも感動したR&B Connection Crewの初シングル!!歌唱力が、ハンパね!!2012年は、RnB Connectionのメンバーそれぞれの活躍が楽しみです!とくに「JUTA」
◆イチ's PLAYLIST◆(3)
とくにジャンルなどの縛りを設けずに、自分の思うがままに選んでみました。実は選んだ自分でも意外な選曲もあったりですが納得のいくベスト7になりました。
1. Why(Keep Your Head Down) / 東方神起
まさか再始動一発目でこういう強い曲が来るとは思いませんでした。
二人でこれから突き進んでいく強い意思を感じた一曲。
僕的にはこれが文句なしのダントツ一位です。

2. LUCIFER / SHINee
ある意味、これを入れるのはずるいかなーとも思いつつw
日本語化されると聞いたときは不安しかなかったのですが、いざ蓋をあけると大きな違和感もなく、今ではこっちばっかり聴いてますw

3. Japanese Soul Brothers / 三代目 J Soul Brothers & 二代目 J Soul Brothers
初めて聴いた時から心掴まれました。
こういう男臭くて暑い曲をやってこそJSBやと思います。
4. Let's get it on / w-inds.
初めて聴いた時から心掴まれました、その2。聴くたびにテンションが大気圏突破する勢いで上がります(大袈裟)
5. Black Hole / 三浦大知

初めて聴いたときは凄すぎてどういう風に形容していいものかわかりませんでした。何度聞いても圧倒されてしまいます。
6. O2 feat. AI / 福原美穂
実力派2人による迫力ある熱い曲。大ハマりはせずに、地味に長くハマってました。ぜひ一度生で聞いてみたいなーと思う曲です。
7. ULTIMATE WHEELS / KAT-TUN
最後の最後にwでもこれは絶対入れようと思ってました。
ロックっぽさを取り入れた音に加えて爽やかな突き抜け感が好きなのです。
◆Ichhy's PLAYLIST◆(6)
2011年。例年になくいい曲に出会えた気がします。どちらかというとアルバムの曲が中心になってしまったかも。それくらいアルバムに力を注いだアーティストが多かった気がしたのかもしれません。選曲の基準としては個性のある曲。いい意味で変態でマニアックなものそんなものを選びました。
1. Love Shines / DJ HASEBE feat. Sugar Soul & Zeebra
個人的に2011のビッグな出来事です。feat.でもSugar Soulの名前でR&Bをやってくれるなんて思わなかったんで尚更。サウンドも当時を髣髴させる感じで。ドストライクでした。欲を言えばSugar Soul名義でアルバムも出してほしいかも。大した変りはないけどZEBBRAのアルバムに収録されたButter Smoother Ver.の方が好きかも。
2. FANTASIA feat. 仙人掌 / CHIYORI
こんな人がいたなんてとかなりの衝撃でした。暖かみのあるHIP HOPソウル感がたまんないです。全体的にデビューしたてのbirdやUAに通じる部分もあるかも。こういうサウンドでやってる人がいるとホッとします。
3. Why? / 竹本健一
こんだけ生音と声質の合う男性シンガーも珍しいかも。竹本健一を十分堪能できたアルバム『ACTIVATION』でも一際輝いていた感じがありました。
4. Black Hole / 三浦大知
Naoさんの変態テイスト満載サウンド。改めてNaoさんのすごさ感じました。そしてこの曲を表現できるのは間違いなく三浦大知だけだなと。これからも期待しまくります。
5. TAG / mochA
『鬼ごっこ~』という部分からしてやられました。聞いていて歌詞の世界観が伝わってくるアーティストってなかなかいないと思います。mochAワールド全開な曲だと思います。2012年も期待します。
6. Too Late / AYUSE KOZUE
泣き歌路線へ走るかと思わせつつ、今までにないR&Bを展開した『U&I』に収録された曲。最初のTick Tackという囁きから一気にAYUSEさんのマニアックな世界観が展開されていて一番面白くて好きな曲です。歌詞も『上からAYUSE』な感じでwこの人は裏切らないなと改めて思いました。
7. Say Good Night☆ / 黒木メイサ
メイサ×U-key zone×mochAの作品の中でも1位、2位を争うかというくらい好きです。今まで攻撃的だった分こういうテイストの曲もいいなと思いました。歌詞もスッと入ってくるし。個人的な思いですが、セルアウトな作品が並ぶメジャーの市場であえてこういうサウンドをやってのける人って本当に大事だと思います。どうかそういう環境がもっとあってほしいです。
◆KAZ's PLAYLIST◆(初)
初参加となります! 「イイ曲」だけで選ぼうとするとなかなか絞りきれないので、とにかくインパクトに残り、かつ全体的なバランスも考え選出しました。その日の気分次第じゃSUGAR SHACK FAMILYで埋め尽くされかねないのでね(笑) 7曲目の曲には順位を付けたくないので、実質ベスト6+1となっています。
1. FAITH / 為岡そのみ
PVで初視聴した4分間、素晴らしすぎてニヤニヤが止まらず。為そのの美しく力強い歌声と「みんな大好きU-key Zoneさん」のトラックは頭の中に響き渡ります、最高。ヘッドホン推奨です。
2. Black Hole / 三浦大知
さらにパワーアップした歌声、そしてダブ・ステップとの相性バッチシの間奏部分のダンスは圧巻。ちょっと前までならLullabyやOnly Youを選んでいたでしょうが、先日のLIVEでこの曲に完全にやられてしまいました。
3. Memory Lane / CIMBA
シュガシャから2人目はCIMBA。彼らしい力強い曲で「泣きながら-」からのリリックには心を打たれます。アルバムが待ち遠しいです!
4. Fighters Anthem feat. ANARCHY / Zeebra
Zeebra・ANARCHY・BACHLOGICという豪華すぎる組み合わせ。ここ最近のジブさんのスタイルに不安を抱いてましたが、心配無用でしたね。ジブさん、そしてKREVAもそうですが、ちゃんと日本語ラップのことを考えてるんだなぁ・・・と再確認しました。どっかの誰かさんと違って・・・
5. WHIPLASH feat. RAU DEF, 環ROY (Pro. by SUNNY BOY) / SKY-HI a.k.a. 日高光啓(from AAA)
SKY-HIとAmebreakによるプロジェクト『FLOATIN' LAB』から。曲のかっこよさはもちろん、AAAファンやJ-BlackMusicを聞かない人たちがこれを通じて興味をもってくれたら素晴らしいことだと思います。
6. Last Kiss Beatz by DJ DECKSTREAM / CHIHIRO
宏実ちゃんとどっちにしようかと悩みましたが、切なソングから洒落乙ソングに変貌したこの曲をチョイス。個人的にCHIHIROの曲の中では一番のお気に入りです。
7. H♡PE / MAJOR MUSIC feat. KREVA, 後藤正文, Mummy-D, SEEDA, 三浦大知, KOJOE, 宇多丸, lecca, TENZAN, Che'Nelle, EMI MARIA, karibel)
どうしても入れたかった一曲。東日本大震災は去年を象徴する出来事でしたし、アーティスト一人一人の思いが詰まっているこの曲は外せません。一人でも多くの人に聞いてほしいですね。
◆カズマ's PLAYLIST◆(5)
今年の個人的な趣向の流れも追いつつ、シーンで鍵となった曲とのバランスも考えて並べてみました。
1. I Wanna Rock You / AISHA
2011年のニューカマーの中で一番光ってたのがAISHAだと思います。この黒さパないです。げっだん♪
2. Touch Me / 三浦大知
ライブ映像が先に公開されて、食い入るように見てたのがつい最近に感じます。やっぱりNaoさんと大知は最強コンビです。
3. Love Shines feat. Sugar Soul & Zeebra / DJ HASEBE
今年の個人的なトピックとして挙げられるのが、J-R&Bクラシックを掘りまくったことです。そしてそのタイミングでリリースされたHASEBEパイセンのクラシックMIX。超聞きました。
4. Dyna Mic / RAU DEF
そしてもう一つ挙げるとしたら、日本語ラップも掘りまくったことですね。JASHWONのトラックに彼のキレッキレのラップが乗っかってたまらなくカッコいいです。
5. Zoo Rock / SIMON
去年の頭にリリースされて、本当衝撃を受けました。日本語でこんなクラブバンガーが作れるのかと。これを機にシーンの流れがまた変わった気がします。
6. Superman / Crystal Kay
そのZoo RockをプロデュースしたBACHLOGICのR&B方面での仕事も大好きです。クリちゃんの実力も相まって完全に世界基準ですね。
7. Over Again / Full Of Harmony
そして忘れちゃいけないのがFOH復活ですよね!久々に暑苦しいFOHが聞けるということで、トレイラー段階から聞きまくってました。今年こそアルバムを…

