FC2ブログ



【VIDEO SELECTION #4:傳田真央】

2012年02月07日 19:30

 
アーティストの歴史を動画で振り返る「VIDEO SELECTION」
第四回目となる今回は、稀代の歌姫:傳田真央をフィーチャーします!

傳田真央といえば、2000年にメジャーデビューするも、2002年に表舞台での活動を休止。改名しての音楽活動などを経て、2009年に傳田真央として活動を再開するという紆余曲折なキャリアの持ち主。その神秘的な歌声と、聴き手のハートを確実にロックする音楽性によって、今日までたくさんの名曲が生み出されていますので、今一度振り返ってみたいと思います。

「耳もとにいるよ... ~Ring the bells~」

記念すべきメジャーデビュー曲。2009年の活動再開後にも「耳もとにいるよ ~Ring the bells REPRISE~」という名でセルフリメイクされるなど、今なお高い支持を誇る一曲。


「あなたとふたりで ~Be with me all day long~」

インディー時代にも発表され大きな話題を博したメジャー二作目。ビデオは、真央嬢の奇抜なヘアスタイルが気になって仕方ありません。

「m-flo loves YOSHIKA VS 傳田真央 (Mash Up)」

ちなみにこんなマッシュアップ作品も。半端ないシンクロぶりです。ぜひ一度ご堪能を!

「そして目が覚めたら... ~3 Little Nights~」

傳田真央の作品中1、2を争うほどお気に入りな楽曲。
両A面として発表された「Happy Ever After」も傑出した名バラード。

「抱き寄せたDESTINY ~Dream of Asia~」


スマッシュヒットアルバム『Eternal Voice』発売後初のシングル作品。
タイトルどおりアジアンな情緒が盛りだくさんです。

「One Last Kiss feat. AI」

当時メジャーデビューを果たして間もなかったAIとのコラボレーション。
CMソングとしてオンエアされていましたが、如何せんセールスは不調だったようで今や知る人ぞ知る楽曲に。

SPHERE 「君といたい feat. 傳田真央」

デビュー以降共演を重ねてきたSPHEREへの客演作であり、実質の再始動作。
この楽曲のリリースがアナウンスされた当時、どれだけ嬉しかったことか・・・(涙)

「Bitter Sweet」

そして2009年、ついに傳田真央名義で本格的なリリース活動を再開。
この「Bitter Sweet」では、この年飛ぶ鳥落とす勢いだったJeff Miyaharaと手を組み、傳田真央の健在ぶりを印象づける強力な美麗ワールドを展開!

「Lights and Shades」


再始動第二弾シングル「泣きたくなるけど」のカップリング。
メインも素晴らしい出来でしたが、R&Bへの回帰を見せたこのカップリングも文句なしの仕上がり。

「My Style」

およそ9年ぶりのオリジナルアルバム『I AM』へ向けた先行シングル。
「最強のWOMAN」というフレーズは、今でも気付いたらよく口ずさんでしまっています。

S'capade feat. 傳田真央 「Mid Night Sweet」

2010年は、彼女史上最高となるコラボレーションの当たり年。
SOUL'd OUTのShinnosukeのプロジェクトとして始動したこのS'capadeの楽曲でも、艶っぽいウィスパーボイスを存分に響かせています。心地良いことこの上ない!

Tiara 「Girls be ambitious! with 傳田真央」

一方Tiaraとは、再始動後を象徴する”イマドキ女子”路線を邁進。
煌びやかなサウンドが照り返す面目躍如のアップナンバーです。

「一番好きな人」


2010年10月発表のアルバム「恋愛中毒」に収録されたミディアムナンバー。
ラスト付近の盛り上がりがかえって哀しみを強調し、聴き終わったリスナーに言いようのない余韻が迫ります。

「恋して涙して」

恋愛をモチーフに等身大の思いを綴った、現時点での最新作。
この配信シングルの発売からかれこれ一年の時が過ぎようとしているので、そろそろ新作をドロップして頂きたいところ。誰もが唸る魅力的な作品、心よりお待ちしています。

*アメブロ版JBS 、鋭意更新中!⇒http://ameblo.jp/jbsken1/
Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事