番外編 1年2ヶ月20日 / BRIGHT
NANAKAがどんどんかわいくなってておじさん生きるのが辛いです。もちろん曲も素晴らしい!
◆Gloomy-K's PLAYLIST◆(4)





皆さん明けましておめでとうございます。昨年は夏に突然、こちらのJBSプレイリストに参加させて頂きましたが、日本の音楽に対する熱い方がたくさんいらっしゃって自分自身かなり勉強になったと思っています。またこのように参加させて頂いてますがまだまだなので、今後もいろいろ教えて頂ければと思います。Sweet Delight Musicというサイトを始動する予定ですので、よろしくお願い致します。昨年はやはりK-POPの勢いがすごくて僕も良く聴きました。その中でも国内でも素晴らしい曲がリリースされて様々な曲を聴くことができたと思います。この7曲以外にもかなり迷ったのですが”歌詞に入り込める”というコンセプトで選曲さして頂きました。
1. Naturally / 松下優也
一位はニューアルバムの発売が決定している関西出身のシンガー松下優也さんのNatural Beauty BasicのCMソングにも起用されたこの曲。今までは、かなりPOP調のバラードが多かった気がしますが、この曲は男女の駆け引きを描いたソウルフルかつとても爽やかな曲になっています。昨年夏に発売されたシングル「SUPER DRIVE」では自身がブラックミュージックに影響を受けたということもあり、新たな可能性を引き出したダンスチューンになっていますし、アルバムに期待です。
2. Magic Word / 三浦大知
昨年11月に発売されたニューアルバムD.M.の最後に収録されてますこの曲ですが、アルバムの中では一番好きな曲で未だにヘビロテな曲です。作詞は三浦大知さんがされているのですが、悩んでいる時になどに楽になる魔法の言葉がテーマということです。このアルバムでこのMagic Wordだけ唯一、英語の歌詞がないという意味でも歌詞が率直で、かなり曲に入り込めます。シンプルなのですが、全てがマッチングしていて思わずリピートする一曲です。このアルバムでは自身もかなり楽曲製作、作詞に携わっているということで彼が表現したい音楽がかなり詰まっているのではないでしょうか。
3. Let It Rain / 少女時代
昨年、日本1stアルバムを発売し初の日本ツアーも見事に成功させたガールズグループ少女時代のその1stアルバムに収録されてます、リプトンのCMソングにも使用されたこの曲です。作詞はSHINeeの「Replay-君は僕のEverything-」も作詞されたHIROさんが担当されてます。STYさんプロデュ―スの「Mr.Taxi」ももちろん好きなので迷ったのですが、少女時代の大阪でのツアーに参加した際ににライブで聴いた時の感動が凄かったのでこちらを選ばさして頂きました。他の曲も良曲ばかりであまり目立っていないかもしれませんが、梅雨の時季には間違いない曲です。日本ツアーのブルーレイ/DVD、第3集のThe Boysリパッケージ版も国内で発売されましたし、次回の日本ツアーも噂もあるみたいですが・・・次回も是非参加したいですね。
4. More & More / 宏実 feat.日之内エミ
昨年一月に発売された宏実さんのアルバム「Magic」から夏にミニアルバムを発売した日之内エミさんを迎えた、女性の本音を語ったセクシーな曲になっているこの曲です。かと言ってしっとりしきった曲ではなく、メロディアスなミドルテンポな曲になっています。お二人の甘い声に男性陣、女性陣からも人気の曲でPVではプライベートでも仲が良いということでPVでは普段の様子を伺えるような楽しめる作品になっています。
5. 希望の未来 / LEO
今月18日にはニューシングルをレンタル限定とタワーレコード限定で2作品同時リリースSUGAR SHACKメンバーのLEOさんのこの曲。こちらは夏に発売されたSUGAR SHACK FAMILYによる1st アルバム「SUGAR SHACK FACTORY」に収録されているのですが、歌詞がとてもストイックでタイトル通り未来に向かって歩き続けなければいけないという感じで、落ち込んだ時等に聴くとかなり元気がもらえる一曲です。LEOさんの曲は本当に歌詞に入り込みやすく、声も大好きなので次のシングル、2月に発売予定のニューアルバムもかなり楽しみです。
6. Still In Love / AYUSE KOZUE
2006年のデビュー以降アルバムやEPで勢力的に活動を続けているAYUSE KOZUEさんが昨年以前在籍していたTOY'S FACTORYからレベールを移籍してリリースしたシングル「Cry for you」が人気を呼び、再び新たなスタートとしてアルバムをリリースしたわけですが、良い意味で今までと違ってとてもR&Bテイストな一枚になっているアルバムかと思います。この曲はその中でも女性目線のかなりしっとりとした曲になっています。彼女の透き通った歌声に英語のサビの部分がかなり印象的なのですがこの季節にとても合う曲です。

7. Bad Girl!! feat.SKY-HI (AAA) / BRIGHT
関西出身の4人組ガールズグループBRIGHTの昨年発売されたニューシングルでAAAの日高さんを迎えたアッパーチューンなこの曲ですが、リードボーカルNANAKAさんの歌唱力は勿論のこと、全員のコーラスワークも素晴らしい一曲です。大人の女性らしい一面、または若い女性の恋愛の駆け引き、強さを全面に出しているといった点ではかなり幅広く支持されるのではないかと思います。様々なチャンネルを持つ彼女達の独特の世界観が楽しめると思います。また来月にはニューシングル、再来月にはニューアルバムリリース予定ですが、かなり期待です。
◆皇之助's PLAYLIST◆(5)

皆様、新年おめでとうございます!
平成23年はSUGAR SHACKが日本のR&Bに新しい歴史を作った年でした!個人的には地方アーティストの音源をフリーダウンロードという形で皆様に聴いていただける機会を作れた!という充実感もありました★(因みにCD-Rがあと3枚残ってますのでJBS見た!とメッセージくれた方先着で差し上げます笑 送料200円は負担して頂きますが…)選曲は昨年リリース曲のiPod再生回数順です!本年も「mixiコミュニティ:日本の男性R&B」をよろしくお願いします★
1. 声にできない / 久保田利伸
再生回数143回!リリックの意味が深過ぎて聴き入ってしまいました。映画「夜明けの街で」の主題歌でもあり、東野圭吾ファンの私としては、久保田利信×東野圭吾の相乗効果で非常にテンションの上がる曲だったのです!
2. どうして二人は… / LEO
LEOさんのファルセットが聴きたくてめっちゃリピートしてました!1/18の新曲も楽しみです!
3. 雨音 / TSUYOSHI
TSUYOSHIさんのアルバムはハズレがないですね~!再生回数はみんな一緒でしたが、1番聴きやすい雨音を選びました!TSUYOSIさん未開拓の方は是非ここから!
4. 4am / 三浦大知
話題を呼んだ三浦大知「D.M」より。変わったテイストの曲も好きですが、プレイリストの流れ的にコレですね!
5. Over again / Full Of Harmony
感動の新曲でした!スケールがでかい!!LIVEでもただただ感動!アルバムSUGAR SHACK FACTRYでも一曲目を堂々飾るに相応しい曲でしたね!
6. 今宵桜 / MiNE
淡い別れを歌った春の曲ですね~★とにかく甘~いんです!iTunesでの配信を熱望しております!
7. Story / フルサワヒロヤ
imalinさんのアルバムより。独特な世界観を放つ素敵なアルバムです!全曲素晴らしいんですが、なぜかこの曲のみ再生回数1回多かったので選ばせて頂きました!
◆こばやん's PLAYLIST◆(3)
こんにちは。J-R&Bを聴き始めてから1年半・・・短いです^^;そんな僕なりに今年気にいってよく聴いた曲を選んでみました。個人的に昨昨年末ら辺から始まった女性アーティストの勢いが今年も維持されてた感じがして、女性アーティスト率高めです。今年も沢山の曲と巡り合いたいです♪
1. Love is like a bass line / 三浦大知
今年は待ちに待ったアルバムが出た大知くんなわけですが、この曲が一番お気に入りです。タイトルなだけにベースの音がホントに格好良い!!
2. Wired Life / 黒木メイサ
無機質で緊張感溢れるな曲の雰囲気がクールなメイサさんのイメージに非常に合ってて、あまりの格好良さに参りました(笑)倖田さんの「POP DIVA」、BENIの「Crazy Girl」など昨年は女性アーティストが攻めていた印象があります。
3. ジルコニア / MochA
ジルコニアを気にいってしまったことを「いやだぁ~」と言いながら楽しんでいる曲の内容が歌詞だけではなく、格好良く攻めに攻めたたトラックからもヒシヒシと伝わってきます。「TAG」も大好きですがこっちはもっと大好きですw
4. Can't get your love / DA PUMP
お久しぶりなDA PUMPのシングル。後ろでなってる電子音がクラシカルで良い味出してると思います。小学校の頃から好きなアーティスト・・・メンバー出たり入ったりもあったけど、ISSAの声と格好良いダンスがある限りついてく!と思わせてくれた曲。
5. Superman / Crystal Kay
クリちゃんはSony時代の最後ら辺ちょっと苦手な感じでしたが、移籍第一弾のこの曲は個人的にどツボにはまりました。普遍的でキレイな曲ですが間奏で雰囲気を変えてきたり、MVやパフォーマンスではJANET風なクリちゃんダンスしていたり、ちゃんと遊んでて良いなと。。。
6. Sacrifice / 露崎春女
トラック、歌声、歌詞全てが組み合わされ曲が持つ感情を表現していて、だからといってズシンと重くなり過ぎるわけでもなくて、純粋に気に入りました。アルバムを通してよく聴いていましたね。
7. 勇者たち / 加藤ミリヤ
昨年は彼女にとって過渡期だったのではないでしょうか。BEST ALBUMを出したり小説を書いたり、色んなアプローチから自分を表現してきた一年間。女子高生のリアルを追求していた彼女とも、ひたすら恋に苦しんでいた彼女とも違う彼女がいました。誰もが持つような微妙な感情を表現仕上げた一曲。
◆56(fivLo)'s PLAYLIST◆(6)
2011年も良曲多すぎて、候補から絞り込むのに苦労しました(汗)単純にお気に入りと言う理由もありますが、思い出エピソードも絡めて選んだ曲も含んでいます。R&Bフリーカーが集うJBSですから、どの曲も召し上がられた事と思いますが、今一度聴いてみて欲しいのが僕が唯一涙したラストの宏実×T-SK作。さぁ、今年も楽しみですね^^
1. Drama / 三浦大知
初日、最終日に参加したワンマンLIVE『Synesthsia』は、この曲で幕を切りました。MJへのオマージュも感じる振りも取り込まれているのもあり、MJを連想させるオープニングパフォーマンスからのしてやったりな流れが憎い程にカッコよかった。正にメイクドラマ!
2. Darlin' / BENI
単純な理由なんですが、メロが頭から離れません!BENIの整った容姿に対し、女の子女の子な可愛い歌詞のギャップバランスが絶妙過ぎてたまらんですたい!美人さんもメロメロになるとニャンニャンな寂しがりウサギになる訳ですなww
3. WHIPLASH feat. RAU DEF, 環ROY / SKY-HI
J-HIP HOPからチョイス!Amebreakを始め、BRIGHTともコラボしたりと個人の活動も活発になってきて、今後の日高に期待しております。PVの構成も面白かったなぁ…女性出演陣がみんなカワイイし(笑)TinyのSUNNY BOYのお仕事もクオリィティー高し☆
4. I Wanna Rock You / AISHA
ただただカッコいい!これこそ理想的なJ-R&Bです。稀に見るブラックを感じる超実力派シンガーなので、貴重な存在ですよね。選曲の際、ATUSHIの待望のムンムンブラック『Ooo Baby』も捨て難かった。
5. Love Story / 安室奈美恵
月9ドラマと並行して愛聴させてもらいました。安室ちゃんの長い歴史の中でも、個人的に指折りの名曲。毎回、ドンピシャのタイミングで流れるので、視聴者の感情移入をグググっと誘う演出歌。人生において恋愛が全てではない…と言うメッセージ、しかと受け取りました。後は、何よりもT-SK氏が関与したのが最もな理由です
6. 希望の未来 / LEO
待望のアルバムもリリースされ、念願のライブも参加出来たりとシュガシャなしに2011年、語れません!貫禄のFOHや新感覚な大知を抑え、"オトコのR&Bってこういうコトだ"が売り文句のLEOを選ぶ!ストレートな歌詞に感情的な歌唱が響きに響きました。CIMBAもですが、とにかくエモいっすよね~!
7. U Need Love / 宏実
『MAGIC』発売当初に、妹の彼氏の命がもう数ヶ月と言う悲劇を知る。それでも健気に寄り添う妹の姿勢見てて、僕も気が気じゃない中、この歌を聴いていて涙が溢れ出てきました。僕は、この曲と宏実様ご本人から頂いたメッセージにヘッドフォン添えて彼にプレゼントしました。彼は今も、薬や手術もあって健在ですが…。とにかく、どこまでも染み渡ります。
◆C's PLAYLIST◆(5)
2010年12月~2011年11月まで、去年は多ジャンルを掘りすぎて全然整理出来てないので印象残ったものあげてみます。本当に入れたいのがなんか漏れてそうでちょっと怖いけどこんな感じ。
1. 『bmr presents MELLOWS/Domestic R&B Playlist』 / Various Artists
例外ですがコンピアルバムです。我らがけんたんよくやりました!って事で。
2. I SEE ME / BoA
何をとっても完璧。としか言いようがありません。
3. If This Is Love/YUKALI
「Last Friends」押しの人が多いけど私はこっちでした。喜びと切なさは紙一重といいますかそんな苦しくも幸せな大人のR&Bですね。個人的にこういうメジャーコードなのに切なく聞かせるバラードが大好きなのです。これまたサウンドと歌詞が合い過ぎです。フレージングがまたまたセンスフル。
4. Profile / OZROSAURUS
待ってました。原点回帰を思わせるサウンドや昔からのファンならにやにやするラインも散りばめたリリック、やっぱり麻朝は僕のスーパーヒーローでした!
5. Gyal is everything(Remix)feat. TRIGA FINGA Y's T.O.P /DJ Ty-koh
去年の夏はビーチでもフロアでも1番映えてましたね。なかなかクラブでかからないラストのT.O.Pのヴァースがパンチラインだらけ!
6. Feel the beat feat WISE /jyA-Me
最先端とキャッチーさが同居した一曲。CLUB DJ、アーティストどちらの目線も持っているDJ GEORGIA氏だからこそのプロデュースが光っている一曲だと思います。後半のWISE氏のRapもいい。こんなにはまるとは思いませんでした。かなりの私情ですが、なんか懐かしいんですよね。

7. Stay by my side/板野友美
Dear J のカップリング。すいませんこの曲大好きです。
◆SHIROW's PLAYLIST◆(6)
R&BシンガーのSHIROWです。「2011年のベスト7」ということですが、ヒット曲もインディーズ曲も関係なく2011年を振り返ってみて単純に好きな曲を選びました。私SHIROWとしましては2011年はオムニバスCD「フォルト・リズム vol.1」に『Affogato』という曲で参加させていただきました。本年もよろしくお願いいたします。
1. Love Story / 安室 奈美恵
2011年の安室ちゃんは「Checkmate!」での新曲や他のシングル曲など相変わらずどの楽曲もクオリティは高かったですが「心に残る名曲」といった意味でもこの曲が印象深かったです。NERVOがソングライトを手がけていることも注目すべき点。イントロの数秒だけでジーンときちゃいますよね。歌詞もメロディも文句なしに好きです。
2. The Boys / 少女時代
Teddy Rileyが手がけているということもあって、この太いビートがたまらない!日本語版、英語版、韓国語版、どれもよく聴きました。
3. Superman / Crystal Kay
ポップなんだけどR&Bマナーもあり、この程よいバランスが絶妙。作詞にTIGERさん、作曲にBACHLOGICさん、振付に仲宗根梨乃さんという面々が絡んでいるのもいいですね。PVもかわいらしくてヘビロテしてました。
4. Please Don't Go / 誠
「imalin Presents...MUSICA」の中から。誠くんはとにかく声が良くて歌い方もカッコイイし、R&Bマナーに忠実な楽曲でありながらも英語詞ばかりにならず日本語を上手く使って詞を書いているところはリスペクトすべき点だと思います。同アルバム収録の他の曲も名曲ばかり。
5. Get Up! feat. AKIKO WADA / 福原美穂
AIちゃんとのハイレベルなデュエットも好きですが、インパクト抜群なこちらをセレクト。対照的ながらも両者がそれぞれの魅力を充分に発揮していて良いコラボだと思います。
6. Go Back to Days feat.U-TA / KaztoFresh
岐阜県のシンガー U-TAくんと長野県のプロデューサー Kazuto FreshさんがTwitterを通じてコラボ。未リリースでありyoutubeで公開している楽曲ですが、二人のセンスの良さが光ってます。
7. Mr.Simple / SUPER JUNIOR
最初聴いた時は「なんだこのダサい日本語詞は!」と正直思ってたのですが(笑)聴いてるうちにハマってしまって何度もリピートしてました。
◆スズキ's PLAYLIST◆(2)
明けましておめでとうございます!J-R&B SINGERを志す23歳の男子、スズキです!「JBS PLAYLIST」への参加は2度目です。あまりコンセプトは設定せず、シンプルに「2011年に聴きまくった7曲」を選びました。改めて並べてみると…ポップ!! 「こんなのR&Bじゃない」って突っ張ってた一昨年までなら全く違う7曲になってたんでしょうが…R&Bの本質が前よりは見えてきた気がします。もちろん、まだまだ勉強中ですw スズキの“R&Bバカ日誌”よろしければご覧くださいw  
1. More & More feat. 日之内エミ / 宏実
もはや説明不要? 2人の歌とリリック、メロディーが絶妙に絡み合い、「肉食系女子」というテーマからは想像できないほどCUTEな世界観を生み出している名曲!
2. 熱帯夜 / 三浦大知
今回の7曲の中では唯一のダンス・チューン。大知くんがこれほど露骨にエロさを押し出したのは、実はこの楽曲が初めて! この曲をプロデュースしたMIHIROさんに感謝ですw
3. Everlasting Love feat. 房川ヒロ / 真崎ゆか
R&Bのロマンチックな部分を見事に表現している美メロ系バラード。普段はプロデューサーとして活躍するHIROさんのSmoothな歌声にも注目!
4. リズム / Alice
有線で出会い、無我夢中で検索した思い出が…w 曲調がポップなだけに、その楽曲をR&Bとして歌いこなすAliceのスキルの高さ、表現の幅広さを思い知らされます。
5. 君におくる歌 / LEO
昨年、慌しい日常の中でホッとする瞬間を幾度となく作ってくれた「癒し」の1曲。 LEOさんの直向きな愛が伝わってきて、温かい気持ちになれます。
6. Every Little Step / RUNNING MAN (LL BROTHERS vs Full Of Harmony vs HI-D)
男性J-R&Bシーンを牽引する6人によるカッコイイNew Jack Swing! ライブ・パフォーマンスは何度見ても痛快!
7. Last Friend feat. CIMBA / YUKALI
ソロパートでの細かいニュアンスに痺れ、サビでは切ない想いが胸に迫ってくる名曲。ボーカルの魅力をより際立たせているMIXも、個人的にはかなりお気に入りw
◆そうる2000's PLAYLIST◆(3)
あけましておめでとうございます!今年はあまり音楽をじっくり聞けなかった1年でした。また、K-POPに傾倒した1年でもありました。
1. BAD GIRL!! feat. SKY-HI (AAA) BRIGHT
ひさびさに攻めまくったBRIGHTの曲でしたよね。
2. ほんと少し、ほんの少し / CHiE
今年ダントツにハマった曲です。こういう泣き歌系、弱いかも。
3. More Kiss / Fairies
これからが楽しみすぎる!
4. Kiss Me / Happiness
こちらもこれからが楽しみ!
5. Naturally / 松下優也
男性ボーカル聞かない俺が男性ボーカルにハマるのは珍しかったです。
6. Our Promise / HEAT_CZR
U-Keyさん作の切なすぎるスロー。ハマりました・・・。
7. Mr.Taxi / 少女時代
少女時代に始まり、少女時代に終わった一年でした!
◆Takke's PLAYLIST◆(6)
去年2011年は2010年から来ていたエレクトロブームの波もあってアッパーチューンをたくさん聴いた年だった気がします。ただ、特定のトラックメーカーに偏ったりが激しかったので、それぞれのトラックメーカーで被りをなくして選曲しました。その中でベスト7を決めるとこんな感じに。今年はSAVAGE勢のアルバムラッシュや新たなアーティストがたくさん出てきそうなので去年以上に楽しみですね。
1. Love story / 安室奈美恵
track by T-SK
去年、発売前から大ハマりしたのがこの曲。この柔らかなトラックに歌詞と安室の歌声がマッチしてますね。発売から間もないけど間違いなくNo.1。そしてT-SKが安室へ曲を提供したのも大きな衝撃でした
2. Wired Life / 黒木メイサ
track by Nao'ymt
発売当初は全然聴いてなかったんだけど、PVをみてから一気にやられた。妖艶なNaoのトラックにメイサのダンスとサビの中毒性。去年はナオは大人しめな活動だったイメージでしたが本作は激ハマり、、いまだに毎日聴いてます。
3. Together Again / 為岡そのみ
track by U-Key zone
為岡さんの声ってなんか自分の中で妙に残るんですよね。歌い回しなのかなんなのかわからないけど。その中でもU-Key zoneとの相性はバッチリ。いつか生歌聞きたい。
4.信ジルモノ , SPICY CHOCOLATE feat.YU-A, AK-69 & HUN-KUN
track by U.M.E.D.Y., WolfJunk, CONTROLER・HIEDA

R&B界、HIPHOP界、REGGAE界それぞれからアーティストが集結した本作。とにもかくにもHUN-KUNが超ヤバい。ヴァイブスカーテルを思わせるフロウに一瞬でノックアウト。最近行ってないけどレゲエの現場での盛り上がりが目に浮かぶ。
5. BAD GIRL!! feat. SKY-HI(AAA) , BRIGHT
track by JIN NAKAMURA
ハーモニーからポップなR&Bが得意と思っていたBRIGHTのエッジのきいた本作。いい意味で裏切られました。トラックは松下優也のSUPER DRIVEも作ってたJIN NAKAMURA。BRIGHTもJIN NAKAMURAも今年はどんな曲を出すのか気になるところ。
6. 君におくる歌 / LEO
produce by HUM?(もしかしたら違うかも)
去年の男性R&Bのバラードならオレは間違いなくこれ。LEOの哀愁溢れた歌い回しがトラックとあいまってホント好き。アルバムも制作中だっけ?かなり楽しみ♪
7. Cry Day... / Ms.OOJA
track by TAZZ
発売からホントにずっーと聴いてる。この寂しさ淋しさ半端ない。優しい声が涙を誘う。歌詞がいちいち胸に刺さる。『アナタを追いかけ願いかけてみる でも今はもうここにはいなかった… 大好きだった名前を呼ぶ声 きっと明日も 終わらないCry day...』
◆ちょき's PLAYLIST◆(4)
非常に悩ましいテーマでしたが、結果的には愛聴曲をそのままトップ7(番号が下がるにつれて高順位)のランキング形式で纏めました。そのため、登場アーティストの偏りについてはご容赦下さい。
1. 4am / 三浦大知
7位。昨年の活躍ぶりも記憶に新しい、大知君。多ジャンル化が顕著だった彼の久々のスローR&B。
2. Born this way / Lady Gaga
6位。楽曲では先鋭性と親しみやすさを両立させ、アートワークでは芸術性とコミカルの融合を試みるも、もはやギャグにしか見えなくなった、世界のポップアイコン様。
3. POP DIVA / 倖田來未

5位。楽曲はもちろんのこと、女装ダンサーを迎えてのTVパフォーマンスもなかなかのインパクト。PVも同じような構図が良かったぞ (´・ω・)
4. THE GREAT ESCAPE / 少女時代
4位。彼女たちは他のK-popグループと違って、日本オリジナル曲の充実度が高いですよね。
5. NAKED / 安室奈美恵
3位。昨年は「checkmate」の新曲も含めると、新曲発表が珍しく多かった、奈美恵様。今年はオリアルが来ますように ( ̄人 ̄)
6. After The Rain / 三浦大知
2位。社会人一年目で気落ちすることも少なくなかった中、本当にお世話になった楽曲です。
7. Love Story / 安室奈美恵
第1位! 踊らない奈美恵氏をここまで魅力的に魅せた楽曲は「The meaning of us」以来では? 初顔合わせとなったT-SK氏の躍進にも期待。
◆dnal's PLAYLIST◆(2)
dnal(ディーエヌエーエル)と申します、2回目の投稿です。今回、選曲した物は自身が気に入っているのはもちろんの事、
色々な意味でインパクトが強烈だった楽曲を選びました。
1. Uncommon / SIMI LAB
昨年、自身がダヴ・ステップやダヴ等の音楽にはまっていた中で
ジャストなタイミングで知ったヒップホップ・グループです。トラックの不穏な雰囲気と地を這うようなベースの鳴りがクールなのと
各ラッパーのフロウや言葉の選び方がすごく面白くてこの曲を1位にしました。余談ですが現在発表されているPVもユニークでクールです。

2. Rise In The World / D-ON
自分は1stシングルのCRECIMIENTOでこのアーティストの存在を知りました。ハードコアなスタイルだけでなく、心の葛藤を前向きに力強く押し出していく歌詞と哀愁のあるメロディーが魅力的な女性シンガー及びラッパーだと思います。それとアルバムに収録されていない過去にリリースされた物も良曲が多く、その中でOnly styleという曲を自分は気に入っています。
3. Let it Rain / 少女時代
昨年リリースされたアルバムの中の曲で自分は少女時代の曲の中でこの曲が一番好きです。正直、例のリプトンのCMでもし本人らが出演していなく、アーティスト名のテロップ表記がなかったら少女時代と気付かれないのでは?と思った位そのシリアスな曲の雰囲気に衝撃がありました。この曲が収録されているGIRLS'GENERATIONというアルバムは個人的に気になっているプロデューサーやエンジニアが多く名を連ねていて色々な意味で楽しめるアルバムでした。
4. Sacrifice / 露崎春女
昨年、露崎春女氏が待望の新曲を発表すると知り、その曲を敬愛するBach Logic氏が制作に関わると知ってテンションが上がった曲です。この曲のトラックのミックス(特にドラムの部分)が個人的にツボに入り、あえてヘッドホンで聴いて楽しむ事が多かったです。そして聴き込んで感じた事は露崎春女氏のように歌力(うたぢから)がある人だからこそ、このトラックにはまるのではと思った次第です。余談ですがB.L氏、またツイッターやってほしいですw
5. TAKING A NAP / SALU
Bach Logic氏のレーベル、ONE YEAR WAR MUSICの第1弾アーティストと知ってからとにかくその見た目やラップスタイルのフレッシュさのインパクトに驚きました。トラックの高揚感や歌詞の内容、PVの世界感など興味が尽きなく楽しめる楽曲でした。それとフリーダウンロードのMIX TAPEも既存のトラック上にラップを乗せるという物ですがそのはまりの良さに素直に楽しめました。それにしてもレーベル名や彼自身をニュータイプと形容したり、ガンダムネタが多い所にも自分はニヤッとさせられましたw
6. Gang On The Backstreet feat. 東京スカパラダイスオーケストラ / Zeebra
まさかスカパラと共演するとは思いませんでした、というのが正直な感想ですw。スカ独特の裏打ちのリズムの上で抑制を利かせたフロウを聴かせるZeebra氏のラップがとてもクールだと思いました。それとモノクロのPVで漂う、粋でダンディーな男達の姿にしびれましたw
7. Time / KinKi Kids
このブログの趣旨に反するかもしれませんが、自身の中ですごくインパクトが強かった曲でしたのであえて選びました。この曲を前知識なしでTVで初めて聴いた時、率直に「すごくかっこいいトラックだな」と思い、ネットで調べてU-Key zone氏が手掛けられている事を知った時は驚きました。正直、私は「よくこの曲をシングルのA面にしたなぁ」と感心してしまいました、もちろんポジティブな意味ですがw 主観ですがフラットに淡々と進行していく曲調の中にじわじわと暖かさが滲み出る所に自分は魅力を感じます。この曲はPVの映像と共に聴くと魅力度が上がると思います。
◆hirontier's PLAYLIST◆(6)
2011年にリリースされたものの中から選びました。どの曲も同じくらい好きなのですが、自分のなかでどれだけ心に響いたかで順位を決めてみました。しかし、切ない曲からバリバリなダンスチューンまで色々揃ってます(笑) 振り返ってみるとあまり流行にとらわれてない曲が多いなと気付きました。
1. ONLY YOU /JASMINE
「だってあなたこそがあたしの生きる意味だから」とこれ以上にないほどストレートに思いをぶつけるJASMINEのソウルっぷりに完璧ノックアウトされました。T-SKとMANABOONによる最高な美麗トラックにも拍手!!
2. The Boys (Korean Ver.) /少女時代
恋する乙女が基本の女性アイドルが、世界の男性よ立ち上がれ!!と、これまでに無い男性讃歌を歌うというスタイルが衝撃的で、Teddy Rileyによる刺激的なトラックも相まって今もヘビロテ中です。
3. LOVEHOLIC / 黒木メイサ
dee.c による変態トラックの上をメイサの歌声がセクシーに、時に荒々しく転がるダンスチューン。アルバムで一番刺激的で大好きな曲になりました。
4. FAITH / 為岡そのみ
U-Key zoneによる硬質なビートに為岡さんの切なくも力強いボーカルが乗るという極上の組み合わせによる名曲。2011年夏のU-Key zoneさんのリリースパーティで生で聴けた(しかもダンス付き)こともあり、さらに印象深くなりました。
5. Let Go / 露崎春女
こちらもU-Key zone仕事の一曲。凛とした世界観がすごくキレイなのにとてつもなく切ない歌詞が、ただの悲恋バラードに終わらせない良いバランスを取っています。露崎さんと初タッグでしたが、違和感無く聴けてアルバムの中でもとてもお気に入りな曲です。
6. flower / 清水翔太
やっとこさR&Bへと大胆に踏み込んだアルバム"COLORS"の二曲目にながれてくるこの曲。オーガニックかつグルーヴィなトラックがお洒落で、彼のキャリアのなかでも一際新鮮でした。
7. 希望の未来 / LEO
夢の男性R&Bコンピ"SUGAR SHACK FACTORY"の中で、一番グッと心に響いたのがこの曲でした。「僕は歩く 歩いてゆける」とソウルフルなLEOの歌声に励まされました。
◆ぶる~'s PLAYLIST◆(6)
昨年は例年になくライブにあまり行けなかった1年でしたので、2012年はもっと”現場”で音楽を楽しみたいですね。ランキングはK-POPからアイドルまで、自分らしいものになったと思いますww
1. I Wanna Rock You / AISHA
1位は圧倒的にこの曲で決まり。攻撃的かつソウルフルなサウンドと彼女の声には強烈なインパクトがありました。
2. Last Friend feat. CIMBA / YUKALI
王道過ぎるほどの美しいバラードですが、ベタな部分は二人の歌声で程よく中和されているという麻薬的な1曲。
3. Heart of glass / U
突如出現した”スパニッシュ歌謡R&B?“とも言うべき1曲。BRIGHTらも手掛けた作曲の小田桐ゆうきさんには注目してます。
4. マッハ / RAINBOW
いい意味でK-POPらしくない重量感あるサウンドには韓国版発売当初からハマりました。リーダーのジェギョンが素敵!ww
5. Be Mine / Tiara
とにかく彼女の声が好き。そして露崎春女作のこれまでのTiara曲っぽくない”ツンデレな歌詞”も面白かったです。
6. Into The Night / RHYMESTER
元シンバルズの矢野博康と宇多丸さんの共作による、’80年代トレンディドラマの世界を思わせるキラキラサウンドが最高。
7. ワナダンス! / Tomato n’ Pine
「Ain't No Stoppin' Us Now」を下敷きに数々のダンクラのオマージュを散りばめた驚きの1曲。アイドルシーンで東京女子流と並び音楽性の高さで注目を集めるユニット。
◆YUTTY's PLAYLIST◆(5)
こうやって振り返ると去年は満遍なくたくさんのアーティストを聴けた年だったなあ、と実感。シングルから、アルバム曲まで、今年も広い耳を持ってもっとたくさん良い曲きこーと思いますた。
1. If I Can't Have You / 宏実
なんだかんだで、去年一番聴いた気がします!「Magic」がリリースされてすぐハマって、曲にすぐ飽きる私が、延々聴き続けた貴重な曲です。タワレコであったリリースライブを生で聴いて感動して泣きそうになりました。
2. Every Little Step / RUNNING MAN(LL BROTHERS vs Full Of Harmony vs HI-D) 
イベント「SUGAR SHACK」で初めて聴いた時の衝撃はハンパなく、、シュガシャ史上最強ユニットだと思います(・∀・)
3. Replay~君は僕のEverything~ / SHINee
もちろん原曲の方が好きなんですが!日本語がリリースされてからはこっちもヘビロテして聴きまくりました!あ~、いつ聴いても良い曲。
4. 黒い髪 / 為岡そのみ
イントロかーらーのスペーシートラックがドツボです。Dramaticは本当に名曲揃いで、どの曲もお気に入り!(●´∀`)
5. DON'T STOP THE MUSIC / 2NE1
「NOLZA」は相当聴きましたが、この曲が一番すき!パーティーピーポーな私の心情がそのまんまな感じで、
2NE1の世界観がありありと出てる曲だと思います!

6. Everlasting Love feat. 房川ヒロ / 真崎ゆか
ベッタベタな今風ソングのの中でもつい口ずさんでしまう一曲。Digzのヒロが良い声~
7. ONLY YOU / JASMINE
文句なしの名曲!

以上、19名分のプレイリストをご覧頂きました!
年末年始にかけて掲載させて頂いた僕独自のランキングともリンクするプレイリストがたくさんあって、嬉しかったです!

ちなみに、19名の方が挙げた人気楽曲を集計したところ、こういう結果に。

1位 Love Story / 安室奈美恵 4票
2位 Black Hole / 三浦大知 3票
〃 I Wanna Rock You / AISHA 3票
〃 Superman / Crystal Kay 3票
〃 BAD GIRL!! feat. SKY-HI (AAA) / BRIGHT 3票
〃 希望の未来 / LEO 3票


安室ちゃんの「Love Story」が、頭ひとつ抜きん出て見事トップを獲得しました!
ちょき君も言っていますが、「踊らない安室奈美恵を非常に魅力的に見せている」点が、皆さんの琴線にも強く触れたのだと思います。これからもずっと、長きに渡って愛される楽曲になるでしょうね!
そして、同票の2位が計5曲。三浦大知やLEOは、その他の楽曲も高い支持を得ていました。Crystal KayやBRIGHTといった比較的新しい楽曲も、広く受け容れられたようです。K-POPどころでは、少女時代が圧倒的票数を獲得。確かに昨年は、彼女らがK-POPフィーバーの台風の眼を担っていたと言っても過言ではないですからね!

今回ご紹介したプレイリストを参考に、奥深さを印象付けた2011年のシーンを今一度振り返ってみて下さい。あらためまして、ご参加くださった皆様、選出お疲れ様でした!そして、いつもありがとうございます!

この『JBS PLAYLIST』、今回の第七回目で参加してくださった方の合計が40人を突破しました。「もうそんなにいってるのか!」と思わず感嘆してしまったわけですが、これからもリスナーの方の貴重な意見交換の場として、コンスタントに続けて行けたらなと思っています!次回のテーマはまだ未定ですが、今後はより一層マニアックなテーマも打ち出してみたいので、何かご意見やアイデア等ございましたら、参考にさせて頂きたいのでドシドシお寄せください!

それでは!

*アメブロ版JBS 、始動⇒http://ameblo.jp/jbsken1/
 Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community
 
 ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 56 | URL | -

    いやはやもうね~皆さん最高!!JBS最高!!としかと言えないよね☆
    当の俺の選曲ですが、内4曲カブりでした~ww
    参加したての頃は、カブり嫌やな思うてたんですが、
    参加重ねる度に嬉しいに変わりました!
    自分も評価してる曲を誰かも好きなんやと考えたら、
    共感してる人がいるって心強いなぁと。
    あ~それもこれもどれも候補曲やったのですやんwwって感じですわ。

    まぁ我らが長のケンイチ様が、業界の仕事に関与したってのも、
    2011のビッグニュースの2011!!
    さて、2012年
    今年も皆様よろしくお願いします。
    アーティスト頑張ってるし、俺たちリスナーも応えるように
    盛り上がって参りましょう!!!!




  2. YUTTY | URL | anljw.JM

    みんなR&B耳持ってるなーと今回も楽しく見させてもらいましたー!
    知らない曲もちらほらあって、気になるーー!みたいな。
    去年みなさんがヘビロテしまくった7曲なわけじゃないですか、
    全部の曲を2011年BESTとしてMIXで作って私に下さい。w

    今回も編集お疲れさん!
    今年も宜しく!

  3. ぶる~ | URL | -

    ケンイチくん、いつもながらお疲れ様でした! 楽しみにしてましたよ。
    さすがJBSクルーの皆さんのセレクトだけあって、興味ある曲がたくさんありました。
    映画とかだと年間BESTを選ぶとある程度収斂していくと思うのですが、楽曲単位だとバラエティが半端ないですね!
    男性アーティストに弱い私としてはしばらくの間、知らない曲・忘れてた曲等をを聴き返して楽しみたいと思いますv-10
    かなり好みが近いはずのそうる2000さんともかぶりそうでかぶらないのが面白いですね。

    しかしこれらの曲達も、一般の人々に届いてるのはせいぜい安室ちゃんと少女時代くらいでしょうか?
    アーティストやクリエーターの皆さんがもっともっと世間的にも認知され、
    活躍できる場が広がるとファンとして嬉しいですね。
    今年も皆さんよろしくお願いします。
    (mixiの「日本のR&Bコミュ」にもぜひ遊びに来てくださいねww)

  4. KAZ | URL | tOtSQBoc

    ケンイチさん編集お疲れ様でした^^

    トップ2はカブるだろうと思っていましたが、56さんと
    『WHIPLASH』がカブったのは嬉しかったです(笑)

    1年前ぐらい前にこのサイトを知りましたが、リツイート
    ぐらいしかしてなかったので、これを機にコメントをしたり
    またJBS PLAYLISTに参加したいと思います^^w

    皆様どうぞよろしくお願いしますm(__)m

  5. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>56さん

    毎度ありがとうございます!

    > 参加したての頃は、カブり嫌やな思うてたんですが、
    > 参加重ねる度に嬉しいに変わりました!

    こう思って下さるのは本当に嬉しいです!!
    皆さん、プレイリスト作成の上で「自分らしさ」をある程度意識されていると思うのですが、今回のテーマに関してはまさに曲が被ったことでシンパシーが生じ、最高の快感が得られたのではないかなと思っています。

    僕も僕なりに2012年を踏み出しました。
    今年も皆さんと一緒に、シーンに精一杯目を向けていきたいです!
    56さんも、どうぞよろしくお願いしますね!

  6. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>YUTTY
    そうそう、開催させてもらってる俺ですら本当に色んな発見があるからね!
    やっぱり十人十色というか、それぞれの見解・見地があるんだな~としみじみ感じます。
    ミックスは、どなたかに依頼してくださいw

    今年もよろしゅうに!

  7. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>ぶる~さん
    ありがとうございます!!
    確かにおっしゃるとおりえすね。今回のテーマも、アルバム単位だともう少し限定されてきたでしょうし。そういった意味でも、楽曲で選んでもらって正解だなと思いました。意見のばらつきや、その中に散見される「カブリ」が絶妙です!

    > アーティストやクリエーターの皆さんがもっともっと世間的にも認知され、
    > 活躍できる場が広がるとファンとして嬉しいですね。

    そうですね。
    こうして19名の方にご参加頂いて、実際被った楽曲=参加者の中で人気の曲は多数あったわけですが、その反面、リスナーとしてここで満足してはいけないのだなという気にもさせられました。アーティストさんが少しでも自分の音楽が広まるようにと日々切磋琢磨しているわけですから、それらを支持するリスナーは、ある意味それ以上の愛情をシーンに注がなければいけないのだな、と思ったり。そのさじ加減って難しいですけど、その道を通ることによって、未だかつてない新しい見解が生まれると思うんですよね。

  8. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>KAZさん
    こちらこそ、初参加ありがとうございました!
    嬉しかったです!

    そんな前からご覧頂いていたとは恐縮ですm(_ _)m
    まだまだ未熟者なので、皆さんそれぞれの意見が窺えるこのような企画は、主催者ながら本当に重宝しています。また何かありましたら、コメントなりお待ちしています!

    JBS PLAYLISTの方も、よかったらまたご参加くださいね♪

  9. Gloomy-K | URL | -

    今回も編集お疲れ様でした。
    毎回、皆さんがピックアップされる楽曲をいろいろ聴いてみたりするのですが、AishaさんのI wanna Rock youがかなり自分的にツボでした。
    こういう素晴らしい楽曲が埋まっていくのはもったいないですし、こういう形で知れて良かったです。
    前回お話させて頂いた件も違う形で近々連絡さして頂きます!

  10. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>Gloomy-Kさん
    あざす!
    「I Wanna Rock You」人気は意外であったと同時に、「皆さん分かってはるな~」と嬉しくなってしまいました!ああいった楽曲は決して埋もれてはいけない存在ですし、今後もっとシーンに溢れていってくれるといいですね!

    違う形、楽しみにしています!

  11. Takke | URL | I9hX1OkI

    どもども

    いやぁ~今回も充実した内容ですね!
    自分ではあまり触れていなかったアーティストを再度聞き直す良いきっかけになります♪
    てか、みんなの意見を見てみんな1曲1曲を相当聞き込んでるんだなって印象をうけますね。自分はそこまで聞き込むのって少ないから驚きです。
    そして、自分も1位に選んだ安室ちゃんが合計投票数も一番多かったようで何か嬉しいですw

  12. Ichhy | URL | -

    遅ればせながら。

    かなりの長文お疲れ様です。
    2011年とういう大きな中でも色んな曲が集まってて、十人十色で見ていて楽しいです。
    安室や三浦大知などはもちろんだけどK-popも多くて。純粋に音楽、R&Bが好きな人が多いから見ていて共感したり、勉強になったり。
    2012年はさらにいい曲と出会えることを楽しみにしてます。

  13. ケンイチ | URL | -

    Re: どもども

    >>Takkeさん
    お返事遅れてすみません!

    そうですね、毎度ながら僕自身も凄く良い機会でした!
    皆さん、本当によく聞いて、そしてよく分析してらして、ためになることも多かったです。

    安室ちゃん人気はやはり本物ですね!
    実際「Love Story」はセールスも上々のようですし、たくさんの方に親しまれている楽曲なんだなあとしみじみ感じます。

  14. ケンイチ | URL | -

    Re: 遅ればせながら。

    >>Ichhyさん
    こちらこそ、ご参加ありがとうございました!!
    基本的にはJ-R&Bで構成されていますが、中にはおっしゃるとおりK-POPやポップスも混合していて、非常に興味深い回だったなぁと思います!
    今年はまた新たな潮流が出来そうな予感がしているので、今から楽しみです。

  15. Takke | URL | I9hX1OkI

    訂正。

    自分の1位にあげた安室のtrackはT-SK「他」って書いたつもりがT-SKだけにしてました。泣 そうとう今更ながら訂正です 泣

    ちなみに正確には T-SK・TESUNG Kim・Liv NERVO・ Mim NERVO です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事